友利新先生が教えるシミ対策ガイド

友利新先生が教えるシミ対策ガイド

友利新先生が教えるシミ対策ガイド
MENU
顔のシミを改善・予防するための正しい対処法 » 知っておきたい!シミに効く成分辞典 » アルブチン

アルブチン

同じ美白成分であるハイドロキノンより刺激が少なく、化粧品以外にも植物や果物から摂取可能なアルブチン。そんなアルブチンの特徴やシミに対する効果、摂取方法について紹介します。

アルブチンとは?

アルブチンには2種類あり、ハイドロキノンとブドウ糖を結合させたものをα-アルブチン、ウワウルシというツツジ科のハーブから抽出されものをβアルブチンと呼んでいます。
1989年に美白成分として厚生労働省から認められる成分です。美白成分として有名なハイドロキノンは美白効果が高い分肌への刺激が強いという欠点がありますが、アルブチンはハイドロキノンと比べて肌への刺激が少ないので、安全性が高く安心して使用できるのが特徴です。

アルブチンが効果的なシミのタイプ

アルブチンがもたらすシミへの効果

アルブチンはメラニン色素を合成するチロシナーゼの働きを阻止する働きを持ちます。シミの原因となるメラニン色素の合成をブロックできるので、結果的にシミを防げるといった仕組み。
また、アルブチンにはα-アルブチンとβ-アルブチンの2種類あり、それぞれ異なる性質を持っています。α-アルブチンのほうが安定性があり肌との相性が良く、βアルブチンと比べて約10倍の美白効果があるのが特徴です。

アルブチンの摂取方法

α-アルブチンはハイドロキノンとブドウ糖を結合させた成分で、摂取する場合は化粧品を使用して肌に浸透させる必要があります。
ウルワウルシというツツジ科の植物から抽出したβ-アルブチンも化粧品からの摂取が簡単。ただ美白効果はα-アルブチンのほうが高いといわれています。もし化粧品でアルブチンを摂取する場合はα-アルブチンが配合されている化粧品を選んだほうが良いでしょう。

アルブチンを摂るときの注意点やリスク

アルブチンはハイドロキノンと比べて安全性が高い成分ではありますが、全く副作用がないというわけではありません。アルブチンを使用した後、赤みや痒みが発生する可能性があります。この他にも湿疹や肌の一部が白くなる白斑といった症状が考えられるため、異常を感じた場合はアルブチンの入った化粧品の使用をやめましょう。

アルブチンが含まれる食材

アルブチンは化粧品だけでなく、梨やコケモモといった食べ物からも摂取することができます。梨とコケモモに含まれているのはβ-アルブチンで、天然成分のためα-アルブチンと比べて副作用のリスクも低いのが魅力。ウワウルシにもβ-アルブチンが含まれており、化粧品だけでなくハーブティーからも摂取することができます。