コウジ酸 | シミに効く成分

しみ・くすみなどの改善効果を持つ美白有効成分、コウジ酸の働きについてまとめました。老化を防ぐ抗糖化作用や、覚えておきたい副作用・使用上の注意も必見です。

シミを予防する美白成分・コウジ酸とは

コウジ酸とは、味噌・酒・しょう油などに使われる麹菌から生まれた成分。酒造りなどに携わる職人の手がみな白くてキメ細かかったことから、麹に含まれる成分が注目されるようになりました。1988年に厚生労働省により美白有効成分として認可され、日本人の体質と相性のよい美白成分としてさまざまな化粧品に使用されています。

コウジ酸のシミへの働き

コウジ酸には、メラニン生成の原因となる酵素・チロシナーゼの活性を抑制する効果があります。紫外線・外部刺激・ホルモンバランスの乱れによってチロシナーゼは過剰生成されますが、コウジ酸はチロシナーゼの原動力である銅イオンを取り除くことができます。その結果、チロシナーゼの働きがブロックされ、メラニン生成が抑えられるというワケです。

コウジ酸はシミ・くすみなどの改善だけでなく、肌の老化現象に対して総合的にアプローチする力があることも分かってきました。その1つが「抗糖化作用」です。

糖化とは、たんぱく質やアミノ酸と糖が結合することで、加齢やさまざまな刺激が原因。糖化が進行すると糖化最終生成物であるAGEs(エイジス)と呼ばれる物質が蓄積し、皮膚の弾力低下・ターンオーバーの乱れ・シワ・たるみ・黄ぐすみなどのトラブルを引き起こすのです。最近の研究では、表皮細胞の糖化がシミ発生に関与するという可能性も示唆されています。

気になる副作用と注意点

コウジ酸は1988年に厚労省に認可されましたが、発がん性が指摘されたため2003年にいったん使用禁止となっています。しかし、発がん性が指摘されたのはラットでの動物実験であり、1~3%という高い濃度においての結果。医薬部外品に使用される濃度で人に危険性はないという結果が報告され、2005年に製造が再開されています。

重篤な副作用などは報告されておらず極めて安全性の高いコウジ酸ですが、人によっては肌に合わないこともあります。これはどんな成分でも同じですが、肌に違和感やトラブルが発生した場合は速やかに使用を中止し、医療機関に相談するようにしましょう。

また、コウジ酸を使用して手づくり化粧品を楽しむ方もいるようですが、取り扱い方法に注意。コウジ酸は酸化しやすく安定しづらいという特徴があるため、保存の状態によってはすぐ腐敗してしまうのです。手づくり化粧品の長期間保存は避け、短期間で使いきるようにしてください。

参考レポート

【コウジ酸のメラニン生成抑制作用と各種色素沈着症に対する治療効果】

こちらでは、臨床的にコウジ酸が、メラニンの生成を抑制し、色素沈着に対して有効に作用することが報告されています。コウジ酸の色素沈着に対する効果を実証するにあたって、細胞等の変化を観察しています。具体的には、がんの状態にあるマウスのメラノサイト「B16メラノーマ細胞」から抽出した、メラニン色素を作る酸化酵素「チロシナーゼ」活性の変化。有色モルモットへの紫外線照射による色素沈着濃度の変化。日本人の男女77人への紫外線照射による色素沈着の変化。肝斑や雀卵斑(そばかす)等の症状を待つ患者の黒色の変化です。いずれの場合にも、コウジ酸が効果的に作用している結果がみられています。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/skinresearch1959/36/2/36_2_134/_pdf
シミを消したいあなたへ 本気で選んだ美容クリニックBEST5