ハイドロキノン | シミに効く成分

強力な美白効果を持つシミ消し成分、ハイドロキノンの特徴と効果についてまとめました。覚えておきたい副作用や使用上の注意も掲載していますので、ぜひチェックしておいてください。

美白成分ハイドロキノンとは

ハイドロキノンとは、イチゴ・麦芽・コーヒー・紅茶などに含まれる天然成分。還元作用があり、写真の現像やゴムの酸化防止剤として用いられていました。ハイドロキノンの美白作用が発見されたのは、写真を現像していた人の手が白くキレイだったことが元であったと言われています。

アメリカでは、シミ・色素沈着の治療薬といえばハイドロキノンというほどポピュラーな成分。日本では医師の診断・処方のもとのみ使用が許可されていました。しかし、2001年に薬事法が緩和されたことにより、市販化粧品にもハイドロキノンが配合できるようになったのです。

今では、薬局・ドラッグストアなどでもハイドロキノン入りの化粧品を購入することができます。

ハイドロキノンのシミへの働き

ハイドロキノンには、メラニンを生成する酵素であるチロシナーゼの働きを阻害するだけでなく、色素細胞(メラノサイト)そのものを減少させる作用があります。美白効果を持つ成分にはさまざまなものがありますが、ハイドロキノンにはそれらの10~100倍の効果があるとされているのです。

そんなハイドロキノンが有効なシミの種類は、老人性色素斑・そばかす・肝斑・炎症後色素沈着など。ほとんどのシミに効果があると言ってよいでしょう。しかし、ハイドロキノンが効果を発揮するのは表皮にできたシミ・色素沈着のみ。真皮層にまで及んだシミには効果があまり期待できないため、内服薬と併用して身体の内外からアプローチする治療法が有効です。

気になる副作用と注意点

ハイドロキノンは、非常に漂泊効果が強い成分。配合率が4%以下は医薬部外品、4%以上になると医薬品に分類されます。どちらにしろ配合率が高いものを使用すると、皮膚の色が白く抜けた状態(白斑)になる恐れアリ。塗布する範囲は顔全体ではなく、シミ・肝斑が気になる場所へスポット的に使用するようにしましょう。

また、ハイドロキノンにはピーリング作用を持つ乳酸が含まれています。皮膚に塗布すると皮が剥けたり赤くなったりするケースが見られますが、これはハイドロキノンにおける普通の反応です。最初は驚くかもしれませんが、異常にひどくならない場合は様子を見ながら使い続けると良いようです。

ただし、皮膚が弱い方・敏感肌の方はとくにトラブルが起きやすいので、医師の指導のもとで使用することをおすすめします。

参考レポート

【ハイドロキノン-a-グルコサイドによるメラニン生成抑制効果】

こちらの論文では、ハイドロキノンの精製を簡易に行う方法について報告しています。なお、ハイドロキノン(ハイドロキノン-a-グルコサイド)がメラニンの生成を抑制する効果があり、ハイドロキノンの生成体「アルブチン」についても効果的に作用することを踏まえた内容となっています。

http://ci.nii.ac.jp/els/110003648979.pdf?id=ART0004171173&type=pdf&lang=jp&host=cinii&order_no=&ppv_type=0&lang_sw=&no=1451982681&cp=

シミを消したいあなたへ 本気で選んだ美容クリニックBEST5