老人性色素斑 | シミの種類と治療法

多くの人が悩む老人性色素斑とはどのようなシミか、その特徴と原因についてまとめました。効果的な治療法や、日常生活における注意点などについても必見です。

シミの代表格・老人性色素斑とは

老人性色素斑

老人性色素斑とは、これまでに浴び続けた紫外線が原因で現れるシミのこと。「老人性」とついていますが、アウトドアでの活動が多い人や肌の白い人などは、20代後半あたりから見られることもあります

老人性色素斑の形状は、薄茶色で輪郭がハッキリとした類円形のものが一般的。大きさは5~20mmほどで、年齢と共に色が濃くなったり大きくなったりすることがあります。顔だけでなく、手の甲・前腕など紫外線の影響を受けやすい部分に現れるのも特徴です。

老人性色素斑ができる理由

紫外線を浴びると、皮膚は細胞を守るためにメラニン細胞を活性化させます。これが、日焼けによって肌が黒くなる理由です。その後、生成されたメラニン色素は皮膚のターンオーバー(生まれ変わり)に伴って体外へ排出され、元の肌色に戻っていきます。

しかし、紫外線を過剰に浴び過ぎたり、何らかの原因でターンオーバーのリズムが乱れると、メラニン色素の排出が追いつかず皮膚に褐色のシミとして残ってしまいます。これが、老人性色素斑ができるメカニズムです。

老人性色素斑は過去に浴びた紫外線のダメージが蓄積して起こるもの。そして、一度できてしまった老人性色素斑は、なかなか改善しにくいのがネックです。できるだけ紫外線を浴びないよう、日頃から対策を行っていくことが大切なのです。

治療法

老人性色素斑の治療法には、主にレーザー治療・薬物療法・ケミカルピーリングなどがあります。

レーザー治療

老人性色素斑を根本から解決するなら、美容皮膚科でのレーザー治療がもっとも効果的でスピーディーです。レーザー治療は、メラニンの黒い色素にだけ反応する特殊な光でシミのもととなる細胞を破壊・改善するもの。破壊されたメラニンは1週間ほどでカサブタ状になって剥がれ落ち、新しい皮膚へと生まれ変わります。

内服薬・外用薬

薬物治療は外用薬と内服薬を併用するのが一般的。外用薬では、肌の漂白剤と呼ばれるハイドロキノンや、ターンオーバーを高めてメラニン排出を促すトレチノインが使用されます。

ケミカルピーリング

古い角質を落とすケミカルピーリングなどの治療をプラスすると、皮膚のターンオーバーが正常化。メラニンの排出スピードが速まり、シミ改善効果が高まります。また、肌全体のくすみが取れ、透明感がアップするというメリットも。

老人性色素斑の治療ならここ!
シミ治療のおすすめ美容皮膚科BEST5

日常生活における対策法

一度できてしまった老人性色素斑は、セルフケアだけではなかなか改善しにくい症状。できてしまってから何とかするのではなく、できないように対策を講じていくことが重要となります。老人性色素斑ができやすいのは、紫外線を浴びやすい顔・手の甲・腕など。これらの部分を露光部を呼びますが、まずこの露光部を紫外線からガードすることが第一です。

天候や季節に関わらずしっかりと日焼け止めを塗り、皮膚が紫外線にさらされないよう帽子・日傘・ストール・アームカバー・サングラスなどを活用しましょう。屋内や車内にいても紫外線の影響は受けますので、決して油断はしないでください。

また、睡眠不足・運動不足・偏食・ストレスなど、生活習慣の乱れはターンオーバーの乱れを招き、老人性色素斑を引き起こしたり悪化させる原因となります。自分自身の生活を見直し、改善していくことも大切です。

シミを消したいあなたへ 本気で選んだ美容クリニックBEST5