友利新先生が教えるシミ対策ガイド

友利新先生が教えるシミ対策ガイド

友利新先生が教えるシミ対策ガイド
MENU
顔のシミを改善・予防するための正しい対処法 » 肝斑の正しい対策・治療法ガイド » 肝斑のセルフケア方法 » 市販薬(肝斑)

市販薬(肝斑)

シミや肝斑に働きかける市販薬はドラッグストアで手軽に購入することができます。しかし、市販薬は種類が多く、どの成分をピックアップしていいか分からないと感じる方も多いはず。

このページでは、シミ・肝斑を改善する成分についてご紹介しています。市販薬を購入する際に、こちらで紹介している成分が配合されているかチェックして選ぶと良いでしょう。

肝斑に働きかける成分

ビタミンC

強い抗酸化作用で細胞の老化を抑制

メラニン色素を生成する「メラノサイト」に働きかけて、シミ・肝斑ができるのを抑える効果があります。すでに生成されてしまったシミ・肝斑の改善も可能。美容・健康には必要不可欠な成分の1つと言えるでしょう。

ビタミンCは潤いを保つコラーゲンを作る時に必要で、摂取することで肌の弾力性や張りを作り出してくれます。

トラネキサム酸

炎症とメラニン色素の生成を抑制

人工合成されたアミノ酸で、炎症を抑える作用が注目されています。メラニン色素を活性化させる「プラスミン」の働きを抑える作用も持っており、シミやくすみにアプローチ。肌荒れ抑制にも効果があり、肌の調子をトータルでケアしてくれる成分です。

グルコシルセラミド

保湿力を高めてバリア機能向上

高い保湿力を持った、植物性由来の美容成分です。継続して摂取すると、顔や全身の肌の水分が保たれることが分かりました。

肌の保湿力が高まると外部刺激への防御力が向上。紫外線といったシミの原因を軽減することができます。

ニコチン酸アミド

血行を良くして肌荒れを改善

ビタミンBの1種で、メラニンの生成を抑え、シミやそばかすを防ぐ効果を持っています。

また、血行を良くしたり肌荒れを改善したりといった、肌の調子を整える作用にも期待できる成分です。

確実な効果を得るには医療機関に行くのが近道

長期的に継続すると市販薬でも肝斑を改善できるケースもあるようです。しかし、長期に渡って服用するとなると過剰摂取による副作用や、可算でいく費用が気になります。日常でもスキンケアによっても改善を図れるはずです。

「キレイに肝斑を消したい」「早めに効果を実感したい」という場合は、クリニックでレーザー治療や光治療を利用してみるのがおすすめです。「レーザーや光による肝斑治療は痛いのでは?」と不安に感じるかもしれませんが、クリニックによっては痛みが出ない施術も用意されています。気になる方はクリニックへの問い合わせをしてみるとよいでしょう。

この記事の参考サイト・文献