友利新先生が教えるシミ対策ガイド

友利新先生が教えるシミ対策ガイド

友利新先生が教えるシミ対策ガイド
MENU
顔のシミを改善・予防するための正しい対処法 » そばかす(雀卵斑)の正しい対策・治療法ガイド » そばかすの治療法

そばかすの治療法

このページの監修表参道スキンクリニック
友利 新医師

そばかすの治療法を友利先生が解説!

ここでは、友利先生と一緒に、そばかすができてしまう原因から治療方法までを解説。

治療法によって期待できる効果のちがいや、どういった症状に適しているかを、施術別にダウンタイムの有無や治療時間・回数まで細かく紹介しています。

できてしまったそばかすを改善するには

そばかすは遺伝的な要因が大きい「シミ」の一種。紫外線によるダメージを受けると徐々に濃くなってしまいます。その他、ストレスの影響や生活習慣の乱れによって悪化することも。

できてしまったそばかすは、美白化粧水や美容液などのセルフケアで悪化を防いだり薄くしたりすることはできますが、完全に消し去ることは難しいシミです。そばかすを早く解消するには美容皮膚科で専門的に治療してもらうのがおすすめ。

レーザー治療

レーザーを照射するそばかす治療。1回の治療効果が高く、1~2回の照射でそばかすが消えるので何度も通院する必要がありません。ただし効果が高い分、施術中にパチンという強い痛みがあります。痛みに弱い方は麻酔を使って施術してもらうと良いでしょう。

治療後は肌が紫外線のダメージを受けやすくなっており、1~2週間程度のダウンタイムが必要です。レーザー治療には数種類のマシンがあり、照射するレーザーの波長によって治療効果が異なります。機器や波長によってもダウンタイムが変わってくるため、クリニックではカウンセリング時にきちんと聞いておくと安心です。

Qスイッチレーザー

レーザー治療の中でも、シミやアザの解消に特化したレーザーです。マシンの機種によって効果が異なりますが、1回~2回では効果を実感でき、気になる部位にピンポイントで治療することが可能です。

Qスイッチレーザーはそばかすの原因になる細胞そのものを壊すため、1度の治療で消えるのが特徴。メラニン色素だけに反応するので、健康な肌に影響を与えずにそばかす部分だけにアプローチできます。

ただし、細胞を破壊する皮膚に炎症がおきるため、1週間ほどは皮膚が赤くなるダウンタイムがあることを知っておきましょう。

レーザーフェイシャル

顔全体にレーザーを弱い出力で照射し、シミやそばかすを改善できる治療方法。コラーゲンの生成を促進する効果もあるため、肌のツヤやハリを取り戻すエイジングケア効果も期待できます。さらに顔のうぶ毛を脱毛する効果も持っており、化粧ノリが良くなり、毛穴を引き締めてくれるでしょう。他のレーザー治療とは異なり、ダウンタイムが短く施術直後のメイクも可能です。

フラクショナルレーザー

肌のターンオーバーの乱れによって引き起こされるシミやそばかすといった肌トラブルを解決できる治療です。肌そのものの生まれ変わりであるターンオーバーを促進してくれるので、そばかすなどの色素沈着の解消、ニキビ跡の改善に効果を発揮します。

フラクショナルレーザーは肌に点状の穴を開け、その穴に成長因子という細胞に働きかける成分を浸透させて肌を回復させます。傷ついた細胞が修復される時に活性化し、肌のトーンやくすみを改善してくれます。

そばかすのレーザー治療について解説!

