20代 | シミの原因・予防・治療法

20代の人に多く見られるシミの種類と特徴、その原因について詳しくリサーチ。スムーズに改善するための治療法や、シミを予防するために心がけたいポイントについてもまとめています。

20代に多く見られるシミと原因

20代に多く見られるシミは、主に紫外線が原因となる「老人性色素斑」「炎症性色素沈着」。老人性色素斑は「老人性」と名がついてはいますが、人によっては20代から見られることがあります。肌の色が白くてキメが細かく、日焼け後にすぐ黒くならないタイプにできやすいのが特徴です。

「炎症性色素沈着」は、ニキビ・外傷・虫さされの痕が黒ずんだシミ。ターンオーバーが正常であれば自然と消滅しますが、紫外線を多く当てると根深いシミになってしまうので注意が必要です。

どちらも、発生・悪化の一番の原因は紫外線。日焼け止めを塗らずに屋外で活動し続けたり、すっぴんのまま1日中過ごしたりする人は要注意。「若いからまだ大丈夫」「そのうち治るだろう」などという慢心が、早期のシミ発生を引き起こすこともあるのです。また、スキンケアにあまり興味がない方も、20代のうちにシミが出てくるケースが多いようです。

その他に原因として挙げられるのが、ストレス・ホルモンバランスの乱れ・不規則な生活リズム・栄養不足など。とくに不規則な生活リズムはストレスやホルモンバランスの乱れに繋がり、皮膚のターンオーバーを狂わせるもととなるので注意しましょう。

治療法

老人性色素斑の治療に有効なのは、レーザー治療・光療法(フォトフェイシャル)・薬物治療です。老人性色素斑は治療が早ければ早いほど治療期間が短くて済み、完治する可能性も高くなります。

薬物治療

できたばかりのシミに有効なのは、外用薬・内服薬を使用した薬物療法。メラニン色素の抑制・皮膚のターンオーバーを促す有効成分を取り入れることで、シミを効果的に改善していきます。外用薬であるハイドロキノン・トレチノインクリームは強い美白成分を含んでいますが、症状によって含有量を変えて貰えるので皮膚へのダメージは最小限に抑えられます。

レーザー治療・光療法

シミが濃くなってしまった場合は、レーザー治療・光療法がおすすめ。老人性色素斑に対する治療効果が非常に高く、レーザーであれば1~3回・光療法なら2~5回ほどの照射で改善が期待できます。外用薬・内服薬との併用でより効果が高まります。

<シミ治療でおすすめの美容クリニックBEST5>

対処法・予防法

シミを改善させたいなら、クリニックでの治療だけではなく日常生活でのケアも重要になってきます。

紫外線・外部刺激を避ける

シミはできる前に予防することが大切です。若いからと油断せず季節・天候に関係なく日焼け止めを塗り、紫外線のダメージから肌を守りましょう。また、シミの部分に刺激を与えると色が濃くなってしまうため、過度なマッサージやケアはNG。コンシーラーを塗り込んだり、タオルで皮膚をゴシゴシ擦るなどの行動も避けましょう。

媚薬化粧品でのケアを心がける

できたばかりのシミであれば、美白化粧品が有効です。美白化粧品にはメラニンの生成を抑えて排出を促す成分が含まれているので、使用方法を守って正しく毎日使えば効果が現れます。成分を皮膚に押し込もうと力を入れて塗ったり、必要量以上を使用すると悪化する恐れもあるので注意が必要です。

正しい生活リズムを身につける

生活リズムを整えることも重要です。夜遊び・アルコールの摂りすぎ・喫煙・寝不足などは、シミだけでなく美容・健康全般の大敵。今はよくても将来的に肌トラブルとなって現れることもありますから、生活リズムはしっかり整えるようにしてくださいね。

シミを消したいあなたへ 本気で選んだ美容クリニックBEST5