カモミラET | シミに効く成分

天然由来の美白成分、カモミラETの特徴としみへの働きについてまとめました。使用する前に押さえておきたい注意点、気になる副作用についてもチェックしておきましょう。

美白効果を持つカモミラETとは

カモミラETとは、キク科植物であるカミツレ(英語名:カモミール)の葉から抽出した成分。美白有効成分の中でも数少ない、天然植物由来の成分となっています。大手化粧品メーカーの花王が発見・開発したもので、「カモミラET」とは花王の製品のみに使用される名称。

他製品に配合されているものは、カミツレエキス・カモミラエキス・カモミールエキスなどと表記されています。厚生労働省に認可された成分の1つでもあります。

カモミラETのシミへの働き

メラノサイト(色素細胞)へメラニン生成の指令を出す情報伝達物質に、エンドセリンというものがあります。紫外線などの刺激を受けるとエンドセリンが過剰に放出されてメラニン生成が活発になりますが、カモミラETにはこのエンドセリンを抑制する働きがあります。

つまり、メラニン色素ができる初期段階でプロセスをブロックできるため、シミ・そばかす・色素沈着などの発生を防ぐことができるのです。また、エンドセリンはできてしまったシミの中にも存在しているため、色を薄くする効果も期待できます。

その他、カモミラETには保湿・血行促進・収れん・アレルギー抑制・消炎作用といった働きも認められています。高い消炎作用でニキビケア専門の化粧品に使われていることも多く、ニキビ跡や炎症性色素沈着などの改善にも効果を発揮。トラブル肌全体を改善できる、美容効果の高い成分と言えるでしょう。

気になる副作用と注意点

天然由来成分であるカモミラETには副作用がほとんどなく、重篤な症状が出たというデータは報告されていません。アレルギー抑制作用や消炎作用があるためニキビなどの炎症が起きている肌にも使うことができ、美容皮膚科やエステサロンなどでも数多く導入されている極めて安全な成分です。

ただ、原料となっているカモミールはキク科の植物であるため、キク科植物アレルギーを持っている方は注意。使用前には必ずパッチテストを行い、問題が出ないかを確かめてから使うようにしましょう。

また、カモミールは独特の香りを持ち、その香りを「苦手」と思う方も少なからずうるようです。毎日のケアがストレスになっては問題ですので、ケアアイテムを選ぶ際には香りのチェックもお忘れなく。

参考レポート

【独立成分分析法による肌色の画像解析とそのシミ解析への応用】

こちらは、新たな画像解析法により、色素沈着の季節による変化、加齢による変化、美白剤を使用したときの変化を定量的に解析した結果のレポートです。なおそれに伴い、美容液の運用効果もはかっています。その際、カモミラETが配合されている美白美容液を実験剤として採用し、美白剤を使わなかった115個のシミに比べ、美白剤を使用したシミ68個は、有意に小さくなっていたと報告さています。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/sccj1979/41/3/41_3_159/_pdf
シミを消したいあなたへ 本気で選んだ美容クリニックBEST5