友利新先生が教えるシミ対策ガイド

友利新先生が教えるシミ対策ガイド

友利新先生が教えるシミ対策ガイド
MENU
顔のシミを改善・予防するための正しい対処法 » 知っておきたい!シミに効く成分辞典 » ハイドロキノン

ハイドロキノン

シミに効果があるとされるハイドロキノン。その特徴やどのようなシミへ効果があるのか、作用や使用する際の注意点などをまとめました。

ハイドロキノンとは?

ハイドロキノンはフェノール類の一種で非常に酸化されやすいため他の物質の酸化を防ぐことができ、酸化防止剤としてよく利用されている物質。美容現場では、色素沈着治療薬として利用されます。ハイドロキノンクリームとして処方されることが多いようです。

他の成分と比較してもその美白効果は非常に高く、シミの予防だけでなくすでに作られてしまったものを薄める効果も期待できる非常に心強い成分。しかし酸素や光に弱く、変化を起こしやすい物質なので取り扱いには注意が必要です。最近はこのような欠点に対処した化粧品が開発されており、以前より使用しやすくなったようですが、刺激が強いため日本では医師の処方が必要です。

ハイドロキノンが効果的なシミのタイプ

ハイドロキノンは皮膚の表層部にできたしみへの効果が期待できます。深部まで及んでしまったシミにはあまり効果を期待することはできません。また、紫外線や老化など後天的な要因ではなく、遺伝などの先天的な要因で引き起こされるシミに対してはハイドロキノンの有効性は薄いと言われています。

肝斑

肝斑はホルモンバランスの乱れにより、皮膚のメラニン色素がうまく排出されず蓄積されたものです。ハイドロキノンには強い漂白作用があり、肝斑に効果を示します。

老人性色素斑

ターンオーバーの乱れによって本来排出されるはずの色素が肌表面に残ったもの。ハイドロキノンは皮膚の表層部にできたシミへに対して効果を発揮するため老人性色素版に効果を示します。

炎症後色素沈着

ハイドロキノンは皮膚の表層部にある色素沈着に対して強い漂白作用を示します。そのため、レーザー治療後などに起こる炎症後色素沈着の治療にも使われることがあります。

ハイドロキノンがもたらすシミへの効果

日焼けやシミ、そばかすの原因はチロシナーゼと呼ばれる体内にある酵素です。紫外線を浴びると皮膚基底層にあるメラノサイトと呼ばれる色素細胞が活性化し、メラニンという褐色色素が作られます。このメラニンの生成を助けているのがチロシナーゼ。ハイドロキノンはチロシナーゼの働きを阻害し、過剰なメラニンの生成を防ぐことでシミやそばかすに効果を発揮することができるのです。さらに、メラニンに変化する前の酸化物質を還元することによってダイレクトにメラニンの生成を防ぐ働きもあります。

ハイドロキノンの摂取方法

ハイドロキノンは外用薬です。シミにクリームを塗りこむように使用します。

ハイドロキノンを摂るときの注意点やリスク

ハイドロキノンの刺激性

ハイドロキノンは強力な美白効果を持ちますが、皮膚への刺激が強く日本では医療機関でのみ処方されます。化粧品などにはごく微量にしか含まれていませんが、皮膚の弱い人は赤みやヒリヒリとした痛みが生じるケースもあるので要注意。このような症状が出た時は使用を停止し、処方元の医師に相談しましょう。トラブルを防ぐため事前にパッチテストを行うことをおすすめします。

ハイドロキノンの誤った使用方法

長期間継続して使用することは控えましょう。ハイドロキノンを必要以上に使用してしまうと皮膚の一部の色素が抜けてしまうことがあります。必ず医師の指示に従い、使用期間や量を自己判断で増やしたりしないようにしてください。

さらに、ハイドロキノンは非常に酸化されやすい物質。酸化されてしまうと効果が落ちてしまうだけでなく肌に有毒な活性酸素を産生します。保管は冷暗所で行い、1度で処方された分は指示された期間のみ使用するようにしましょう。

ハイドロキノン使用時の注意点

ハイドロキノンを使用すると紫外線に対する防御力が弱まります。ハイドロキノンの使用は基本的に夜間です。日中の紫外線対策も徹底しましょう。日焼け止めや日傘、UV対策用の衣類などを用い、室外・室内ともにできる限り強い日差しを避けるようにしてください。

ハイドロキノンが含まれる食材

少量ですがイチゴ・麦芽・コーヒー・紅茶などに含まれています。ただ、効率的に摂取するなら、化粧品やサプリを使用したほうが良いでしょう。