そばかす | シミの種類と治療法

シミの一種であるそばかすの特徴と、発生の原因についてまとめました。そばかすの治療に有効な方法や、日常で心がけたいそばかす対策についてもチェックしてくださいね。

シミの一種とされるそばかすとは

そばかす

そばかすとは、目の周りや頬、鼻の上などによく見られる茶色いシミのこと。形はさまざまですが、斑点のサイズは小さめです。春から夏にかけて色が濃くなり、冬になると目立たなくなるのが特徴。

そばかすは、シミの一種。別名「雀卵斑(じゃくらんはん)」と呼ばれているシミです。遺伝的要因が強いのが特徴で、親にそばかすがある人は幼少期ごろから発生。人によっては思春期に増加して、思春期を越えると消えるケースもあります。

一般的なシミは加齢によってどんどん濃くなりますが、そばかすは加齢によって薄くなったり消えたりするケースがあるようです。

また、日本人は黄色人種でメラニン色素が多いため、比較的そばかすができにくい人種と言われています。メラニン色素が少ない色白の人。そばかすができやすいので注意しましょう。

そばかすができる原因

そばかすの原因は親から受けついだ遺伝的要因のものと、大人になってからできる後天的要因のものがあります。遺伝的なそばかすは、幼少期~思春期にかけて出始め、思春期の終わりごろに自然に消えるパターンが多いです。思春期をすぎてもそばかすが消えない場合は、後天的なそばかすの可能性が高いといえます。

大人になってできるそばかすの最も大きな原因は「紫外線による日焼け」です。日焼けによりメラニン色素は多く生成され、その色素が皮膚に蓄積されていくと、そばかすが表れます。外出する際は、日焼け止めクリームや日傘などの紫外線対策を行うことで、そばかすを防げるでしょう。

そばかすの発生は栄養不足からくることもあるので、日ごろからバランスの良い食事を心がけましょう。特にビタミンを積極的に摂取することがおすすめ。ビタミンCはメラニンの沈着を抑える効果があります。

また、新陳代謝を活発にして肌のターンオーバーを促すビタミンE、活性酸素を取り除くアンチエイジング効果のあるビタミンAも欠かせません。ビタミンを摂ることで、そばかす改善のみならず、肌を若々しく維持できます。

また、間違ったスキンケアもそばかすの原因。肌と合わない化粧品の使用や、ゴシゴシと洗顔して肌に負担をかけてはいけません。特に顔の皮膚は身体の皮膚の中でも薄いので、丁寧なスキンケアをすることが重要です。

その他、睡眠不足や運動不足などが原因でそばかすができることもあります。質の良い睡眠は、肌をキレイに保つために必要不可欠。普段眠りが浅い人は、適度な運動を心がけましょう。

最初から無理をせずに、ウォーキングやヨガ、ストレッチなどから始めてみてください。身体を動かし汗をかくことで血液の循環はよくなり、睡眠の質が向上。ストレス解消や睡眠不足解消にもつながりますよ。

そばかすの治療法

そばかすの治療法は、大きく分けてレーザー治療・光療法(フォトフェイシャル)・内服薬の3種類。併発しているシミや肝斑などの症状に合わせて、複数の治療法を組み合わせることもあります。

レーザー治療

できているのがそばかすだけであれば、最も効果が高いのはレーザー治療。滞留しているメラニンに特殊なレーザーをあてて破壊し、体外への排出を促します。症状によっては、1回の照射で完全になくなることもあるそうです。

光療法(フォトフェイシャル)

レーザーよりも広域の波長を持つ光を当て、そばかすなどの肌トラブルを改善する治療法。痛みや皮膚へのダメージは少ないですが、1回で終了することはほとんどなく、レーザーよりも治療期間が長くなる傾向があります。

内服薬

メラニンの生成を抑えるトラネキサム酸などを服用し、身体の中から色素の排出を促す治療法です。肝斑を併発している場合は、内服薬の処方を受けるケースが多め。症状によっては、ハイドロキノンなどの外用薬を併用する場合もあります。

そばかすの治療ならここ!
シミ治療のおすすめ美容皮膚科BEST5

日常生活におけるそばかすの対策法

後天的なそばかすの原因は紫外線ですから、シミ予防と同様に日頃から紫外線対策をしっかり行うことが大切。 季節や天候に関わらず日焼け止めを塗り、できるだけ紫外線に当たる範囲が少なくなるよう服装などを工夫するとよいでしょう。とくに、そばかすができやすい鼻・頬・目の周りなどは、こまめに日焼け止めを塗り直すことも忘れないで。

正しいスキンケアを心がけ、肌にムダな刺激を与えないことも大切です。マッサージや洗顔での力の入れ過ぎや、 タオルなどでごしごし擦るのはNG。皮膚表面にある角質が傷つくと紫外線の影響を受けやすくなり、そばかすが発生しやすくなります。スキンケアはとにかく優しく、肌にストレスをかけないようにしてください。

また、過度のアルコール摂取・喫煙・食生活の乱れを改善することも重要。とくに、タバコは百害あって一利なしなので、美容だけでなく健康のためにも禁煙をおすすめします。

この記事の参考サイト・文献

シミを消したいあなたへ 本気で選んだ美容クリニックBEST5