友利先生が教える
シミの治療法

そばかすは、紫外線に弱い色白の人に出来やすいシミです。予防には毎日のUVケアが大切ですが、長年積み重ねた紫外線ダメージから濃いそばかすが現れることも多いでしょう。できるだけ早く美白効果を実感したい人におすすめなのが、レーザー治療。肌の状態に合わせて出力レベルを変えながら、そばかすの元となるメラニンだけを破壊します。とくにQスイッチレーザーは1回の治療でシミを薄くできる可能性が高い治療です。

そばかすのレーザー治療についてもっと詳しく>>

光治療

IPL(インテンス・パルス・ライト)という特殊な光を肌に照射して、しみやそばかすの改善を図る治療です。フォトフェイシャル、フォトRF、フォトブライトなどが光治療にあたります。1回ごとの治療による肌へのダメージは少なく、ダウンタイムが必要ありません。

レーザー治療よりも肌にやさしく働きかけてくれますが、そばかすが薄くなることを実感するためには、複数回の照射が必要。肌そのものの生まれ変わりも促進してくれるので、肌の若返り効果も期待できます。そばかす治療はもちろん、肌のハリやツヤを取り戻したいという方に適している治療といえます。

フォトフェイシャル

ルミナス社が開発したマシンの名前でもあるフォトフェイシャル。顔全体という広い範囲へ照射ができ、そばかすの原因となっているメラニン色素そのものを除去してくれる治療法です。メラニンを元から断つため、新しくそばかすができるのも防いでくれます。また、赤ら顔の原因になっている毛細血管にも働きかけ、肌トラブルを解消する効果も。肌の奥にあるコラーゲンの生成を促す細胞を刺激し、肌の生まれ変わりを促進する効果でそばかすを改善してくれます。

フォトRF

フォトフェイシャルの光(IPL)と、高周波のエネルギー(RF)によって、肌トラブルを改善する効果のある治療方法です。高周波と超音波ふたつのエネルギーがそれぞれ肌に働きかけることによって、シミを改善しながらハリや潤いをもたらしてくれます。そばかすの原因となっているメラニン色素の沈着も防いでくれる治療法です。

フォトブライト

光治療には大きく分けてフォトフェイシャルとフォトブライトがあります。光の波長域を変えることで、色の濃いシミから薄いシミにも反応して改善できるようになりました。色の濃いシミにはフォトフェイシャル、色の薄いシミはフォトブライトが適していると言われています。

とくにフォトブライトは日本人の肌に合わせて開発し直された光治療。色白の方から色黒の方まで効果が出やすく改善されています。これまでフォトフェイシャルやフォトRFではできなかった薄いそばかすも除去できるようになりました。

そばかすの光治療について解説!

友利先生が教える
シミの治療法

そばかすが肌表面に現れる原因は紫外線による光ダメージですが、IPL(インテンス・パルス・ライト)治療で照射する光は紫外線とは異なり、複数の波長を持っています。それぞれの波長が別々の場所を刺激。そばかすだけでなく、ニキビ・小じわなどさまざまな肌の悩みに働きかけます。皮膚の奥深くだけでなく血液中のヘモグロビンも刺激するので、体の中と外の両方から改善できる治療です。

そばかすの光(IPL)治療についてもっと詳しく>>

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングは、皮膚の表面にある皮脂汚れや毛穴の汚れを薬剤で溶かし、美肌を目指す治療方法。肌そのものが新しくなるので、肌のターンオーバーのサイクルによって、肌の表皮部分にあるそばかすが消えていく治療方法です。自分の肌が生まれ変わろうとする力を利用した治療なので、通院の必要があります。治療効果を実感するには2週間に1回、または1ヶ月に1回のペースで治療します。そばかすの他にニキビ跡の改善にも効果的。そばかすの他に肌トラブルを持っている方や、定期的に通院して悩みを解消したいという方におすすめです。

そばかすのケミカルピーリングについて解説!

