友利新先生が教えるシミ対策ガイド

友利新先生が教えるシミ対策ガイド

友利新先生が教えるシミ対策ガイド
MENU
顔のシミを改善・予防するための正しい対処法 » 知っておきたい!シミに効く成分辞典 » L-システイン

L-システイン

シミに効果があるとされるL-システイン。その特徴やどのようなシミへ効果があるのか、作用や使用する際の注意点などをまとめました。

L-システインとは?

L-システインはアミノ酸の一種。抗酸化作用があり医薬品や食品添加物の成分として広く利用されています。L-システインには美白効果があり、メラニンの生成を抑制したり、黒色メラニンを無色に還元したり、すでにあるメラニン色素を排出したりとシミに悩む方の強い味方。さらに、アミノ酸として体内で様々なたんぱく質の原料として使われ、髪やつめの成分にもなります。L-システインを摂取することによって艶やかな髪やつめを維持できるため美容現場では非常にポピュラーな成分。しかし、その効果は美容だけにとどまりません。肝臓での有害物質の解毒作用を助けるという働きがあり、二日酔いや倦怠感の解消も期待できます。さらに最近では胃がんのリスクを低下させるという研究報告もされており、あらゆる分野において非常に魅力的な物質です。もともとは体内で合成できますが、加齢によって減少していくためサプリメントなどで補うことが大切です。

L-システインが効果的なシミのタイプ

L-システインは紫外線によってできたシミだけでなく、かぶれによってできた色素沈着にも効果があります。

表皮内・真皮のシミ

L-システインは内服薬として摂取できるため、真皮まで及んでしまったシミにも効果があります。

肌荒れ・ニキビ

肌荒れ・ニキビは放置すると色素沈着の原因となります。L-システインには抗酸化作用があるため、肌荒れやニキビの原因となる活性酸素を除去し、肌トラブルを改善します。

L-システインがもたらすシミへの効果

紫外線をあびるとメラニンと呼ばれる褐色の色素が生成され、これが過剰になると色素沈着を起こしシミになります。L-システインはこのメラニンをつくる過程で働いているチロシナーゼという酵素の活性を低下させるという働きがあります。この働きによりメラニンの過剰な生成を抑えることができ、美白効果を発揮。またメラニンはチロシンというアミノ酸が酸化されることで生成されますが、L-システインには抗酸化作用があるため先ほどのチロシナーゼの活性抑制と合わせてダブルでメラニンに対抗。さらに黒色メラニンを還元し、黄色メラニンに変える働きもあるため、すでにできてしまったシミへの効果も期待できます。美白効果のある物質の中にはメラノサイトという色素細胞を壊してしまうほど強い作用を持つものもありますが、L-システインにはそのような細胞毒性はほとんどなく、比較的安全性の高い物質です。

L-システインの摂取方法

サプリメントなどの内服薬により摂取できます。

L-システインを摂るときの注意点やリスク

L-システインの効率的な摂取

L-システインは食品からも摂取できますが、毎日十分な量を摂ることは難しい成分。そのためサプリメントなどで摂取することが望ましいでしょう。L-システインは抗酸化作用を持っており、他の物質の酸素を奪い酸化を防ぐ効果があります。そのためそのままではすぐに酸化されてしまい、充分な効果が得られないことも。高い抗酸化作用を持ち酸化防止剤などにも利用されるビタミンCとともに摂るなどL-システイン自体が酸化しにくくなるような工夫をすることが重要です。

L-システインの副作用

L-システインはメラニンの生成を抑制するため長期的に服用すると髪の毛のメラニン色素が薄くなり白髪の原因となる可能性があります。

L-システインが含まれる食材

かつお節や小麦、大豆に多く含まれています。