友利新先生が教えるシミ対策ガイド

友利新先生が教えるシミ対策ガイド

友利新先生が教えるシミ対策ガイド
MENU
顔のシミを改善・予防するための正しい対処法 » 肝斑の正しい対策・治療法ガイド

肝斑の正しい対策ガイド

日本人女性の約4割に存在すると言われている、シミの一種である肝斑についてまとめています。

他の種類のシミとは原因や治療法が異なってくるシミですが、治らない症状ではありません。ここでは、肝斑と他のシミとの違いや原因、予防法、治療法を紹介します。

肝斑かんぱんのできる原因は体の内側にある

肝斑

肝斑とは、ほほ骨や目尻の下、額など顔の紫外線が当たりやすい部位にできるシミの一種です。

シミができる原因のほとんどは紫外線ですが、肝斑は身体の内側やストレスが原因です。主に女性ホルモンのバランスが乱れる、ストレスを抱えているといった場合にできやすいと言われています。

肝斑の症状が出やすい年齢は、30代から60代の女性です。30代後半からは更年期にさしかかり、女性ホルモンのバランスが崩れがちになります。そのため、30代以降の女性から報告が多くなるようです。

他にも、妊娠中やピルを服用することによって、ホルモンバランスが変化するときに発生するケースもあります。

肝斑の見分け方

他のシミとの見分け方は、肝斑は左右対称に発生するという点です。

他のシミが左右対称とは関係なくできるのに対して、肝斑は大きさや形が違う場合もありますが左右対称に表れます。

目の周囲だけを避けるようにできるため、色が抜けたように見えるのが特徴です。

肝斑のできる位置と種類

目の周りを避けて左右対称にできるシミが肝斑の特徴ですが、その中でも5つの種類があります。

ほほ骨に沿って筆で描いたようなタイプ

ほほ骨に沿って左右対称に筆で描かれたようなシミのタイプ。

もやっと広がった蝶々タイプ

ほほ骨から外側に向かってシミがもやっと広がったタイプ。面積が広く、顔全体がくすんで見える場合もある。

目尻下に小さく広がったタイプ

ほほ骨から目尻の下にできる、左右対称に小さく広がってできるタイプ。こめかみ近くにできる場合もある。チビ肝斑とも呼ばれる。

左右で大きさ・位置が違うタイプ

左右のほほ骨に沿ってできるが大きさが違ったり、片方だけ目尻の方に広がったり、できる位置が違うタイプ。

額や口の周りにも出るタイプ

ほほ骨に沿ってできるだけでなく、額の中央や口の周りに出てくるタイプ。

肝斑とホルモンバランスの関係

肝斑は両方のほほに左右対称にできる薄茶色のシミで、主に女性ホルモンの乱れが原因でできます。

ホルモンバランスが乱れる原因

女性ホルモンが乱れる原因は不摂生な食生活が長い、コーヒーを飲み過ぎる、タバコを吸う、過剰なダイエット、睡眠不足、身体の冷えなどさまざまです。

さらに、肝斑に大きな影響を与えるストレスも、女性ホルモンに大きな影響を与えます。「ストレスでホルモンバランスが崩れ、余計にストレスを感じやすくなる」といった悪循環を生んでしまうこともあるため、特に注意が必要です。

肝斑ができるメカニズム

女性ホルモンのバランスが崩れると、メラノサイトと呼ばれる細胞が活性化します。メラノサイトとは色素細胞やメラニン細胞とも呼ばれる、メラニンと呼ばれる色素を産生する細胞のことです。

メラノサイトが活性化すると黒色メラニンが過剰に作り出されてしまいます。そうして肌の表面にできるのがシミです。

常にストレスを抱えていると肝斑が悪化しますが、慢性的な紫外線ダメージも関係しているとされています。紫外線を浴び続けると肝斑が余計にひどくなるので、注意が必要です。

肝斑の治療方法

肝斑は閉経すると薄くなり、消える傾向にあります。そのため、高齢者で発症する人はほとんどいません。自然に治すのは難しいですが、クリニックでの治療が可能です。

以前はレーザーによる治療は禁忌とされ、投薬で1年~1年半ほどの時間をかけて少しずつ治していくのが主流でした。ですが、最近では性能の良いレーザー機器が開発され、肝斑でもレーザーでの治療が可能になりました。

ここでは、肝斑治療に用いられる治療方法を紹介します。

レーザー治療 光治療 ケミカルピーリング 美容点滴・注射 内服・外用薬
痛み 通常のレーザー治療よりも少ない ゴムで弾いたような痛み 薬剤によっては痛みを伴う 注射針による痛み -
施術時間 15分 15分 5~10分 20分 -
治療回数 10~15回 10回程度 6~10回 月2回ほどを継続 1年~1年半
シミの消え方 全体的に徐々に薄くなる かさぶたになり剥がれる ターンオーバーによる内側からの改善 ターンオーバーやメラニンの産生を抑える ターンオーバーによる内側からの改善

