40代 | シミの原因・予防・治療法

肝斑・老人性色素斑・炎症性色素沈着など、40代から多くなるシミの種類と特徴について調べました。発生の原因や効果的な治療法、悪化させない・増やさないための予防法なども要チェックです!

40代に多く見られるシミと原因

40代に見られるシミの多くは、「老人性色素斑」「肝斑」「炎症性色素沈着」「そばかす」。その大きな原因は、これまでに浴びた紫外線によるダメージ。じわじわと蓄積されたダメージが加齢に伴って表面に現れ、しみとなってしまうのです。

また、この年代に入ると加齢によって皮膚のターンオーバーが滞り、古い角質が表面に残りやすくなります。さらに、コラーゲンやヒアルロン酸など、肌の保湿力を保つ成分も急激に減少。乾燥すると角質層はより硬くなり、メラニンの排出が遅れてシミのできやすい状態になりがちです。

40代から発生したシミは、肝斑である可能性も高め。肝斑は頬・額・口の周りなどに現れるぼんやりとしたシミで、左右対称に現れるのが特徴です。その原因として関係が深いとされているのが、女性ホルモンのバランス。40代は閉経へと向かう更年期にあたるためホルモンバランスが乱れやすく、肝斑が発生しやすいと言われています。

治療法

40代のシミ治療は20~30代と同じく、レーザー治療・光療法・外用薬や内服薬を使った薬物治療が適用されます。

レーザー治療

シミを手っ取り早く消すにはレーザー治療が効果的とされていますが、シミや皮膚の状態によってはなかなか効果が出にくいこともあるようです。加齢などによって角質が厚くなりすぎている場合はケミカルピーリングで皮膚の状態を改善し、レーザー治療の効果を高めることも。

光療法(フォトフェイシャル・IPL治療)

シミやそばかすが広範囲に広がっている方向け。従来の光治療機器はシミ・そばかすの改善効果に限界がありましたが、最新のマシン(ライムライト、アキュチップなど)では高い治療効果を発揮します。

薬物治療

40代に多く見られる肝斑には、トラネキサム酸の内服薬やハイドロキノンクリームなどの外用薬も有効。とくに、濃くなってしまったシミには漂泊効果のあるハイドロキノンが効果を発揮します。

<シミ治療でおすすめの美容クリニックBEST5>

対処法・予防法

40代になってシミができたり悪化すると、なかなか改善が難しくなります。新しいシミができるのを防ぎ、できてしまったシミが悪化しないよう正しいケアを心がけましょう。

紫外線対策を確実に

老人性色素斑をはじめとするほとんどのシミは、紫外線が原因で発生・悪化します。「今日は雨だから」「室内にいるから」と油断せず、日常生活の中でもしっかり日焼け対策を行うことが大切です。日焼け止めクリームやUVカットのファンデーションなどはもちろん、帽子・日傘などのアイテムも組み合わせるとより効果的ですよ。

蓄積したストレスを解消

仕事・家庭・人間関係などでストレスが溜まりやすい40代。ストレスは自律神経のバランスを崩し、ホルモンバランスを乱す大きな原因の1つです。趣味やスポーツなど打ち込めるものを見つけ、ストレスを発散させると◎。また、睡眠時間を十分に確保し、生活リズムを整えることも重要です。

ビタミン類を積極的に摂取

シミの改善には、身体の中からのケアも忘れずに。毎日の食事は栄養バランスを考えることが大切ですが、とくに進んで取り入れたいのがビタミン類。メラニンを抑制するビタミンC、ターンオーバーを促進させるビタミンA、乾燥肌を改善するビタミンB、高い抗酸化作用を持つビタミンEなどがおすすめです。なかなか食材から十分に摂取できない場合は、サプリメントなどの利用も検討してみてくださいね。

シミを消したいあなたへ 本気で選んだ美容クリニックBEST5