加齢 | シミの原因

シミの原因2 加齢

加齢によってなぜシミが発生するのか、そのメカニズムについて解説。紫外線対策・スキンケア・生活習慣の見直しなど、加齢によるシミを予防するための対処法についてもまとめました。

加齢によってシミができるメカニズム

年齢に伴ってシミが増えてきた…という悩みを持つ方は多いもの。加齢によるシミの原因は、乾燥肌・ターンオーバーの遅延・紫外線による光老化です。皮膚の変化には個人差がありますが、平均すると30歳を超えた頃からトラブルが増加。年齢とともに細胞の再生能力も遅くなり、ケアの効果が出にくくなってきます。

また、次第に表皮・真皮・脂肪層も薄くなり、弾力性が低下。皮脂の分泌量も減少し、肌が乾燥しやすくなります。水分量の少ない肌は角質がどんどん厚くなり、ターンオーバーも遅れがちに。すると、生成されたメラニンの排出がスムーズにいかなくなり、皮膚に残ってシミとなってしまうのです。また、乾燥している肌は敏感になっているため、ちょっとした刺激でもメラニンが作られてしまいます。

これに加えて、紫外線による光老化も問題の1つ。紫外線を浴びるとメラニン色素が過剰に生成されるだけでなく、コラーゲンの破壊によって肌の弾力が失われてしまうのです。こういったダメージの蓄積が、シミなどのトラブルを引き起こすと言われています。

加齢によるシミ対策

加齢によるシミを予防するには、日頃からの対策が必要不可欠です。何かしらの対策を行っているといないとでは、将来的に大きな差がつくと言っても過言ではありません。

紫外線対策を怠らない

紫外線による光老化を防ぐには、紫外線をできるだけ浴びないようにすることが一番。外出時だけでなく常に日焼け止めやUVカット効果のあるコスメ、帽子や日傘などを使用し、有害な紫外線から皮膚をガードしましょう。

また、メラニン生成を抑制する美白化粧品を使用するのも有効です。「これからできつつあるシミ」に効果を発揮してくれるため、光老化の予防には強い味方となります。ただし、できてから時間の経っているシミには効きにくいので、美白化粧品で効果を感じられない場合は、専門の皮膚科などに相談してみることをおすすめします。

正しい保湿とスキンケア

加齢による老化やシミを防ぐために重要な保湿ケア。年齢とともに肌は保水力失っていき、乾燥しやすくターンオーバーも遅れやすくなります。これを防ぐには、毎日のケアで十分な保湿を行うことが大切です。

しっかりと保湿を行うには、角質層を傷つけない優しい洗顔が第一。そして、清潔な皮膚に保湿化粧水を丁寧につけていきます。肌を過度にパッティングしたりせず、手のひらで馴染ませるように何度も繰り返しつけていくのがコツ。正しい保湿とスキンケアを心がけるだけで、皮膚の老化はかなり遅くなると言われています。

正しい生活習慣を身につける

睡眠・食生活など、生活習慣の乱れは皮膚の老化を加速させる原因です。睡眠が不足すると、寝ている間に分泌される成長ホルモンが抑制され、細胞の再生やターンオーバーが適切に行われなくなります。若々しい肌を保つためには、十分な睡眠が必要です。

食生活の乱れも原因の1つ。とくに、ファストフード・菓子類・加工食品を好む方は炭水化物を摂りすぎている傾向があり、糖質の過剰摂取になりやすいです。糖質の摂りすぎは血糖値の急激な上昇を招き、皮膚を構成するたんぱく質を老化させるもとになります。野菜や海藻類などを中心としたヘルシーな和食を心がけ、食事時間もできるだけ一定にしましょう。

シミを消したいあなたへ 本気で選んだ美容クリニックBEST5