友利新先生が教えるシミ対策ガイド

友利新先生が教えるシミ対策ガイド

友利新先生が教えるシミ対策ガイド
MENU
顔のシミを改善・予防するための正しい対処法 » 知っておきたい!シミに効く成分辞典 » ルシノール

ルシノール

モミの木から摂れた「ルシノール」は、シミに有効な最新成分として注目を浴びています。ここではルシノールについて解説しているので、シミ対策の参考にしてみてください。

ルシノールとは?

ルシノールは化粧品メーカー「POLA」が独自開発した美白成分です。シベリアにあるモミの木から抽出した植物由来成分で、1998年には厚生労働省から安全性の高さを認定されています。ルシノールはメラニン生成の発生源となる酵素「チロシナーゼ」「チロシン」の合体を防ぐ効果があるとされ、これからできるシミや色素沈着が発生しないよう働きかけるのが特徴。同じ働きを持つ数々の成分に比べ100倍以上の効果を発揮すると言われており、美白ケアに優れた成分として注目が集まっています。

ルシノールが効果的なシミのタイプ

ルシノールがもたらすシミへの効果

ルシノールはメラニンを作らせない作用に優れていますが、その理由はかつての美白成分と異なるメカニズムにあります。本来メラニンはアミノ酸の一種である酵素「チロシン」「チロシナーゼ」が鍵と鍵穴のようにぴったりとはまることで発生。これに対し、ルシノールはチロシナーゼの鍵穴に合う構造を持っているのが最大の特徴です。チロシンと合体する前にチロシナーゼの鍵穴をふさぐことで、メラニンを発生させない「メラニンブロック」という作用を発揮。ヒト実験でもその有効性が確認できた他、厚生労働省からも認められているため、有効性と安全性の高さが強みと言えます。

ルシノールの摂取方法

ルシノールは化粧品メーカーが開発した成分のため、化粧水や美容液などを塗布することで肌に取り入れることができます。デイリーケア化粧品の他、気になる箇所を集中的にケアできるポイント美容液もあるので、日焼けが心配な時期のお手入れにプラスするとよいでしょう。

ルシノールを摂るときの注意点やリスク

ルシノールは植物由来の成分を改良した美白特化成分なので、化学由来成分と比べて皮膚刺激が少なく副作用が少ないのが特徴。医薬部外品として認可を受けているのもあり、安全面において懸念する必要はないでしょう。しかし植物由来の成分=すべての肌に優しいということではないため、植物アレルギーを起こしてしまう可能性少なからずあります。万が一のケースを考慮し、自分の肌に合うかどうか十分に検討するのが安全です。

ルシノールが含まれる食材

ルシノールは化粧品メーカーが独自開発した成分なので、食品に含まれていることはありません。現在メーカーが発表しているルシノールの展望としても、食品やサプリメントなどでルシノールを摂取できるような商品開発の予定はないようです。