友利新先生が教えるシミ対策ガイド

友利新先生が教えるシミ対策ガイド

友利新先生が教えるシミ対策ガイド
MENU
顔のシミを改善・予防するための正しい対処法 » ADMの正しい対策・治療法ガイド » ADMの治療法

ADMの治療法

このページの監修表参道スキンクリニック
友利 新医師

ADMの治療法を友利先生が解説!

「そばかすや肝斑のようにも見えるし、でも少し違うような…」。そんな見分けのつきにくいシミがADMです。

ここでは、友利先生と一緒にADMの治療法について解説していきます。

できてしまったADMを改善するには?

ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)とは、そばかすより少し大きいグレーから紫味のあるシミです。成人した後に頬や額の両側に現れます。他のシミと区別が難しく、肝斑が混在すると判別しにくいのが特徴です。

そんなADMに対して、有効な治療法がQスイッチレーザー。照射レーザーが肌の奥まで届くから、色素性皮膚疾患治療に優れています。深層に潜むADMに効果的といえるでしょう。

Qスイッチレーザーとはどんなもの?

ADMの治療に向いているQスイッチレーザー。

通常のシミはもちろん、肝斑や炎症性色素沈着といった難しい治療にも効果を期待することができる施術法です。

皮膚の深層に存在するメラニン色素のみに反応するので、照射する肌の周囲を傷つけることなく、シミを除去することが可能。また、産毛の除毛作用もあり、治療後は肌がつるつるになるでしょう。回数を増やすことで角質が柔らかくなり、透明感のある輝いた肌に生まれ変わりますよ。

均一にレーザー照射ができる、安全性にも配慮された機器です。

ADMの治療を選ぶなら、有効な治療法であるQスイッチレーザーを選ぶのがよいでしょう。

Qスイッチレーザーを受ける注意点とリスク

Qスイッチレーザーの施術を考えている人は、以下の点に当てはまっていないかを確認しましょう。不安や疑問に感じた時は、一度、医師に相談することをお勧めします。

施術後の注意点

術後は肌がデリケートになっているので、刺激や摩擦を与えてしまうと症状が悪化する恐れがあります。キレイな肌を保つためにも、保湿や紫外線対策などを徹底して、肌を労わるようにしていきましょう。

ADMの治療について解説!

友利先生が教える
シミの治療法

ほかのシミであればレーザー照射からすぐに効果を感じられますが、ADMは少し薄くなるまでに数か月かかります。最初の1~2か月は「治療の効果が出ていない?」と不安に思うかもしれません。不安な時期に2回目・3回目のレーザー照射を行なってしまうと、意味のない治療になるどころか色素沈着が悪化する可能性も!効果を感じるまでには1年以上かかることが多いので、焦らないで待つのが大切な治療だと言えます。

ADMに対するその他の施術方法

ADMの治療法には、Qスイッチレーザーの他にもCO2レーザーや光治療、ケミカルピーリングなどがあります。それぞれの特徴を比べてみましょう。

CO2レーザー

CO2(炭酸ガス)レーザーは、波長10,600nmの赤外線領域の光を発して、水に反応する特徴を持っているレーザーです。照射した範囲の水分に反応し、瞬間的に蒸発することで、皮膚が削られてシミやほくろなどが除去。メスを使用する切開と比べ、出血もほぼないためキレイに仕上がります。

光治療

エイジングや紫外線のダメージによって、変化した肌に用いる特殊な光を使った治療です。光熱エネルギーが肌の表層と深層に働くため、シミやそばかす、赤ら顔を改善します。深層部分を温めることでコラーゲンの生成を促進。ハリやツヤが出て、美しさにより磨きがかかるでしょう。

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングとは、グリコール酸やサリチル酸、乳酸などの酸を皮膚に塗布する治療法です。皮膚の表面にある古い角質を剥離し、お肌の新陳代謝を高めていきます。シミやそばかす、小ジワの他、アンチエイジングや美白などにも期待ができるでしょう。

ADMはQスイッチレーザーの他にも点滴や内服薬、外用薬といった方法もあります。気になることや施術法に悩んだ時は、迷わず医師と相談して治療をはじめてくださいね。

サイト監修表参道スキンクリニック
友利 新医師

クリニック勤務と非常勤講師も務める女性医師

沖縄県宮古島出身の友利医師は、東京女子医科大学卒業後、東京女子医科大学病院の内科に勤務を経て皮膚科へ転科。現在は東京都内にある2つのクリニックに勤務の傍ら、琉球大学医学部の非常勤講師に就任しています。医師という立場から美容と健康を医療として追究しており、雑誌やテレビなどで美しく生きるための啓蒙活動を展開中です。

表参道スキンクリニックの公式HPはこちら