レーザー治療

以前はレーザー治療による肝斑の治療はできませんでしたが、最近ではレーザー機器の性能が上がり、これまでにできなかった治療が可能になりました。

肝斑の治療に使われるのはレーザートーニングで、2種類の波長の違うレーザーを使用します。アザ治療などにも使用され、肝斑の治療に対しても高い効果を発揮する機器です。

痛みが少なく炎症も起こりにくいレーザートーニングは、普通のレーザー治療に比べてダウンタイムがかなり短いのが特徴です。

光治療

光治療はIPL(インテンスパルスライト)という特殊な光を用いて行なう治療です。いろいろな波長を同時に出力できるので、さまざまな肌トラブルに対して効果を発揮します。

個人差はありますが、ほとんどダウンタイムのない治療法です。※まれに赤みやヤケドによる水ぶくれのような症状が数日起こるとの報告があります。

光治療の1つであるフォトフェイシャルは、レーザー治療に比べて顔全体に弱い光を出力して治療を行なうので、肌への刺激を抑えたい敏感肌の人に向いている治療法です。

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングは、ターンオーバーによって皮膚表面の古い角質をはがし、肌の代謝を高めてくれる治療法です。ケミカルピーリングにはいくつかの種類があり、強めの薬剤を使用した場合にはピリピリとした痛みを感じる場合があります。

乾燥や紫外線などで弱った肌をリフレッシュさせたい人向けの治療法です。

内服・外用薬

肌のターンオーバーを促し、内側からシミを治療してくれるのが内服薬・外用薬の治療法です。レーザーや光治療に比べて効果が薄く、効果を感じるまでに長い時間がかかりますが、痛みやダウンタイムがないというメリットがあります。

また、レーザーなどの治療に比べて出費が少なくなるというのも特徴。肌荒れなども一緒に治していきたい人に適しています。

友利先生が解説!肝斑の治療法についてもっと詳しく>>

肝斑は女性ホルモンの影響が大

肝斑(かんぱん)は、額やほほ、口周辺に左右対称で現れるシミの一種です。妊娠を機に悪化することから、女性ホルモンのバランスの乱れが影響していることがわかっています。

ハッキリとしたシミの境界線がわかりづらく、特に肝斑の症状が現れやすいのが30代~60代の女性です。

ここでは、他のシミに比べて治療に時間がかかる肝斑ができてしまったときの対処法と、肝斑の予防法について紹介します。

できてしまった肝斑の対処法

老人性色素斑や雀斑(そばかす)といったシミとは原因が違う肝斑ができたときは、紫外線に当たらないようにすることです。肝斑ができる原因は、主に女性ホルモンバランスの乱れですが、日光による紫外線や摩擦、妊娠、ピルの服用によって増えていきます。

肝斑の進行を少しでも遅らせるためには、ホルモンバランスを整え、生活習慣を見直すことが有効です。十分な睡眠、栄養バランスの良い食事を取りましょう。

そして、ストレスを溜めない生活を心がけ、健康的な日々を送るのも、健やかな肌を手に入れるために重要なポイントです。

肝斑のセルフケアについてもっと詳しく>>

肝斑の予防法

妊娠やピルの服用によるホルモンの変化は避けては通れませんが、ストレスによるホルモンバランスの乱れは予防が可能です。

家事に仕事、育児と忙しい生活を送る現代の女性は、生活習慣が乱れがちになっています。ゆとりある生活リズムを作ることで、肝斑ができにくい身体づくりをしましょう。

紫外線による影響もゼロではありません。肝斑は顔の中でも、紫外線を浴びやすいほほ骨や目尻の下あたりにできます。出かけるときは普段から帽子や日傘、日焼け止めを利用して紫外線を浴びないようにしましょう。

肝斑の予防法についてもっと詳しく>>

サイト監修表参道スキンクリニック
友利 新医師

クリニック勤務と非常勤講師も務める女性医師

沖縄県宮古島出身の友利医師は、東京女子医科大学卒業後、東京女子医科大学病院の内科に勤務を経て皮膚科へ転科。現在は東京都内にある2つのクリニックに勤務の傍ら、琉球大学医学部の非常勤講師に就任しています。医師という立場から美容と健康を医療として追究しており、雑誌やテレビなどで美しく生きるための啓蒙活動を展開中です。

表参道スキンクリニックの公式HPはこちら