正しいシミ対策・改善・予防 » 日常生活に潜むシミの原因

日常生活に潜むシミの原因

シミができる原因は、日常生活の中に潜んでいます。その原因とシミ発生の仕組みを知ることが、美肌づくりへの第一歩。それぞれの対処法についてもまとめていますので、しっかりチェックしてくださいね。

紫外線

シミの原因の代表格である紫外線とは何か、どのような仕組みでシミを発生させるのかを徹底リサーチ。紫外線がお肌の大敵とはよく言われますが、その根拠は以下の通りです。

肌の大半を占める表皮角化細胞(ケラチノサイト)に紫外線ダメージが与えられると、肌の防衛反応として色素細胞であるメラノサイトにメラニンの生成を促します。メラニン細胞が過剰に作られると、シミとして残ってしまうという訳です。

こちらでは他にも、UVA・UVBの違いや皮膚への影響度、効果的なシミ予防対策についてもまとめています。どんな種類のシミでも、紫外線は必ず避けることが重要。シミ予防の基礎の基礎として、しっかり知識を身につけましょう。

紫外線が原因となるシミ>>

加齢

加齢に伴ってシミが増えてきた…という悩みを持つ方は多いもの。加齢によってなぜシミが増えるのか、その原因とメカニズムを解説しています。

ここで少し紹介すると、加齢によって肌の水分量が減り、肌が乾燥することや、ターンオーバーが遅れること、紫外線が当たり続けた結果によることが原因として挙げられるということです。

そこで、加齢によるシミを予防するには、日頃からの対策が必要不可欠になります。対策を行っているといないとでは肌に大きな差がつくので、対策法もチェックしてみてくださいね。

加齢によるシミを防ぐ方法>>

乾燥

シミの意外な原因として挙げられるのが「乾燥」。乾燥肌はターンオーバーが遅くなりやすいことに加え、バリア機能が低下しやすく、ちょっとした刺激や紫外線でメラニン色素が過剰に生成されてしまいます。

また、年を重ねることによって、必然的に肌は乾燥しやしやすくなるもの。正しい保湿ケア・紫外線予防を心がけるとともに、日常生活でつい見逃しがちな外部刺激についても避けていきましょう。

シミの原因が乾燥なの?>>

睡眠不足・ストレス

ストレスや睡眠不足も、シミができる原因の1つ。強いストレスを感じると、自律神経が正常に働くなり、ホルモンバランスが乱れます。それによって、肌の再生機能が遅れたり、メラニンの排出を上手くコントロールできなくなってしまうのです。

また、ストレスを溜め込むことによって、老化を招く活性酸素を大量に発生させます。さらにここに睡眠不足が加わると、活性酸素を体外に上手く排出できなくなってしまいます。

こちらでは、こういったストレスや睡眠不足がシミの発生に及ぼす影響や、生活習慣の改善をメインとした対策法についてまとめました。スキンケアでなかなかシミが改善されない方は、日常生活を振り返ってみては?

シミ対策・睡眠不足やストレスとの上手な付き合い方>>

タバコなどの嗜好品

タバコ・カフェイン・お酒などの嗜好品が、シミの原因となっている理由をご紹介しています。

ニコチンを多く含むタバコの煙を体内に取り込むと、血管を収縮させ、血液の循環を悪くし、代謝機能を妨げ、メラニンを排出できなくなってしまいます。また、カフェインは過剰に摂取すると色素沈着を悪化させ、過度にアルコールを摂取すると活性酸素を大量に発生させてしまうのです。するとメラノサイトも増え、シミができやすい体質に。

嗜好品による悪影響を防ぐには、正しい付き合い方を身につけることが大事です。毎日を楽しく過ごしつつ、健康な肌を守りましょう。

シミを作らず嗜好品を楽しむ方法>>

女性ホルモンの乱れ

月経・妊娠・ストレス・生活リズムの変化など、ちょっとした変化で乱れやすい女性ホルモンのバランス。とくに、治りにくいとされるシミの一種・肝班(かんぱん)の発生に大きく関係しています。プロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホルモン)の2種類の女性ホルモンのバランスが乱れると、プロエストロゲンがメラノサイトを刺激し、メラニンを増やしてしまうことがあります。従って、増えすぎたメラニンが色素沈着として残ってしまうのです。また、妊娠してもプロエストロゲンが優位になりやすいとか。

こちらでは、ホルモンバランスを正常に保つための対応策もまとめているので、ぜひ参考にしてください。

女性ホルモンでできるシミ対策とは>>

シミを消したいあなたへ 本気で選んだ美容クリニックBEST5