友利新先生が教えるシミ対策ガイド

友利新先生が教えるシミ対策ガイド

友利新先生が教えるシミ対策ガイド
MENU
顔のシミを改善・予防するための正しい対処法 » そばかす(雀卵斑)の正しい対策・治療法ガイド » そばかすのセルフケア方法

そばかすのセルフケア方法

手軽な方法でそばかすを薄くしたい!という人に向けて、化粧品や市販薬など、そばかすのセルフケア方法についてまとめました。今あるそばかすだけでなく、これから新たに作らせないためにもセルフケアは必要です。完全に消したいのか、簡単な方法がいいのかなど、自分の希望やライフスタイルに合わせてケア方法を選んでください。

化粧品・スキンケア

毎日のスキンケアで使う化粧品を、有効成分の配合された「美白化粧品」や「医薬部外品(薬用)」にすることで、そばかす予防や薄くすることが可能です。そばかすケアに効果的な化粧品を選ぶ際は、美白成分を確認することが大切。その際、そばかすが紫外線ダメージを受けて色素沈着を起こすのを防ぎたいのか、それとも目立つそばかすを薄くしたいのか、目的によって必要な成分が変わります。成分表をチェックして、以下の成分が入っている化粧品を選んでください。

そばかすを薄くしたいならこの成分!

ビタミンC誘導体/ハイドロキノン

そばかすを予防したいならこの成分!

ビタミンC誘導体/アルブチン/コウジ酸/プラセンタ/トラネキサム酸

スキンケアで注意すること

自然に消えることが多いそばかすが黒い色素沈着を起こす原因として、こすりすぎをはじめとした間違ったスキンケア方法も挙げられます。ゴシゴシ洗いを避けて、きめ細やかな泡で優しく洗うのも、対策方法のひとつです。

市販薬

体の内側から全身に作用する飲み薬と、気になるそばかす部分に直接塗ってピンポイントに薄くするクリームの、2タイプある市販薬。配合されている成分の種類だけでなく、量や副作用の安全性や有効性は厚労省から認められたケアアイテムなので、セルフケアの中ではとくに高い効果を期待できます。選ぶ時には、化粧品と同じようにどんな美白成分が配合されているか確認することが大切です。

そばかすが濃くなるのを防ぐならこの成分!

ハイドロキノン/L−システイン/アスコルビン酸(ビタミンC)

ターンオーバーを促すならこの成分!

ビタミンE/ビタミンB

処方薬との違い

医師の診断を受けなくても使用できるため、医薬品は効果の強い成分があまり使われません。そのため副作用の心配が少なく、肌の弱い人で使える安全な薬です。その反面、そばかすを薄くする効果が処方薬よりも低いデメリットもあります。

サプリメント

飲んで体の内側から肌をキレイにしてくれるサプリメント。全身からキレイを作るケア方法で、効果が表れるまでに早くて3カ月かかります。1度飲んで終わりにするのではなく、数カ月~数年単位で飲み続けるために続けやすい価格かどうかも考えながら選ぶことが大切です。

美白効果が期待できるのはこの成分!

L-システイン/プラセンタ/ビタミンC/エラグ酸

各成分は1つひとつが独立して働くのではなく、組み合わさることで、より高い美白効果を発揮します。できる限り多くの美白成分が配合されているサプリメントを選ぶのがおすすめです。

海外のサプリメントは日本人に合わない?

そばかす対策に効果的なサプリメントは海外でも製造・販売されています。なかでもアメリカ製のサプリメントに行っている検査は日本よりも厳しく、安全性が高いことで有名です。しかし刺激の強い成分を配合しているため、日本人の肌に合わないことがあります。成分や配合量などを十分に確認してから飲むのが良いでしょう。

セルフケアだけで本当にそばかすは消える?

化粧品やサプリメントなどのセルフケアによってそばかすをキレイさっぱり消すことは、難しいもの。化粧品に配合されている有効成分は、新たなそばかすが増えるのを抑えるか、黒く色素沈着を起こしてしまったそばかすを「消す」のではなく「薄くする」のが主な働きです。

また改善効果が認められている市販薬でも、効果が表れるまでに最低でも数カ月もの時間がかかってしまいます。「気になるそばかすを今すぐどうにかしたい!」と思っている人にとって、セルフケアはとても遠回りなケア方法になるのです。

大人そばかすの改善には美容皮膚科での治療も!

セルフケアではそばかすの原因となるメラニンの働きを抑えるものが中心です。しかし美容皮膚科ではより踏み込んだ治療として、メラニンを「破壊」できます。レーザーやフォトフェイシャルなどの光治療で、メラニンだけを破壊。正常な皮膚には影響がなく、光刺激が加わることでコラーゲンの生成を促します。そばかすを薄くしながら、肌のハリやツヤをアップさせることも!

また患者1人ひとりの肌状態を診察して必要な成分を処方する、薬での治療も可能です。

そばかすのない肌を手に入れたいなら、地道にセルフケアを続けるよりも美容皮膚科で医師と相談しながら、最適な治療を受ける方がそばかすを消せる可能性が高くなります。