友利新先生が教えるシミ対策ガイド

友利新先生が教えるシミ対策ガイド

友利新先生が教えるシミ対策ガイド
MENU
顔のシミを改善・予防するための正しい対処法 » 肝斑の正しい対策・治療法ガイド » 肝斑を改善するための治療法

肝斑を改善するための治療法

このページの監修表参道スキンクリニック
友利 新医師

肝斑の治療法を友利先生が解説!

頬骨や目尻の下あたりに、左右対称にもやっと広がるシミ「肝斑」。肝斑だと気付かずに「セルフケアをしてもぜんぜん良くならない…」と悩んでいる方も多いようです。

ここでは、友利先生と一緒に肝斑が発生する原因や治療法について解説していきます。

できてしまった肝斑を改善するには?

30~40代の女性に多いと言われるシミ「肝斑」の治療法は、飲み薬(トラネキサム酸)による治療が主流です。

他にも光(IPL)治療、ケミカルピーリングなどの治療も有効だと言われており、並行して進めることもあります。

肝斑は刺激によって悪化しやすいので、セルフケアでマッサージをするのはNG。

「紫外線対策やビタミン補給をしているのにシミができてしまった」という場合、そのシミは肝斑かもしれません。肝斑は、女性ホルモンと関係が深いシミだと言われています。肝斑だと気付かずにセルフケアをして、ますますシミが濃くなってしまうということも。頬骨や目尻の方に左右対称のぼんやりとしたシミがある場合は、肝斑かどうかを診てもらうのも良いかもしれません。

肝斑の治療法はいくつか存在するので、あなたに一番向いている治療法を探してみてくださいね。

レーザー治療

レーザーを使い、シミを作るメラニン色素を生成している色素細胞を破壊する治療法です。

肝斑の場合、肌に刺激を与えると悪化するおそれがあるため、レーザー治療を避けるのが一般的でした。しかし、普通のシミ治療よりも弱めのレーザーを当てる「レーザートーニング」と呼ばれる治療法が登場してから、肝斑治療にも積極的にレーザーが用いられるようになったのです。

レーザートーニングにより、今まで内服薬・外用薬でじっくりと効果が出るのを待つしかなかった肝斑が、短期間で治療できるようになりました。

肝斑のレーザー治療について解説!

友利先生が教える
シミの治療法

肝斑は、色素沈着にも対応できる最新のレーザー機器・レーザートーニングで治療を進めます。施術時間は数分。ダウンタイムも短く、翌日からいつも通りの生活に戻ることが可能です。レーザーを照射することで肌の奥深くのメラニンを破壊できるうえに、肌の表面へのダメージは最小限。肝斑だけでなくニキビ・開いた毛穴も改善できます。

肝斑のレーザー治療についてもっと詳しく>>

光(IPL)治療

光治療は、レーザーよりも出力を落としたIPL(インテンス・パルス・ライト)という光を当ててシミを改善させる治療方法。肌のターンオーバーを促進させてメラニンの排出を促します。

レーザーと違うのは、ピンポイントで光を当てるのではなく、広範囲に光を当てることができるというところ。レーザーは1種類の波長を使い、シミだけ、ホクロだけと症状ごとに働きかけます。しかし光治療では、複数の波長を使って顔全体のシミやニキビ跡、赤みを改善していきます。頬骨のあたりにぼんやりと広がっている肝斑の治療にも使うことができます。

肝斑の光治療について解説!

友利先生が教える
シミの治療法

表皮の薄いところにある薄い肝斑に向いているのが光(IPL)治療です。表皮に刺激を与えて、ターンオーバーを促進。肝斑は頬骨や額など広範囲に現れやすいシミなので、広範囲に効率よく照射できる光(IPL)治療が最適でしょう。レーザーよりも照射する力が弱いので肝斑を薄くするまでに治療回数が多くなりますが、その分ダウンタウンのリスクを抑えられます。

肝斑の光(IPL)治療についてもっと詳しく>>

ケミカルピーリング

ピーリング剤を塗って肌のターンオーバーを促進させ、色素沈着を解消する方法です。ケミカルピーリングを施すことでターンオーバーが正常になり、シミを薄くするだけでなくシミになりにくい肌へと生まれ変わらせます。

濃い肝斑を消すには時間がかかりますが、シミがまだ薄い状態なら改善が見込めます。

毛穴の汚れや角質も一緒に落として肌のトーンを明るくできるのがケミカルピーリングの特徴。シミ治療だけでなく、「顔全体のくすみを何とかしたい」「ニキビ跡も一緒に消したい」という方におすすめの治療法です。

肝斑のケミカルピーリングについて解説!

