ビタミンC | シミに効く成分

できてしまったシミの色素を元に戻すビタミンCの働きと、ビタミンCの上手な摂取方法について解説しています。過剰症や副作用など、気になる注意点についてもしっかりチェックして。

しみ改善効果を持つビタミンCとは

ビタミンC(アスコルビン酸)は、壊血病予防因子として発見された水溶性ビタミン。高い抗酸化作用で健康な皮膚・粘膜を保つとともに、免疫力を向上させて病気に対する抵抗力をアップさせたり、ストレスに対する抵抗力を高めるなどの働きを持ちます。美容成分としても、医薬部外品の有効成分として厚生労働省より認可を受けています。

ビタミンCを多く含む食品は、イチゴ・みかん・グレープフルーツなどの果物類や、ブロッコリー・イモなどの野菜類など。ビタミンCは体内で合成できないため、食品やサプリメント等でしっかりと摂取する必要があります。

ビタミンCのしみへの働き

ビタミンCには、できてしまったシミの色素を元に戻す「還元作用」があります。ほとんどの美白成分はメラニンを抑制してシミを予防するものですが、ビタミンCにはシミ・そばかす・肝斑・色素沈着そのものを薄くすることができるのです。ターンオーバーが乱れてなかなか排出されない、頑固なメラニンにも有効とのことです。

また、ビタミンCには体内に発生した活性酸素を除去する「抗酸化作用」もあります。メラニン生成を促す酵素・チロシナーゼは活性酸素によっても活性化するため、その大元である活性酸素の除去はシミの予防に効果的。さらにストレスに対する抵抗力も高めてくれるため、多少の疲労やストレスが溜まっても、肌への影響が最小限に抑えられます。

美白化粧品として肌につけても効果がありますが、クリニックで高濃度ビタミンCの注射・点滴・イオン導入を受けたり、ビタミンC錠剤の処方を受けるとより効果的です。ビタミンCの内服・外用薬と、レーザー治療・光治療などを併用するクリニックも多くなっています。

気になる副作用

ビタミンCは体内で生成できないため、外部から摂取する必要があります。しかし、ビタミンCは体内のさまざまなところで利用されるので、摂取量が少なすぎると美白まで効果が回ってこないということも多々あります。

シミの改善を目的として摂取するなら、1日あたり最低でも2000mgは必要。果物・野菜などの食品のみで摂取するのが難しい場合は、処方薬やサプリメントなどを利用するとよいでしょう。

気になる副作用ですが、ビタミンCは水溶性ビタミンなので、過剰に摂取しても不要な分は尿と一緒に体外へ排出されます。体内に蓄積することもないので、一時的に多く摂取しても副作用が起こることはありません。

ただし、人によっては処方薬やサプリメントの使用で吐き気・腹痛・下痢などのトラブルが起こることもあるようです。また、腎機能が弱っている方は腎結石のリスクが高まるため、美容皮膚科などのクリニックで相談してからの利用を心がけてください。

参考レポート

【モルモットに経口摂取させたビタミンC,L-システイン,ビタミンEの併用による色素沈着抑制効果】

こちらの論文では、褐色モルモットを用いて、ビタミンC等による色素沈着抑制効果を証明しています。この実験では、ビタミンC群、L-システイン、ビタミンE群を組み合わせることで、経口摂取であってもUV照射によるメラニン色素の沈着を抑制できることが明らかとなりました。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsnfs1983/56/4/56_4_221/_pdf

【青い柑橘類果実でアンチエイジング~抗アレルギー作用を併せ持つ美白・美肌作用~】

こちらの報告では、ビタミンを多く含む未熟な柑橘果実が、抗アレルギー作用を持つと共に、色素沈着改善に役立ちうると証明しています。ここでは特に、実が青い時期に収穫した温州ミカンとハッサクに抗アレルギー作用、抗炎症作用、抗酸化作用があり、色素沈着を改善する美白剤として有効に働く可能性があるようです。

https://www.sbj.or.jp/wp-content/uploads/file/sbj/8806_daigakuhatsu.pdf
シミを消したいあなたへ 本気で選んだ美容クリニックBEST5