肝斑 | シミの種類と治療法

30~50代の女性に多い肝斑の特徴と、肝斑ができる原因・理由について解説しています。ホルモンバランスに気をつける・紫外線を避けるなど、肝斑を予防する対策法についても紹介しています。

女性に多く見られるシミ・肝斑とは

肝斑

肝斑(かんぱん)とは、女性ホルモン特有のシミで、顔に現れる淡褐色のシミの一種です。頬骨・額・鼻の下などに左右対称に現れることが多く、輪郭はハッキリせずモヤッと広範囲に広がっているのが特徴。

肝斑には5つの形状があります。1つ目は、頬骨から下の方にかけて両側に広がっている肝斑。面積が広いため、顔色がくすんで見えます。さらに色が濃い老人性色素斑の下に薄く現れる場合も。

2つ目は左右対称の頬骨に沿ったシミで、筆で細く書いたような形が特徴です。3つ目は、小さい形状の肝斑。こめかみの周辺や、頬骨から目尻の下に左右対称で小さく広がっている肝斑です。

4つ目は、シミの大きさや位置がバラバラなタイプの肝斑。片方だけ場所が広がったり狭かったりというケースもあります。5つ目は口の上部や額の真ん中あたりなど、頬骨以外にも現れる肝斑も。

肝斑はまぶたに発生することはないので、目のあたりだけ白く抜けて眼鏡をかけているように見えることもあります。

加齢とともにシミに悩む方は増えていきますが、肝斑が現れるのは主に30~50代。50代後半に入ると肝斑の発生はほとんど見られなくなり、その後は閉経に伴って色が薄くなったり消失したりすると言われています。

肝斑ができる原因

シミは、紫外線を浴びた肌を守るために発生するメラニンが、肌に蓄積されてできるもの。肝斑は他のシミとは異なり30~40代の女性に発生しやすく、ピルを飲んでいる方や妊婦さんに多く見られ、また男性には発生しないという特徴があります。

日頃から美白対策や紫外線対策をしているのにシミがどんどん増えている場合は、肝斑の可能性が高いかもしれません。

肝斑の発生理由の1つに、女性ホルモンとの関係性が挙げられます。妊娠や経口避妊薬(ピル)の服用で肝斑が発生するケースが見られるため、女性ホルモンとのバランスが肝斑の発生に関与してるのではないかと言われているのです。閉経期に入ると肝斑が現れなくなるのも、それを裏づけています。

肝斑の治療法では、トラネキサム酸というものを服用。トラネキサム酸は、メラニンの発生因子を薄くする作用がありますが、女性ホルモンに働きかけるような作用は認められていません。なので、肝斑以外の人が服用しても身体に問題はなさそうです。

その他の理由として、ストレスによる肌の触りすぎ、過度なマッサージ・皮膚への過剰摩擦などの物理刺激で肝斑ができる場合もあります。フェイシャルマッサージを受けて肝斑が発生したケースは多いので、自己流のフェイスマッサージは慎重に行いましょう。

メラニン細胞は神経と密接な関係があるため、ストレスがたまるとメラニン細胞が増えて、肝斑ができるのです。普段ストレスを感じている場合にできたシミの原因は、もしかすると肝斑かもしれません。

生活習慣の乱れが肝斑発生の引き金となることも。また、紫外線は直接的な原因ではありませんが、肝斑もシミと同じくメラニン色素によるものなので、できるだけ浴びないよう工夫することが重要です。

肝斑の治療法

肝斑の治療は一般的なシミ治療とは異なるため、自己判断は避けるのが賢明。専門医で肝斑の状態・合併しているシミやそばかすの状態を診察してもらい、適切な治療法を選ぶ必要があります。

内服薬・外用薬

肝斑の治療で一般的なのは、内服薬・外用薬による治療。内服薬は色素沈着を抑制するトラネキサム酸の処方がメイン、症状にもよりますが服用期間は4~5週間が目安となっています。ハイドロキノントレチノイン・ビタミンC誘導体などの美白外用薬を併用することもあり、こちらもメラニン生成を抑制する効果アリ。とくに、ハイドロキノンとトレチノインを組み合わせると、高い肝斑治療効果が期待できると言われています。

レーザー治療

肝斑はレーザー治療も可能です。以前は肝斑にレーザーは禁忌とされていましたが、最近では肝斑治療に対応したレーザーが開発されています。一般的なシミよりも原因が複雑であるため効果が出るまでに時間はかかりますが、内服薬・外用薬を組み合わせることで、よりスピーディーに効果を実感できるそうです。

肝斑の治療ならここ!
シミ取りレーザーでおすすめの美容皮膚科

日常生活における肝斑の対策法

女性ホルモンのバランスが大きな原因とされている肝斑。ホルモン分泌のバランスは生活習慣の乱れ・ストレスなどによって崩れやすくなるため、まずは正しい生活習慣の徹底とストレスのない生活を心がけることが大切です。睡眠時間・運動習慣・食事内容などをしっかり見直し、規則正しい生活を送れるようリズムを整えましょう。

また、紫外線も肝斑を悪化させる原因の1つ。季節・天候・室内外にかかわらず、常に紫外線対策は欠かせません。不用意に紫外線を浴びてしまわないよう、日焼け止め・帽子・サングラスなどで皮膚をガードしましょう。また、ゴシゴシ洗顔やマッサージのしすぎも肝斑の発生・悪化に繋がるので気をつけてください。

この記事の参考サイト・文献

シミを消したいあなたへ 本気で選んだ美容クリニックBEST5