友利新先生が教えるシミ対策ガイド

友利新先生が教えるシミ対策ガイド

友利新先生が教えるシミ対策ガイド
MENU
顔のシミを改善・予防するための正しい対処法 » 肝斑の正しい対策・治療法ガイド » 肝斑を改善するための治療法 » イオン導入(肝斑)

イオン導入(肝斑)

このページでは、イオン導入による肝斑治療についてまとめています。イオン導入の効果や施術の流れ、治療を受ける際の注意点を掲載しているので、肝斑治療をお考えの方はぜひ参考にしてください。

イオン導入とは?

イオン導入は化粧品では届かない皮膚の奥まで、有効成分を浸透できる施術法。シミやシワの改善、ニキビ治療などに効果があり、微弱な電流を流して肌に塗ったビタミンCやトラネキサム酸などの成分を皮膚の奥まで浸透させます。刺激が少ないため、レーザー治療や光治療が苦手な敏感肌の方でも受けられる治療法です。

イオン導入の肝斑への作用とは?

イオン導入で使用される有効成分ビタミンCには美白効果があり、肝斑やそばかすなどのシミを薄くしてくれます。

またトラネキサム酸はシミの原因メラニンを抑えてくれる効果があり、肝斑治療の内服薬としても使われている成分です。内服薬として使用した場合、めまいや吐き気などの副作用があるそうですが、イオン導入では副作用の可能性はほとんどないそうです。

クリニックでのイオン導入の流れ

クリニックによって若干変わりますが、イオン導入の大まかな流れはこのようになっております。

1.カウンセリング

肌の調子やシミの種類に合わせて、イオン導入に使用する成分や施術時間を決めていきます。

2.メイク落とし

施術前に洗顔をしてメイクを落とし、肌に有効成分が浸透しやすいように整えます。

3.イオン導入の施術

肌に浸透させたい有効成分を含ませたパックやコットンを載せたり、ジェルを直接肌に塗布したりします。イオン導入機を使用して有効成分を浸透。施術時間は20~30分ほどが目安です。

4.メイク直し

イオン導入は負担の少ない施術のため、施術直後からメイク可能です。

肝斑をイオン導入で治療する際の注意点

肝斑改善のためイオン導入を受ける方は、以下のことに注意しましょう。

妊娠・授乳中やペースメーカーを使用している方

微弱ながら電気を流す治療なので、胎児やピースメーカーに悪影響を与える可能性があります。また、手術によって金属を体内に埋め込んでいる方もイオン導入は控えましょう。どうしても施術を受けたい場合は医師に相談してください。

頻繁に受けすぎない

イオン導入では、肌のバリア機能を弱めて有効成分を浸透させています。そのため短期間にイオン導入を受けることで肌に負担を与えてしまう可能性も。イオン導入は2~4週間で1回のペースで受けるようにしましょう。

乾燥・敏感肌の人は赤みが出る可能性も

イオン導入は負担の少ない施術の1つですが、敏感肌や乾燥肌の人は、ビタミンCのイオン導入を受けると肌に湿疹が出たり赤みが出たりすることがあります。どうしても気になる方は事前のカウンセリングなどで医師に相談してください。