正しいシミ対策・改善・予防 » あなたのシミはどれ? 年齢から対処法を選ぶ » 【番外】男性 | シミの原因・予防・治療法

【番外】男性 | シミの原因・予防・治療法

男性に多く見られるシミの種類と特徴、その原因について詳しくまとめました。セルフケアやクリニックでの治療法、日々心がけたい予防法についても必見です。

男性に多く見られるシミと原因

男性に多く見られるシミは、老人性色素斑。30代以降の男性に見られるシミはほとんどがこれに該当し、その原因の8割は紫外線であるとされています。頬や目元に発生しやすく、年齢とともに数が増えたり色が濃くなるのが特徴。男性は女性に比べて日頃から紫外線対策をしていないことが多く、化粧をする習慣もないため、紫外線の影響を受けやすくなっているのが原因です。

また、ニキビ・吹き出物・虫さされ・外傷など、肌に炎症が起きた際にできる炎症性色素沈着も多く見られます。これは年齢に関係なく、アレルギーやオイリー肌などで炎症が起きやすい人にできやすいシミです。

とくに男性は、髭剃りをするアゴの周りに炎症性色素沈着ができやすいのが特徴。カミソリ負けなどの痕をそのまま放置しておくと、消えにくいシミになることがあるので要注意です。

治療法

今は、皮膚科・美容皮膚科などでシミ取りをする男性も増えています。メイクでシミを隠すのが難しい男性だからこそ、できるだけ早いうちに治療をスタートすることが大切です。

セルフケア

できたばかりのシミや炎症性色素沈着であれば、自宅でのセルフケアでも十分に効果があります。使用するのは、ビタミンC・ハイドロキノン・アルブチンなどの美白成分が配合された化粧水や美容液。適切な洗顔で皮脂や汚れをきちんと落とし、毎日美白ケアを行うことでシミを改善することができます。

レーザー治療・光治療

経年変化で色が濃くなったシミには、レーザー治療が有効です。老人性色素斑・炎症性色素沈着なら、状態にもよりますが1~3回ほどの施術で改善が期待できます。ただし、レーザー照射を行った部分は紫外線を避けるため数日間はテープを貼る必要があるため、仕事などに影響がある方などはダウンタイムの少ない光治療を選択することもあります。

外用薬

メラニン生成を強力に抑制するハイドロキノンは、男性のシミにも有効です。1日1回シミの気になる部分に塗るだけで効果を得られるので手軽ですが、塗った部分はメラニン生成が抑制されるため、紫外線に弱くなります。そのため、紫外線対策は屋外・屋内に関わらず必須。また、使用容量や期間を守って使用することが大切です。

対処法・予防用

シミは一度できたらなかなか改善しにくいものです。「シミのケアは女性がやるもの」などと思わず、健康な皮膚を保つためにもしっかりと対策を行いましょう。

紫外線を避ける

シミを増やさないようにするには、ムダな紫外線を避けることが大切です。なかでも、屋外での仕事が多い方やアウトドアが趣味の方は要注意。今は男性用のUVケアコスメも数多く揃っていますので、自分に合ったものでしっかり紫外線をガードしましょう。ニキビやカミソリ負けなどで肌が傷ついている部分は紫外線に弱くなるので、とくに気をつけて。

保湿ケアを十分に

皮膚の保水量が少ないとバリア機能が低下し、シミの元となる紫外線のダメージを受けやすくなります。肌が乾燥しないよう、入浴後や洗顔後は化粧水や美容液で保湿ケアをするようにしましょう。また、普通の石けんやボディソープなどでゴシゴシ顔を洗うのもNG。保湿に必要な皮脂まで洗い流してしまい、乾燥肌の原因となります。

ビタミンCの補充

ビタミンCにはメラニンの生成を抑える作用があるため、積極的に摂取することが大切です。喫煙やストレスが多い人は体内でのビタミンC消費量が激しく、とくに意識して摂取することが重要。普段の食事だけで補えない場合は、サプリメントなども利用しましょう。

シミを消したいあなたへ 本気で選んだ美容クリニックBEST5