クリニック | 正しいシミ対策

クリニックで受けられるシミ治療の種類と効果、治療費用の目安についてまとめました。1回で効果が出る、皮膚の専門家が診察・施術してくれるなど、クリニックのメリットについても目を通しておいて。

クリニックのシミ治療法と治療費用の目安

美容皮膚科を専門とするクリニックには、シミ消しに特化したレーザーピーリング・薬剤・注射など、さまざまな治療法が揃っています。1人1人のシミに合わせた適切な治療法を選ぶことができ、治療費用に見合った高い効果があると人気です。

レーザー治療

レーザー治療はメラニン色素を選択的に破壊するため、高いシミ改善効果が得られる方法。老人性色素斑点・そばかす・炎症性色素沈着・ADMなどの治療に用いられます。

肝斑治療には禁忌とされてきましたが、現在では肝斑に対応したレーザー機器もあるので安心です。老人性色素沈着であれば、ほぼ1回の照射でシミを除去できるのが特徴。費用も1回5,000~10,000円程度です。

多少の痛み(ゴムで皮膚を弾かれた程度)はありますが、クリニックであれば麻酔テープやクリームでの対応もできるので安心。照射後は患部がかさぶた状態になりデリケートな状態になるため、紫外線ケアを徹底する必要があります。

光治療

光治療はIPL(インテルス・パルス・ライト)という特殊な光を皮膚にあてる治療法。シミやそばかすだけでなく、たるみ・シワなど肌トラブル全般の改善に効果があります。レーザーよりも広範囲に照射できるため、顔全体に散らばっているシミの治療法に用いられることが多め。皮膚への刺激が少なく、ダウンタイムも少ないのが特徴です。

何度か照射を繰り返す必要があるため治療費用はやや高く、5~6回で10万円~が目安です。

ピーリング

クリニックでのピーリングには、ケミカルピーリングとレーザーピーリングがあります。

ケミカルピーリングとはフルーツ酸(AHA)・サリチル酸などの薬剤を肌に塗り、古い角質を取り除いてターンオーバーを促進する方法。メラニン色素が滞留した角質層を除去できるため、シミ・くすみ・ニキビ跡などの改善に効果的です。

レーザーピーリングは薬剤を使用せず、レーザーの熱によって古い角質を除去する方法。レーザーの熱が真皮にも働きかけるためコラーゲンの生成も促進、シミがなくなるだけでなくハリのある若々しい肌が実現します。

治療費用の目安は、顔全体で8,000円前後。

外用薬

クリームやジェルなどの外用薬は、顔全体に点在しているシミの治療に効果を発揮します。含まれる成分は、主に以下の2種。

ハイドロキノン

肌の漂白剤とも呼ばれる成分で、メラニン色素の生成を強力に抑制。できてしまったシミの改善に効果があります。

トレチノイン軟膏

肌のターンオーバーを活性化し、メラニンの排出を促進。コラーゲン・ヒアルロン酸の生成を促す効果もアリ。

内服薬

美白に効果のある成分を摂取することで、身体の中からシミをケアする方法です。処方される成分は、シミの種類・状態によって使い分けられます。

トランサミン(トラネキサム酸)

シミの原因となるメラニン生成を抑制し、色素沈着を予防します。シミの中でも、とくに肝斑への効果が高いとされている成分です。

ビタミンC

メラニン色素の還元作用と、高い抗酸化作用が特徴。体内では生成できない成分で不足しやすいため、積極的にに摂取することが大切です。

L-システイン

アミノ酸の一種であり、メラニンの還元効果を持ちます。また、ターンオーバーを促進してメラニンの排出をサポートする働きも。

クリニックでのシミ治療のメリット

クリニックでのシミ治療のメリットは、なんと言っても「効果の高さ」。美白化粧品などでできてしまったシミを改善するのは非常に難しいことですが、クリニックのレーザー治療・光治療・薬物療法であれば、根本的な解決が期待できるのです。

個人差はありますがレーザー治療などは1回で治療が完了することもあり、短期間で効果をあげられるのが◎。自費診療となるのである治療費用はかかりますが、高価なエステや美白化粧品を長期間使い続けるより安価で済むケースもあります。

また、皮膚のスペシャリストがシミの種類や皮膚の状態を丁寧に診察し、1人1人に適した治療法を提示してくれるのも安心ポイント。シミができている肌は不安定でデリケートな状態になっていることが多いため、皮膚の専門医のもとで治療を行うのが最適と言えるでしょう。

<シミ治療ならココ!評判の美容クリニックBEST5>

シミを消したいあなたへ 本気で選んだ美容クリニックBEST5