友利新先生が教えるシミ対策ガイド

友利新先生が教えるシミ対策ガイド

友利新先生が教えるシミ対策ガイド
MENU
顔のシミを改善・予防するための正しい対処法 » そばかす(雀卵斑)の正しい対策・治療法ガイド » そばかすの治療法 » ケミカルピーリング(そばかす)

ケミカルピーリング(そばかす)

そばかすに有効なケミカルピーリングの方法を紹介しています。治療の流れ、注意点やリスクについてまとめてみました。是非確認してください。

どんな人にケミカルピーリングが向いているの?

ケミカルピーリングは肌のターンオーバーを正常に整えてシミを改善する治療法なので、あらゆるシミの改善が期待できます。

例えばレーザー治療はシミに含まれるメラニン色素を破壊する治療で、色素の薄いシミには効果が得にくい点がありました。ケミカルピーリングは、薬剤で古い角質を落とし肌のターンオーバーに作用する治療法。新しい肌細胞の生成を促すことでシミを改善していくため、薄いシミにも最適です。

茶色っぽいシミやそばかすにも高い効果を発揮してくれるでしょう。

ただ一時的に肌のバリア機能を持つ角質も落ちてしまうため、乾燥肌や敏感肌の人は肌トラブルを引き起こす可能性も。必ず医師の指示に従うようにしましょう。

ケミカルピーリングでそばかすを解消するには?

ケミカルピーリングは、肌表面を薬剤で溶かすことで、しみやそばかすといった肌トラブルを解消する治療法です。専門知識や技術を持った医師の元で治療を受けなければ、肌トラブルが起こる可能性が高いため、皮膚科専門医のいるクリニックで受けましょう。

ここでは、ケミカルピーリングで使われている薬剤について紹介していきます。

サリチル酸

角質を溶かす効果のあるサリチル酸を使ったピーリング。皮脂汚れに働きかけてくれるので、角栓やニキビの治療が可能です。薬剤として肌への刺激が強いため、ピリピリした刺激を感じることも。サリチル酸には、美白効果とコラーゲンの産生を働きかけ、肌のターンオーバーを促進してくれる効果があります。

乳酸

乳酸によるケミカルピーリングは、主に美白効果を得ることができます。肌の奥深くに作用する効果があり、色素沈着や肌のくすみに効果的。アレルギー反応は起きにくいため、敏感肌の人にも向いているケミカルピーリングといえるでしょう。

グリコール酸

フルーツ酸の一種であるグリコール酸を使用したケミカルピーリング。くすみや肌荒れの原因ともなっている角質を分解する作用があります。肌のターンオーバーを促進する効果もあるので、キメやハリを取り戻す効果もあります。そのため、しみ・そばかすをはじめとした肌トラブルを改善してくれます。

ケミカルピーリングの流れ

ケミカルピーリングを受けるにあたって、クリニックでの治療の流れを紹介していきます。

1.カウンセリングや肌の状態を確認する

ケミカルピーリングは、皮膚科を専門とした医師、もしくは同程度の技術や知識を有する医師しか受けられません。クリニックなら受けられますが、多くは治療を受ける前に、カウンセリングで自分の肌の状態と治療が適切かどうかの確認を行います。

2.クレンジング(洗顔)をする

お化粧や皮脂汚れが付いたままの皮膚だと満足に効果が実感できないことも。治療前に洗顔しておき、薬剤の効果を実感できるようにします。

3.ケミカルピーリングを受ける

顔に薬剤を塗り、肌表面にある古くなった角層を落とします。薬剤が肌の表面を落とした場合には、丁寧に薬剤のふき取りを行います。

アフターケアも大切ですので、最後まで治療を受けるようにしましょう。

ケミカルピーリングを受ける時の注意点やリスク

ケミカルピーリングを受ける前に気を付けて欲しいことをまとめています。施術を受ける前にぜひチェックしてください。

治療を受ける前には医師に肌の状態を確認してもらいましょう

ケミカルピーリングは、顔に傷や湿疹がある場合、症状を悪化させてしまう可能性があります。また、施術前に肌に刺激を与えてしまうので、顔のムダ毛処理やパック、スクラブ洗顔は、施術を受ける前日は避けた方が良いとされています。

肌の状態が良くないと感じた時は無理して治療を受けず、専門の医師に相談することをおすすめします。

肌の弱い人や妊娠中・授乳婦の方は治療を避けましょう

ケミカルピーリングは、薬剤の力で皮膚を溶かし、肌のターンオーバーの正常化や促進する治療です。皮膚の弱い人は、薬剤の刺激に皮膚が耐え切れずに、新しい皮膚トラブルを引き起こしてしまう可能性もあります。その他にも妊娠中や授乳婦にケミカルピーリングの治療した場合には、どんな効果があるのか分からないため、医師に相談することをおすすめします。