友利先生が教える
シミの治療法

ターンオーバーを阻害する古い角質を取り除くケミカルピーリングは、肌の状態をフラットにする肌質改善の基本的な治療です。肝斑はもちろん、ニキビや小じわ、開いた毛穴などさまざまな肌の悩みの改善効果を期待できます。美容成分の浸透を阻むものを除去する治療なので、イオン導入とも組み合わせるとより浸透しやすくなって美白効果がアップ!腫れやダウンタイムの心配がないので、安全性が高い治療だと言えます。

肝斑へのケミカルピーリングの効果についてもっと詳しく>>

イオン導入

イオンの力を借りて成分を肌に浸透させる治療方法です。例えば、ビタミンCはイオン化するとマイナスの電気を帯びます。肌に押し当てた導入器にもマイナスの電気を流すと、イオン導入器が発する電気と薬剤がマイナス同士で反発しあい、その反動で肌に強く押し込まれていくという仕組みです。

薬剤には、メラニンの生成を抑えるトラネキサム酸や、美白・肌荒れ改善を助けるビタミンCなどが含まれており、これらを効率的にたっぷりと肌に吸収させることができます。治療にかかる時間は約5分と短いのも魅力的。

レーザー治療や光治療は刺激が強すぎる、という敏感な肌質の方にはおすすめです。

肝斑のイオン導入について解説!

友利先生が教える
シミの治療法

肝斑治療に欠かせない美容成分・トラネキサム酸の浸透力をアップさせるために、微弱な電流を肌に流しながら肌の奥深くまで届ける治療法。レーザーや注射針を使用しないので、治療後に腫れや内出血が起こるリスクを最小限に抑えることが可能です。治療部位を冷やしながら進めるので、ひんやりとした心地よさを感じられます。

肝斑へのイオン導入の効果についてもっと詳しく>>

美容点滴・注射

点滴を使って、有効成分を血液中に直接注入する治療法です。色素沈着を解消する高濃度のビタミン類や、メラニン量を減少させるトラネキサム酸などを効率よく全身に届けることができます。

そのため、顔の肝斑だけではなく体全体のシミやそばかす、くすみが気になるという方にはおすすめ。月1~2回のペースで点滴や注射を打ち続ける必要がありますが、総合的に肌のコンディションを整え、体全体を白い肌へと導いてくれます。

肝斑の美容点滴について解説!

友利先生が教える
シミの治療法

トラネキサム酸やビタミンンC、プラセンタなどをカクテルした点滴を注射して、体の内側から肝斑に働きかける治療です。血管に注入することで、体内の隅々まで行き渡りにくい美容成分を必要な場所まで届けることができます。肝斑を薄くしたりメラニンの生成を抑えたりして、体の内側から美肌をサポート。保湿・抗酸化作用も持つ成分なので、肝斑を薄くしながら肌を整えられます。

肝斑への美容点滴の効果についてもっと詳しく>>

内服・外用薬

肝斑の治療には、メラニンの生成をブロックするトラネキサム酸が効果的だと言われています。トラネキサム酸は内服薬で手軽に摂ることができます。

トラネキサム酸には、抗プラスミン作用があります。プラスミンは酵素の一種で、プロスタランジンという伝達物質を作ります。このプロスタランジンが色素細胞を活性化させるため、抗プラスミン作用があるトラネキサム酸が効果的なのです。

外用薬では、ハイドロキノンとトレチノインが処方されます。ハイドロキノンは、メラニン生成を抑えて色素細胞の数を減らします。トレチノインは皮膚の代謝を高め、メラニンの排出を促します。

「大掛かりな治療はしたくない」という方は、まず内服薬や外用薬から試してみると良いでしょう。

肝斑の処方薬について解説!

友利先生が教える
シミの治療法

肝斑治療の中で一般的なのは、トラネキサム酸による治療。点滴や注射でも用いられますが、内服薬として摂取することも。メラニン自体ではなくメラニンをつくるメラノサイトに働きかける成分で、色素沈着を防ぎます。
外用薬を用いた治療では「肌の漂白剤」と呼ばれるハイドロキノンを使用。どちらもレーザーや光、注射などと比べて手軽な治療なので、「簡単にできる治療から挑戦したい」という人におすすめです。

肝斑の処方薬についてもっと詳しく>>

サイト監修表参道スキンクリニック
友利 新医師

クリニック勤務と非常勤講師も務める女性医師

沖縄県宮古島出身の友利医師は、東京女子医科大学卒業後、東京女子医科大学病院の内科に勤務を経て皮膚科へ転科。現在は東京都内にある2つのクリニックに勤務の傍ら、琉球大学医学部の非常勤講師に就任しています。医師という立場から美容と健康を医療として追究しており、雑誌やテレビなどで美しく生きるための啓蒙活動を展開中です。

表参道スキンクリニックの公式HPはこちら