友利先生が教える
シミの治療法

そばかす肌の人は紫外線ダメージを蓄積しているので、刺激に弱い乾燥状態にある可能性が。ケミカルピーリングは角質層にだけ働きかけるので、肌が弱い人でも安心して受けられます。使用するのはグルコール酸や乳酸などの皮脂に近い薬剤。古い角質を取り除いて、シミ・そばかすの原因となるメラニンを少しずつ排出します。

そばかすへのケミカルピーリングの効果についてもっと詳しく>>

イオン導入

肌に塗るだけでは浸透しないビタミンや肌への有効成分を、微弱な電流を流すことで肌の奥へ浸透させるイオン導入。有効成分が肌の細胞に働きかけ、そばかすやニキビ跡の症状を抑えてくれます。

その効果から「針を使わない注射」とも呼ばれているほど。フォトフェイシャルと併用することでさらなる美容効果を実感できるので、プラスアルファの治療方法としても人気です。

そばかすのイオン導入について解説!

友利先生が教える
シミの治療法

トラネキサム酸やビタミンCなど、複数の美容成分を微弱電流で肌の奥深くへ浸透させる治療法です。トラネキサム酸はそばかすの原因となるメラニンの生成をブロックし、ビタミンCはそばかすを薄くする働きを持っています。予防とそばかすを薄くする2つの効果を一度に得られます。光治療やケミカルピーリングと組み合わせると、より高い効果を発揮する治療です。

そばかすへのイオン導入の効果についてもっと詳しく>>

美容点滴

肌に効果的な美容成分を、点滴を使って体内にとり入れることができる治療。ビタミンCによる美白効果やコラーゲンの生成・抗酸化作用、免疫力がアップする美容成分を体内へ注入することで、体の内側から効果を引き出してくれます。

そばかすがただちに解消できるわけではありませんが、有効成分がシミのない美しい肌へと導いてくれるため他の治療と併用するのがおすすめ。2週間に1回程度の点滴で効果を持続できるようです。

そばかすの美容点滴について解説!

友利先生が教える
シミの治療法

そばかすの原因であるメラニンをつくらせないためには、肌を酸化させないことがポイントになります。美容点滴では、活性酵素を抑えるビタミンCをはじめとした美容成分を体内へ注射。食事やサプリメントで摂ると肌の奥深くまで届けることが難しい成分を効率よく届けられます。美容成分をチャージしておくことで、そばかすの引き金となる紫外線ダメージから肌を守ります。

そばかすへの美容点滴の効果についてもっと詳しく>>

内服薬・外用薬

そばかすは薬を使っての治療することができます。内服薬は体の内側からそばかすの原因となるメラニンに働きかけてくれます。

外用薬は体の外側から、しみやそばかすが気になる部分にピンポイントで塗布してシミの改善を目指します。自宅でのセルフケアにあわせて気軽に治療をはじめることができます。

有効成分であるハイドロキノンやトレチノインは、高濃度になるほど治療効果が高くなりますが、医師の診断や処方が必要です。

そばかすのレーザー治療について解説!

友利先生が教える
シミの治療法

内服薬と外用薬を合わせて使うことで、体の内側と外側の両方へ働きかけることができます。
内服薬はそばかすケアに必要な美容成分を体内へ届ける治療。紫外線に負けない肌を作るために欠かせないビタミンCやE、ビタミンCの働きをサポートするL-システインなどがおすすめです。
外用薬として代表的なものは、ハイドロキノン軟膏やトレチノイン軟膏。ただし美容成分の濃度が高いことから、内服薬と比べて皮膚のトラブルが起こる可能性が高くなります。必ず、医師の指示に従って使用してください。

そばかすの処方薬についてもっと詳しく>>

サイト監修表参道スキンクリニック
友利 新医師

クリニック勤務と非常勤講師も務める女性医師

沖縄県宮古島出身の友利医師は、東京女子医科大学卒業後、東京女子医科大学病院の内科に勤務を経て皮膚科へ転科。現在は東京都内にある2つのクリニックに勤務の傍ら、琉球大学医学部の非常勤講師に就任しています。医師という立場から美容と健康を医療として追究しており、雑誌やテレビなどで美しく生きるための啓蒙活動を展開中です。

表参道スキンクリニックの公式HPはこちら