友利新先生が教えるシミ対策ガイド

友利新先生が教えるシミ対策ガイド

友利新先生が教えるシミ対策ガイド
MENU
顔のシミを改善・予防するための正しい対処法 » 知っておきたい!シミに効く成分辞典 » ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体

様々な化粧品に含まれているビタミンC誘導体。ビタミンCの弱点をカバーするために開発された成分ですが、シミに対してどのような効果があるのか調べてみました。使用するにあたっての注意点についても紹介します。

ビタミンC誘導体とは?

ビタミンC誘導体とはビタミンCを安定させ、抗酸化作用や美白効果のあるのが特徴です。ビタミンCは加熱したり空気に触れると分解する、水に溶けやすいなど弱点がいくつもある不安定な成分です。化粧品に配合しても分解・酸化してしまうので、効果が発揮されにくいという弱点があります。そんなビタミンCを安定化させ、美容効果を発揮できるようにしたのがビタミンC誘導体。ビタミンC誘導体の種類は水溶性と油溶性に加え、両方の性質を持った「APPS」の3種類。その性質によって化粧水やクリームなど様々な化粧品に配合されています。

ビタミンC誘導体が効果的なシミのタイプ

ビタミンC誘導体がもたらすシミへの効果

ビタミンC誘導体にはメラニン色素を生成するメラノサイトの働きを抑制する効果があるので、メラニン色素が皮膚に沈着してできるシミを防いでくれます。また、メラニン色素を還元する働きもあるので、すでに発生しているシミも薄くしてくれるのが特徴です。

ビタミンC誘導体の摂取方法

ビタミンC誘導体は化粧品から摂取する必要があり、水溶性と油溶性、この2つの性質を持った「APPS」の3種類が化粧品に含まれています。水溶性なら化粧水に、油溶性ならクリームに配合されているのが一般的。「APPS」は通常のビタミンCと比べて100倍の浸透力があるのが特徴です。

ビタミンC誘導体を摂るときの注意点やリスク

ビタミンC誘導体の摂取には良いことばかりではなく、リスクも存在するので注意しましょう。ビタミンC誘導体にはメラニンだけでなく皮脂の分泌を抑制する働きもあり、乾燥肌や敏感肌の方が使用すると肌の状態が悪くなる可能性があります。気になる方はビタミンC誘導体が含まれている化粧品を使用する際に美容液やクリームを使って保湿するようにしましょう。

ビタミンC誘導体が含まれる食材

ビタミンC誘導体は人工的に開発された成分のため、食べ物には含まれておりません。ビタミンC誘導体を摂取したい場合は、ビタミンC誘導体が含まれている化粧品を使用する必要があります。