老人性色素斑 | シミの種類と治療法

多くの人が悩む老人性色素斑とはどのようなシミか、その特徴と原因についてまとめました。効果的な治療法や、日常生活における注意点などについても必見です。

シミの代表格・老人性色素斑とは

老人性色素斑

老人性色素斑の形状は、薄茶色で輪郭がハッキリとした類円形のものが一般的。大きさは5~20mmほどで、年齢と共に色が濃くなったり大きくなったりすることがあります。

顔だけでなく、手の甲・前腕など紫外線の影響を受けやすい部分に現れるのも特徴です。普段から紫外線を浴びているアウトドア派の方やもともと色白の方、早い人では20代後半~30代で現れ始め、出産後に増えるケースもあります。40代では50~60%、50代では80%以上の人に見られる典型的なシミの一つです。

老人性色素斑には悪性のものはなく、特別な検査は行われず通常の診察のみ。しかし出方や形状によっては、悪性のホクロかどうか判断する必要があるので、患部の一部を切除して病理組織検査を実施する場合もあります。

健康上、リスクのないシミですが、皮膚がんとの見分けが付きにくいので注意が必要。通常は茶褐色や黒色ですが、もし老人性色素斑にそっくりな赤いシミがある場合、それは血管腫か日光角化症の恐れがあります。

血管腫は皮膚科のレーザー治療で問題なく綺麗に治りますが、日光角化症は皮膚がんの卵なので、詳しい検査を行ないましょう。

老人性色素斑ができる原因

紫外線を浴びると、皮膚は細胞を守るためにメラニン細胞を活性化させます。これが日焼けによって肌が黒くなる理由です。その後、生成されたメラニン色素は皮膚のターンオーバー(生まれ変わり)に伴って体外へ排出され、元の肌色に戻っていきます。

しかし、紫外線を過剰に浴び過ぎたり、何らかの原因でターンオーバーのリズムが乱れると、メラニン色素の排出が追いつかず皮膚に褐色のシミとして残ってしまいます。これが、老人性色素斑ができるメカニズムです。

老人性色素斑は過去に浴びた紫外線のダメージが蓄積して起こるもの。そして、一度できてしまった老人性色素斑は、なかなか改善しにくいのがネックです。日焼け止めクリームを正しく使い、同時に美白化粧品でこまめな予防・改善を努めましょう。

自分の肌環境に適した化粧品を選ぶことも重要。曇りの日でも日傘をさすなど、できるだけ紫外線を浴びないよう、日頃から対策を行っていくことが大切なのです。

日焼け止めは夏だけ塗る、日焼け止めを塗り直さない、日焼けが好き、最近ストレスが溜まりがち、若い頃に日焼けをしていた、薄茶色で1cm程度の丸くいびつな形のシミ、40歳ごろからシミが気になり出した、睡眠時間が少ない、喫煙者など、今はまだシミが現れていない方やシミが気になり初めた方は老人性色素斑の可能性が高いので、日頃の生活習慣を見直すようにしましょう。

身体の内側からシミのできにくい状態に改善していくことが、自然に悩みを解消する方法につながるはずです。

老人性色素斑の治療法

老人性色素斑の治療法には、主にレーザー治療・薬物療法・ケミカルピーリングなどがあります。

レーザー治療

老人性色素斑を根本から解決するなら、美容皮膚科でのレーザー治療がもっとも効果的でスピーディーです。レーザー治療は、メラニンの黒い色素にだけ反応する特殊な光でシミのもととなる細胞を破壊・改善するもの。破壊されたメラニンは1週間ほどで カサブタ状になって剥がれ落ち、新しい皮膚へと生まれ変わります。レーザーの中にもいくつか種類があり、効果やダウンタイムが異なります。

フォト治療

レーザー治療と違い、広域な波長で行う治療になります。レーザーよりも広域のシミに向いており、シミ以外でもさまざまな用途で使用されています。ただ、効果に関してはレーザーに劣るところがあります。ピンポイントで治したいシミがある場合はレーザー、広範囲で薄いシミがある場合はフォト治療と使い分けるのもよいでしょう。まずはクリニックで相談してみることをおすすめします。

内服薬・外用薬

薬物治療は外用薬と内服薬を併用するのが一般的。内服薬では、保険診療の範囲内でハイチオールやトラネキサム酸などがありますが、あくまで補助的な意味あいが強くなります。外用薬では、肌の漂白剤と呼ばれるハイドロキノンや、ターンオーバーを高めてメラニン排出を促すトレチノインが使用されます。これらの外用薬は自費診療となりますが、併用することで効果が見込めます。

ケミカルピーリング

古い角質を落とすケミカルピーリングなどの治療をプラスすると、皮膚のターンオーバーが正常化。メラニンの排出スピードが速まり、シミ改善効果が高まります。また、肌全体のくすみが取れ、透明感がアップするというメリットも。

老人性色素斑の治療ならここ!
シミ治療のおすすめ美容皮膚科BEST5

治療の前にはカウンセリングが重要

すでに紹介したように、治療法にもさまざまありシミの進行に応じた治療法の選び方が大事です。シミの色が濃くなってしまっているものはレーザー治療など効果の高いものを優先的に選ぶべきですし、薄いものであれば処方される薬などで進めていく方法もあります。中には老人性色素斑と肝斑を併発してしまっているケースもあり、自分の目だけでは判断できないものもあります。自分に適した治療法は、クリニックでのカウンセリングで診断してもらうほかに方法はありません。

レーザー治療など各治療法を受けやすい環境にあるクリニックを選び、カウンセリングを受けてみることをおすすめします。

日常生活における対策法

一度できてしまった老人性色素斑は、セルフケアだけではなかなか改善しにくい症状。できてしまってから何とかするのではなく、できないように対策を講じていくことが重要となります。 老人性色素斑ができやすいのは、紫外線を浴びやすい顔・手の甲・腕など。これらの部分を露光部を呼びますが、まずこの露光部を紫外線からガードすることが第一です。

天候や季節に関わらずしっかりと日焼け止めを塗り、皮膚が紫外線にさらされないよう帽子・日傘・ストール・アームカバー・サングラスなどを活用しましょう。屋内や車内にいても紫外線の影響は受けますので、決して油断はしないでください。 また、睡眠不足・運動不足・偏食・ストレスなど、生活習慣の乱れはターンオーバーの乱れを招き、老人性色素斑を引き起こしたり悪化させる原因となります。自分自身の生活を見直し、改善していくことも大切です。

この記事の参考サイト・文献

シミを消したいあなたへ 本気で選んだ美容クリニックBEST5