正しいシミ対策・改善・予防 » あなたのシミはどれ? シミの種類で対処法を選ぶ

あなたのシミはどれ? シミの種類で対処法を選ぶ

シミとひと口に言ってもその種類はさまざまで、それぞれ原因や対処法が異なります。間違ったケアをするとシミを悪化させたり数を増やすことにも繋がるので、まずはシミの種類と特徴をしっかり確認しておきましょう。

老人性色素斑

老人性色素斑とは、今までに浴びてきた紫外線が原因で引き起こされるシミのことです。紫外線に長期間さらされた表皮はダメージを受け、肌のバリア機能である「メラニン細胞」が活性化。これにより、肌の色素をつくるメラニンを過剰に生成してしまいます。それがシミとなり、紫外線の影響を受けやすい、顔や手の甲、前腕などに老人性色素斑が現れます。

ちなみに、老人性と名はついていますが、人によっては20代から発生することもあるので注意が必要です。

「老人性色素斑」のページでは、効果のある治療法や、日常的にできる予防法もご紹介していますので、ぜひとも参考にしてみてください。

老人性色素斑の対処法>>

そばかす

目の周りや頬などにできる、小さな茶色いシミ「そばかす」。雀卵斑(じゃくらんはん)という別名もあります。そばかすは遺伝的要因が強い症状として子供に多く見られますが、思春期を過ぎると消失することも。しかし、大人になってからできるそばかすは、消えにくいのが特徴です。

そばかすは、紫外線やなんらかの外的な刺激が原因とされています。これにより活性酸素が発生すると、紫外線を浴びた時に現れるメラニンが刺激され、増殖してシミになるのです。

このページでは、そばかすを改善するための治療法の種類や特徴について紹介しています。また、予防するためのスキンケア方法についても触れているので要チェックです。

そばかすの対処法>>

肝斑

顔に現れるシミの一種で、頬骨・額・鼻の下などに左右対称に現れる肝斑(かんぱん)。原因としては、妊娠や経口避妊薬の使用による女性ホルモンの乱れや、紫外線、ストレスが挙げられます。

肝斑は他のシミと併発している場合も多く、美白化粧品などを使用しての改善は難しいとされています。そのため、おすすめなのがクリニックでの治療ですが、即効性があるわけではないので長期的な施術が必要です。

「肝斑」のページでは、一般的なシミとの違いや、肝斑が現れやすい年齢など、知っておきたい情報が満載です。また、クリニックでの治療法についてもまとめていますので、こちらも忘れずに確認しておきましょう。

肝斑の対処法>>

炎症性色素沈着

炎症性色素沈着は、ニキビや肌荒れなどで皮膚が炎症を起こすと引き起こされます。また、感染症やアレルギー、アトピー、乾癬などの疾患による炎症が色素沈着になることも。しかし、このシミの根本的な原因に関しては、未だ解明されていません。

メカニズムとしては、皮膚に炎症が起こると、脂質の一種である「アラキドン酸代謝産物」やたんぱく質「サイトカイン」などが活性化。これらの成分が刺激されることでメラニンが生成される、と考えられています。また、炎症性色素沈着は比較的治癒しやすいシミとされていますが、間違ったケアをすると頑固なシミになってしまうので注意が必要です。

このページでは、正しいケア方法と治療法についてまとめています。

炎症性色素沈着の対処法>>

ADM

ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)は、両頬の上部・額の両端・鼻翼部などに多発するアザの一種。素人にはシミとの違いが分かりにくく、普通のシミよりも治りにくい傾向があります。

他のシミは表皮の最下層でメラニンが生成されますが、ADMの場合は表皮よりもさらに奥深くにある「真皮層」でメラニンが生成されます。そのため、ターンオーバーに時間が掛かるのが特徴です。肝斑と同じく個人でシミを改善させることが難しいため、クリニックでカウンセリングを受けたほうが良いでしょう。

「ADM」のページでは、それにまつわる基礎知識や予防法、クリニックでの治療法などについて紹介しています。

ADMの対処法>>

シミを消したいあなたへ 本気で選んだ美容クリニックBEST5