友利新先生が教えるシミ対策ガイド

友利新先生が教えるシミ対策ガイド

友利新先生が教えるシミ対策ガイド
MENU
顔のシミを改善・予防するための正しい対処法 » 知っておきたい!シミに効く成分辞典 » コウジ酸

コウジ酸

100年前に発見されたメイドインジャパンの美白成分「コウジ酸」。麹が持つ美白効果の高さから研究が進められてきました。ここではコウジ酸の特徴や、効果的なシミタイプについて掲載しています。

コウジ酸とは?

コウジ酸は米麹から発見された成分です。約100年前に発見され、1988年に美白有効成分として厚生労働省から正式に認可を受けています。醤油やお酒を製造する杜氏の手はつやつやでシミがなく白いことから、コウジ酸の効果が注目されるようになりました。高い美白効果を持つコウジ酸は、メラニン生成のもととなる酵素の働きを抑制するだけでなく、「糖化」による肌の黄ぐすみも改善。自然由来なので、皮膚科でも処方されるほど安全性が高いのがポイントです。

コウジ酸が効果的なシミのタイプ

コウジ酸がもたらすシミへの効果

紫外線を浴びると、体内にある「メラノサイト」がメラニンを生成するよう指令を出します。生成されたメラニンは紫外線が肌の奥に侵入することを防ぐのが役割。しかし長時間にわたって紫外線を浴び続けることで、メラニンが蓄積してしまうと、茶色いシミとなって肌表面にあらわれてしまうのです。
コウジ酸はこのメラノサイトを直撃し、指令をストップさせる効果を発揮。内側からはたらきかけてシミの発生を防いでくれます。

コウジ酸の摂取方法

発酵成分であるコウジ酸は化粧水や乳液、美容液やクリームなど幅広い基礎化粧品から取り入れられます。長期的に継続して摂取しやすい成分でしょう。現在ではコウジ酸を用いた化粧品の開発会社はコーセーや三省製薬などがシェアを独占している状況。コウジ酸をデイリーケアに取り入れたい場合、これらの会社が製造する成分を選択すると失敗がありません。

コウジ酸を摂るときの注意点やリスク

コウジ酸は発がん作用の危険性から一時期化粧品への配合が禁じられていましたが、現在は研究が進んで安全性が確保されています。とはいえ、コウジ酸メラニンを作りにくくするはたらきを持つため紫外線ダメージを受けやすい肌になってしまう可能性が。長期間の継続使用を検討する際には紫外線ダメージのリスクを考慮する必要がありそうです。

コウジ酸が含まれる食材

発酵食品から摂れるコウジ酸。味噌や醤油、酒などから摂取することができるので、料理から摂取しやすいのが魅力。豆腐や米麹由来の甘酒にも多く含まれているので、イソフラボンやビタミンなど体の栄養バランスを整える成分も一緒に摂取できます。組み合わせによって、より高い美容効果を狙えますよ。