友利新先生が教えるシミ対策ガイド

友利新先生が教えるシミ対策ガイド

友利新先生が教えるシミ対策ガイド
MENU
顔のシミを改善・予防するための正しい対処法 » 知っておきたい!シミに効く成分辞典 » アスコルビン酸

アスコルビン酸

ビタミンCとして名前が知られているアスコルビン酸。どのような特徴があるのか、どのようなシミに有効なのかを詳しく解説していきます。

アスコルビン酸とは?

アスコルビン酸という名称は日常ではあまり聞くことがないと思いますが、ビタミンCの正式名称を指します。アスコルビン酸の特徴は、体の酸化を抑える抗酸化作用があること。酸素は体になくてはならないものですが、多すぎると身体の酸化(老化)を促進させる側面をもっています。肌のシミやしわも同じく皮膚の酸化による老化現象で起きるもの。そのため、アスコルビン酸を摂取することで、アンチエイジング効果が得られ、あらゆる老化作用を防ぐことができます。

アスコルビン酸が効果的なシミのタイプ

アスコルビン酸にはシミの原因となるメラニン色素を抑制し、茶色になったシミの色を薄くさせるはたらきがあります。日焼けによる肌の炎症を鎮める効果があるので、シミ予防としての効果も期待できるでしょう。

シミの元となるメラニンをつくりだすメラノサイトに作用し、メラニンの生成を抑制すると同時に排出をサポート。継続的に摂ることでそばかすの予防にもつながります。

アスコルビン酸がもたらすシミへの効果

ビタミンCはシミの原因となるメラニン色素が持っている酵素「チロシナーゼ」のはたらきを抑えてくれます。

また、黒色のメラニンを白色に変える役割もあるため、シミの予防だけでなく出来てしまったシミの改善にも効果的。そばかすやニキビ跡にも有効でしょう。

そもそもメラニン色素ができる原因は、活性化酸素の影響がほとんど。活性酸素は紫外線・ストレス・たばこ・疲労・睡眠不足・栄養の偏った食事などで発生します。ビタミンCはこれらにアプローチし、シミの元から改善へと導いてくれるのです。

アスコルビン酸の摂取方法

アスコルビン酸を配合した化粧水でシミを防ぐことができます。しかし、ビタミンCは安定性が低いという問題点があり、水に溶けると活性を失い、空気にふれると酸化してしまうのが難点。人の肌は水溶性の物質をはじきやすい性質を持っているため、そのままの状態で塗っても肌には吸収されません。そこで、人工的につくられたのがビタミンCと同じ効果が得られるビタミンC誘導体。ビタミンC誘導体は水に溶けやすく肌に吸収されやすい性質を持っています。

アスコルビン酸を摂るときの注意点やリスク

サプリメントなどからアスコルビン酸を摂取している方は、過剰摂取をしないよう、容量を守って服用してください。水溶性の性質なので取りすぎても尿と一緒に排出され、化粧水や食物からは過剰摂取で身体の不調に陥ることはありません。しかし、サプリメントによる過剰摂取の場合は、嘔吐や腹痛、下痢などの症状におかされる可能性があります。主に、腎機能が低下しているかたに見られるので、腎臓に疾患をもっている方は注意してください。

アスコルビン酸が含まれる食材

果物や野菜には多くのアスコルビン酸(ビタミンC)が含まれています。果物であればオレンジ・グレープフルーツ・キウイフルーツ・イチゴ・メロンなど。野菜ならブロッコリー・赤ピーマン・緑ピーマン・トマトに含まれています。食品に含まれるビタミンCの量は加熱によって減ってしまうので、野菜などの場合はサラダなど生の状態で食べることをおすすめします。