友利新先生が教えるシミ対策ガイド

友利新先生が教えるシミ対策ガイド

友利新先生が教えるシミ対策ガイド
MENU
顔のシミを改善・予防するための正しい対処法 » そばかす(雀卵斑)の正しい対策・治療法ガイド » そばかすの治療法 » レーザー治療(そばかす)

レーザー治療(そばかす)

このページでは、そばかすの治療に使用されるレーザーの種類や治療の流れを紹介していきます。

レーザー治療が向いているそばかすとは?

そばかすを治療する方法の中でも、レーザーはピンポイントでの治療が可能で効果がすぐに実感できるのが特徴。施術箇所を狭く限定して治療できるうえ、1~2回程度の施術で効果が現われるので、長期間通院する必要もありません。術後のダウンタイムが収まるまで、1週間ほど肌ケアをするだけです。

レーザーの機種によってはそばかすの他にシミやニキビ跡の治療もできます。そばかすをはじめとした肌トラブルを手軽に解消したいと考えている方におすすめの治療法です。

Qスイッチレーザー

そばかすの原因となっているメラニン色素に働きかける効果のあるQスイッチレーザー。レーザー光は、黒い色であるメラニン色素にしか反応しないため、ピンポイントでそばかすのみを除去できます。1回~2回の施術で治療できることが多いです。

Qスイッチレーザーは、肌質によって合う機種が異なります。自分の肌トラブルを解決できる機種を見つけるのが大切といえるでしょう。Qスイッチレーザーの中には、肌の奥深くにある真皮層にまで届き、シミに効果を発揮するものも。シミが気になる方はそばかすと一緒に治療してみてはいかがでしょう。

施術後は顔が赤くなり、かさぶたができます。かさぶたが再生するまでの期間は1~2週間ほど。この間に肌に刺激を与えてしまうと、肌を傷付け、新しいシミやそばかすなどを招いてしまうことにもなります。施術後2週間は安静にしましょう。

フラクショナルレーザー

フラクショナルレーザーは、レーザーの光を点状に照射していくことで肌の細胞を活性化させます。照射の後は、肌に無数の穴が開いている状態に。ニキビ跡や毛穴の開きを改善するのにも効果的なレーザー治療です。

レーザーの照射だけでなく、肌の細胞を活性化させる成長因子を注入することで、美しい肌への生まれ変わりを促進させることができます。フラクショナルレーザーには、肌のターンオーバーを早め、肌を生まれ変わらせる効果があるので、凸凹状になってしまったニキビ跡も解決できるのです。

そばかすの他に、肌のくすみも改善できます。ダウンタイムが、その他のレーザー治療よりも短くて済むことが魅力。しわや傷跡を薄くするにも効果的なレーザー治療です。

レーザーフェイシャル

レーザーフェイシャルとは、メラニン色素に反応する低出力のレーザーを肌に当てることで、そばかすを改善できるレーザー施術。他の治療と違い、ダウンタイムがありません。

通常、レーザー治療を終えた後は、肌が敏感になっている状態のため、テープで保護する必要がありますが、レーザーフェイシャルでは必要ありません。施術直後からメイクをすることができ、洗顔もすることができます。炎症を起こすこともほとんどありません。

その他に、脱毛効果や化粧のノリが良くなるという嬉しい効果、ターンオーバーのサイクルを早めて、肌を生まれ変わらせる効果も。

また、レーザーフェイシャルには、コラーゲンの生成を促進させるので、肌そのものを引き締める効果があり、肌のたるみやニキビ跡の改善が期待できます。

レーザー治療の流れ

そばかすを治療するために、レーザーを使用した治療の流れを紹介していきます。

カウンセリング

レーザー治療は、肌への刺激が強いため、施術前に肌の状態を診察してもらう必要があります。肌の状態を確認してもらい、レーザー治療を行なうのが適切かどうかを確認しましょう。

洗顔・麻酔

レーザー光をしっかりと肌に照射するために、顔を洗います。レーザー治療は威力が強いため、痛みを感じる人も。

我慢できないほどの痛みではないため、そのままレーザーの照射を行なう人もいますが、痛みを和らげる麻酔クリームを塗って施術を受ける人もいます。

レーザーを照射する

レーザーを治療部位へと照射します。レーザーが目に入ってしまうと危険なのでアイマスクなどで目を保護。

施術時間は、クリニックや導入しているレーザー機器によって異なりますが、顔全体で10分程度が目安となっているようです。

ダウンタイム・アフターケアについて

治療を受けた後の肌は非常に敏感になっている状態です。治療後の3日~4日で薄いかさぶたができ、1週間ほどで剥がれ落ちます。

かさぶたは無理に剥がさず、自然に剥がれ落ちるのを待ちましょう。ダウンタイムは期間は1~2週間ほど。紫外線対策をしっかりと行ないましょう。

レーザー治療の注意点やリスク

肌が色黒の人や日焼けした人は医師の診断を受けましょう

レーザーの光は、肌のメラニン色素が多い部分でもある「黒い部分」に反応します。

肌がもともと黒い人や日焼けした人は、レーザー光に肌が反応してしまい、そばかすではない部分までレーザーのダメージを受けてしまうことも。医師の診断をきちんと受け、施術に臨みましょう。

治療を受けた後のダウンタイムとアフターケアに注意

治療後のかさぶたは、そばかすとなっていた細胞がレーザーによって破壊され、新しい肌が作られている証拠です。

新しい細胞が作られている最中の肌は、紫外線に弱く、この時期にダメージを受けてしまうと、新しいそばかすやシミの原因となってしまうこともあります。肌が刺激を受けないように気を付けて生活しましょう。