30代 | シミの原因・予防・治療法

30代の女性にできやすいシミ、老人性色素斑・肝斑などの特徴や原因について徹底ガイド。どのような治療法があるのか?悪化させないために気をつけるべきポイントは?など、知っておきたい情報が満載です。

30代に多く見られるシミと原因

30代に多く見られるシミは、「老人性色素斑」「炎症性色素沈着」「肝斑」「そばかす」「ADM」と多様。お肌の曲がり角に差し掛かり、これまで浴びてきた紫外線や間違ったスキンケアのダメージが現れやすい年代です。

まず、30代に入ると肌の保湿力・弾力に必要なコラーゲン・ヒアルロン酸・セラミドの量が減少。保湿力がダウンすると肌のバリア機能も低下し、紫外線や外部刺激などのダメージに弱くなります。また、基礎代謝の低下とともにターンオーバーのリズムも乱れがちになります。体内に発生したメラニン色素の排出が間に合わず、シミとなって皮膚に浮き出てくるケースが多いようです。

仕事や家庭によるストレスの増加・生活習慣の乱れ・妊娠なども原因の1つ。女性ホルモンのバランスが大きく乱れ、シミを発生させると言われています。

治療法

治療法としては、レーザー治療・光療法・薬物療法(外用薬・内服薬)などを症状に合わせて組み合わせるのが一般的です。ただし、30代のシミは老人性色素斑だけでなく、肝斑・そばかす・ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)などを併発していることが多め。

それぞれ治療法が異なるため、まずはシミの種類をきちんと判別することが重要です。自己判断で間違ったケアをすると症状が悪化する恐れもあるので、専門医に相談することをおすすめします。

レーザー治療・光療法

老人性色素斑・炎症性色素沈着・そばかす・ADMの治療に有効。ただし、肝斑の治療は他のシミと間違えて不適切なレーザー照射を行うと色が濃くなる可能性があるため、丁寧な診察と治療が必要です。

薬物治療

シミの状態や種類によってはレーザーなどの外科的治療ができないこともあり、そういう場合は薬物療法が選択されます。これは、美白成分であるハイドロキノン・トレチノイン・トラネキサム酸などを使って、身体の内外からシミにアプローチする方法。処方される薬剤は市販のシミ消しクリームやサプリメントに比べて成分の配合率が高く、高い治療効果が期待できます。

<シミ治療でおすすめの美容クリニックBEST5>

対処法・予防法

何かと多忙な30代ですが、ここでしっかりとシミ対策を行うか行わないかで10年後の肌に大きな差がつきます。正しい対策法・予防法を身につけましょう。

紫外線対策の徹底

若い頃に無防備に浴びた紫外線のダメージが出始める年代ですから、これ以上新しいシミを作らない・悪化させないよう紫外線対策をしっかり行いましょう。ちょっとした買い物・洗濯物干し・散歩などのときにも気を抜かず、日焼け止め・帽子・ストールなどで皮膚をガード。ファッションも、できるだけ肌が露出しないようなものを選ぶようにしてください。

美白ケアを取り入れる

これ以上新しいシミを作らない・悪化させないためには、メラニン色素の生成を抑制することが大事。そこで有効なのが、美白成分入りの化粧品です。

これまでに紫外線を浴び続けてきた30代の肌におすすめなのは、メラニン還元作用でシミを薄くするビタミンC誘導体や、メラニン生成を抑えるアルブチン・コウジ酸・エラグ酸・ルシノール・カモミラETなど。肌に合ったもので毎日欠かさずケアを続けることが大切です。

基礎代謝のアップ

メラニンを体外へ排出するには、基礎代謝を高めて皮膚のターンオーバーを活発にすることが重要です。基礎代謝をアップさせるには、適度な運動とバランスの良い食生活がポイント。ウォーキングやストレッチなどの軽い有酸素運動を取り入れ、細胞の活動を活性化させましょう。

食生活では、身体を温めるメニュー・アミノ酸を多く含む食材(肉類・大豆・ナッツなど)・ビタミン・ミネラルの摂取を心がけると◎。不足しがちな栄養素は、サプリメントで補充するのもひとつの手段です。

シミを消したいあなたへ 本気で選んだ美容クリニックBEST5