アルブチン | シミに効く成分

厚生労働省に認可された美白成分・アルブチンのしみへの効果についてまとめました。どのような仕組みでしみを防ぐのか、気になる副作用と共にチェックしておきましょう。

しみを防ぐ美白成分・アルブチンとは

アルブチンとは、厚生労働省に認可された美白成分の1つ。コケモモ・ウワウルシ・梨などに含まれる天然ハイドロキノンの糖誘導体のことであり、メラニン色素を抑制する効果を持っています。美白化粧品に使われる成分でもかなりメジャーな部類であり、多くの美容皮膚科やドクターズコスメにも採用されています。

アルブチンにはαアルブチン・βアルブチンの2種類があります。一般的にアルブチンといえば天然植物の抽出物であるβアルブチンを指しますが、最近注目されているのはβの10倍以上の美白効果を持つαアルブチン。αはブドウ糖とロキノンを結合させたもので安定性があり、肌なじみもよいのが特徴です。

アルブチンのしみへの働き

アルブチンには、メラニン色素を合成する酵素・チロシナーゼの働きを抑制してシミ・そばかすを改善する作用があります。メラニンが黒色化するのは、チロシナーゼの働きによるもの。紫外線や外部刺激などによってチロシナーゼが活性化し、メラニンが酸化することで色素が黒くなっていきます。

アルブチンはその大元となるチロシナーゼの活性化を抑える働きがあるため、メラニンの黒色化を防ぐことができるのです。うっかり紫外線を浴びてしまってもメラニンが黒くなる前にアルブチンを使えば、高い美白効果が得られるとされています。また、アルブチンはビタミンCと併用することで効果がアップします。

気になる副作用

天然ハイドロキノンの糖誘導体であるアルブチンですが、合成のハイドロキノンに比べて色素の漂泊作用は低め。皮膚の色が白く抜ける「白斑」などの副作用リスクも少なく、一般的に市販されているアルブチンであれば安全な美白成分として使用できます。

アレルギー反応は、天然由来のβアルブチンに比べて、合成であるαアルブチンの方が炎症やかぶれが出やすいとされています。肌が弱い方はβアルブチン配合の化粧品を選び、念のため事前にパッチテストをしてから使用することをおすすめします。

参考レポート

【アルブチンのメラニン生成抑制作用~B16メラノーマ培養細胞による生化学的研究~】

こちらの研究では、アルブチンがシミの元となるメラニン色素の生成を抑制することを証明しています。それは、アルブチンが、メラニン色素を生成する細胞「メラノサイト」を毒性に働きかけるというものではありません。アルブチンが、メラニン色素を作る酸化酵素「チロシナーゼ」の生合成や、活性化を阻害させるというものです。また、肌の漂白剤とも言われるほど、漂白効果の高いハイドロキノンは、メラニン生成を抑制させるのに、寄与していないと謳っています。

なお、この実験では、がんの状態にあるマウスのメラノサイトを培養した「B16メラノーマ培養細胞」を使って、アルブチンの作用を検証しています。内容は、細胞の増殖、メラニンの生成、細胞内のチロシナーゼの活性化についてです。また、B16メラノーマ培養細胞から抽出したチロシナーゼの粗酵素に対して活性を妨げる作用があるのかも併せて検証しています。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/dermatol/101/6/101_609/_pdf
シミを消したいあなたへ 本気で選んだ美容クリニックBEST5