友利新先生が教えるシミ対策ガイド

友利新先生が教えるシミ対策ガイド

友利新先生が教えるシミ対策ガイド
MENU
顔のシミを改善・予防するための正しい対処法 » 肝斑の正しい対策・治療法ガイド » 肝斑のセルフケア方法 » 化粧品・スキンケア(肝斑)

化粧品・スキンケア(肝斑)

肝斑は目の外側から頬骨にそって現れやすいシミで、現れたときの形が左右対称となる特徴を持っています。この肝斑を消したり薄くしたりするにはどのような化粧品・スキンケアを用いるとよいでしょうか。ここでは肝斑に効果的な化粧品成分と、スキンケアのコツについてご紹介します。

肝斑に働きかける成分

ビタミンC誘導体

体内に吸収されやすくなったビタミンC

通常よりも体に吸収されやすい状態になったビタミンCを指します。シミの原因となるメラニンの生成を抑え抗酸化作用によって肌の老化・ニキビの炎症も抑制してくれます。

プラセンタエキス

肌の代謝を高める効果

豚や馬などの胎盤から抽出されたエキスです。メラニンの働きを抑制し、肌の代謝を高めることでシミを薄くする働き期待できます。

トラネキサム酸

抗炎症・抗アレルギー効果

肌の炎症を抑えたり、アレルギー治療や止血などに使われたりします。メラニンを作り出すメラノサイトの働きを抑制してくれる成分です。

アルブチン

厚生労働省が認めた美白有効成分

メラニンを作り出す「チロシナーゼ」という酵素の働きを阻害して過剰に生成されるメラニンを抑制。シミ・そばかすができるのを防ぐ効果が期待されます。

肝斑を改善させるスキンケアのコツ

美白有効成分を摂取していても、スキンケアが肝斑の原因の1つとなっているケースもあります。ここでは肝斑を改善させるスキンケアをご紹介します。

洗顔は優しく包み込むように

汚れをしっかりと落としたいばかりに、ゴシゴシとこすりながら洗顔を行なうのはよくありません。もっちりとした泡を手のひらで伸ばしながら、撫でるように洗うのがおすすめです。洗顔料を洗い流すときも不要に擦らずに、流水で洗い流すようにすると良いですね。

継続することが大切

美白剤を使う場合は、継続して使うことが大切です。美白化粧品にはさまざまな種類がありますが、自身の肌に合ったものを毎日使い続けるようにしましょう。日々の積み重ねによって、しっかりと効果を実感できるはずです。

違和感が出たらすぐにやめる

普段使っている化粧品や洗顔・化粧水でも、かゆみ・赤みなどの自覚症状がある場合はすぐに使用をやめましょう。体調の変化によって、肌質と化粧品の相性が変わることがあるので、こまめにチェックすることが大切ですね。

「何もしない」のもケアの1つ

有効成分を活用することでシミの原因を抑制することはできても、肝斑に直接働きかけてシミを消すことはできません。

本来、調子の整った肌は保湿成分を持っており、同時にバリア機能を果たしてくれます。気にするあまりケアをし過ぎてしまうと、元々備わっていたバリア機能も損ねてしまうケースもあるので注意が必要です。

そのため、肌が生まれ変わるサイクルである、ターンオーバーを意識してみるといいでしょう。肌が持つ自然治癒力に任せてみるのも肌ケアにおける1つの方法なのです。ぜひあなたの肌に最適なケアの参考にしてください。

この記事の参考サイト・文献