正しいシミ対策・改善・予防 » あなたのシミはどれ? 年齢から対処法を選ぶ

あなたのシミはどれ? 年齢から対処法を選ぶ

年代によって、発生するシミの種類は変わってきます。それぞれの年代で原因となるものや対処法なども異なりますので、正しい知識を身につけておくようにしましょう。

20代

20代に多く見られるシミは、主に紫外線が原因となる「老人性色素斑」「炎症性色素沈着」。若いからまだ大丈夫などと思っていると、知らず知らずのうちにシミができていた・・・なんてことになります。

シミを根本から改善したいなら、クリニックでのレーザー治療が効果的です。また、クリニックであれば外用薬や内服薬も処方してくれます。そのほか、肌のくすみを解消してくれるケミカルピーリングを行えば、気になるシミが早く改善するだけでなく、透明感もアップします。

「20代」のページでは、20代でシミができやすい人のライフスタイルについても解説していますので、自分自身と照らし合わせてみてください。治療法・対処法についても必見ですよ。

20代のシミの治療法と予防>>

30代

あらゆるシミ・色素沈着が発生しやすい30代は、まさにお肌の曲がり角。これまで浴びてきた紫外線や間違ったスキンケアのダメージが現れやすい年代です。人によっては化粧品などのホームケアでは対処できないシミになっている可能性もあるため、クリニックで受けられる治療法についても確認しておきましょう。

30代で引き起こされるシミは、「老人性色素斑」「炎症性色素沈着」のほか、女性ホルモンの乱れなどが原因の「肝斑」「ADM」、紫外線・喫煙・飲酒などによる「そばかす」などがあります。クリニックのシミ治療においては、シミの種類が異なっていても効果が高いことから、レーザー治療を導入しているところが多いです。

そのほかの治療法として、肝斑の場合は内服薬と外服薬の服用、そばかすの施術では、波長のある光を照射する「光治療」のほか、内服薬を扱っています。しかし、クリニックでシミを改善させるだけでなく、日々の生活における予防対策も非常に重要です。

「30代」のページでは、シミ予防にオススメの食材や、運動法などについても紹介しています。

30代のシミの治療法と予防>>

40代

加齢によるターンオーバーの乱れが目立ち始め、古い角質が表面に残りやすくなる40代。更年期と呼ばれる年代であるため女性ホルモンも乱れがち。それが原因で引き起こされる肝斑や、肌トラブルなども起こりやすくなります。そのほか、老人性色素斑・炎症性色素沈着・そばかすなどのシミも多く見られ、紫外線によるダメージが主な原因だと言われています。

40代になってからのシミは、化粧品のみでの改善が難しいです。このページでは、ビタミンの摂取やクリニックで行われている、レーザー治療・光治療・薬物治療などについても説明しています。

40代のシミの治療法と予防>>

50代

50代に多く見られるシミは、老人性色素斑と肝斑の2つ。加齢によるターンオーバーの乱れだけでなく、乾燥・外部刺激なども大きな原因となっているため、シミ対策には生活習慣の改善が必須となります。

クリニックでの治療法は、40代と同じくレーザー治療・光治療・薬物治療がメイン。しかし、50代の場合は違う種類のシミが混在していることもあり、レーザー治療・光治療の施術では効果が現れにくいことも。

「50代」のページでは薬物療法の注意点や、できてしまったシミを消す治療法についてもまとめています。

50代のシミの治療法と予防>>

【番外】男性

女性だけでなく、男性も気になる肌のシミ。男性は、女性よりも紫外線対策を行っていない場合が多く、老人性色素斑によるシミが多く見られます。また、カミソリ負けやニキビなどが原因の炎症性色素沈着になっているケースも少なくありません。

クリニックでは、主にレーザー治療・光治療・薬物治療で施術を行います。特に、カミソリ負けの場合は色素沈着になりやすいため、早期の治療が必要となるでしょう。もちろん、シミを改善させるのであれば、日焼け止めを使用してのケアも怠ってはいけません。

このページでは、クリニックでの治療法のほか、シミを予防してくれるビタミン、保湿ケアについても紹介しています。肌の状態は人の印象を左右することも。まずは、クリニックでのカウンセリングを受けてみては?

男性のシミの治療法と予防>>

シミを消したいあなたへ 本気で選んだ美容クリニックBEST5