50代 | シミの原因・予防・治療法

50代の人に多く見られる、頑固なシミの種類と発生原因について解説しています。クリニックで受けられる治療法もまとめていますので、「顔のシミを消したい」という方は必見です。

50代に多く見られるシミと原因

50代に多く見られるシミは、「老人性色素斑」であることがほとんどです。加齢によって皮脂の分泌量・保水力が大幅に減り、乾燥が進行してターンオーバーが乱れることが原因。20代では28日周期だったターンオーバーが、50代では40日以上かかってしまうこともあるのです。長年の紫外線ダメージで作られたメラニンを排出できず、濃いシミになってしまうケースもあります。

また、更年期で女性ホルモンのバランスが崩れやすく、肝斑(かんぱん)ができやすいのも特徴。目の周りを避けてモヤモヤとした淡褐色のシミが広がっている場合は、肝斑である可能性大。閉経を迎えると肝斑は発生しなくなり、色も薄くなることが多いのですが、紫外線に当たると色が濃くなりシミが深くなるので注意が必要です。

その他、ナイロンタオルでの皮膚の擦りすぎ・過度なマッサージ・サイズの合わない下着の締め付けなども、50代に多く見られるシミの原因です。

治療法

これまでに行ってきたスキンケアによって、肌に差が出てくるシビアな50代。しかし、シミの状態に合わせて適切な治療を行えば、キレイな状態に改善することが可能です。

レーザー治療・光治療

経年変化で濃くなってしまったシミには、レーザー治療が有効です。ただし、50代の肌は種類の違うシミが混在していることが多く、角質が厚くなる角化異常でレーザーの効果が出にくいケースも多々あります。その場合は、レーザートーニング・ケミカルピーリング・光療法の併用で効果を高めます。

薬物治療

美白成分を含んだ内服薬・外用薬は、身体の内外からしみにアプローチする方法です。シミや肝斑の内服薬にはトラネキサム酸が使われますが、50代の方が使用する際には注意が必要。トラネキサム酸は腎臓から排泄されるため、腎機能が低下している方は身体に負担がかかります。また、血栓症を引き起こす可能性も高まるので、全身の健康状態をきちんと診察してから処方してもらうことをおすすめします。

外用薬として処方されるのは、ハイドロキノンやレチノイン酸。成分の含有量が多いものはシミへの効果も高いですが皮膚へのダメージも大きくなるため、皮膚の状態に合わせて適切なものを処方してもらいましょう。

<シミ治療でおすすめの美容クリニックBEST5>

対処法・予防用

50代のシミ対策は、メラニン生成を防いでこれ以上シミが増えない・濃くならないようにすることです。また、乱れやすい女性ホルモンのバランスを整えることも重要なポイントとなります。

徹底した紫外線対策

シミ対策として最も気をつけるべきは紫外線。できてしまったシミに紫外線が当たるとより色が濃くなりますし、新たなシミが発生する原因にもなります。外出時や晴れた日だけでなく、室内や曇りの日であってもしっかり日焼け止めは塗るようにしましょう。帽子・ストール・サングラスなどでの防御や、ビタミンCの摂取で身体の中から紫外線ケアをすることもお忘れなく。

正しいスキンケアの見直し

シミがなかなか改善しない・新しいシミが増えたという方は、これまでのスキンケアを見直す必要があります。洗顔の基本はたっぷりの泡で肌を包み込み、優しく洗い上げること。古い角質を落とそうとゴシゴシ洗ったり、コットンや手で化粧水を強くパッティングするのは厳禁です。とにかく、ノーダメージのスキンケアを心がけるようにしましょう。

保湿ケアをしっかりと

肌の保水量が急激にダウンする50代は、保湿ケアに力を入れましょう。皮膚が乾燥しているとバリア機能が低下し、シミのもととなる紫外線のダメージを受けやすくなります。また、ターンオーバーのリズムの乱れや、シワ・たるみの原因ともなるので要注意。コラーゲン・ヒアルロン酸・セラミドなどが配合された基礎化粧品を取り入れ、しっかり保湿をしてください。

シミを消したいあなたへ 本気で選んだ美容クリニックBEST5