正しいシミ対策・改善・予防 » 今日からはじめるシミ対策 » メイクでシミをなかったことに?

メイクでシミをなかったことに?

シミ隠しメイクに有効なファンデーション・コンシーラーの選び方と、上手な使い方について解説。ちょっとしたコツを覚えるだけでシミのない自然な肌をつくれるので、ぜひチェックしておいてみてください。

シミ隠しメイクで自然な肌をつくる方法

このページでは、シミをカバーするのに有効なメイクアイテムの特徴と選び方について説明しています。上手なメイク法についても触れていますので、上手に活用して自然な肌づくりを目指しましょう。

ファンデーション

メイクに欠かせないファンデーション。大きく分けてパウダー・クリーム・リキッドタイプがあり、シミの種類や濃さによっておすすめ度が異なります。ファンデーションだけでシミを隠そうとすると厚化粧になりがちなので、自分の肌に合ったものとコンシーラーを併用するのがおすすめです。

パウダータイプ

粉末を固めたパウダータイプは、サラッとした使用感で人気。カバー力はあまりないので、シミや肝斑を隠すというよりも、負担を軽くしてトラブル肌を改善したい方におすすめです。

クリームタイプ

固めのテクスチャーでクリーム状になっているファンデーション。カバー力が高いので、シミ・そばかすの色が濃い人におすすめです。肌にしっとりなじむので、乾燥肌の方にもピッタリ。

リキッドタイプ

クリームよりもゆるいテクスチャーのリキッドタイプ。液状なので肌の伸ばしやすく、広範囲に散らばる薄いシミ・そばかすをカバーするのに有効です。ただしカバー力はあまりなく、パウダー以上クリーム以下といったところ。

コンシーラー

シミや色素沈着などをしっかり隠すコンシーラーには、リキッド・クリーム・スティックタイプがあります。それぞれ仕上がりやカバー力が異なるので、自分の悩みに合ったものを選びましょう。色を選ぶときは、「自分の肌色より少し暗め」を選ぶと◎。明るいカラーだと塗った部分が浮いてしまい、余計に目立つことがあるので気をつけて。

リキッドタイプ

液状のコンシーラーで、テクスチャーはゆるめ。リップグロスやマニキュアのようになっており、塗りやすいのが特徴です。肌なじみはよいですがカバー力が低いため、色の薄いシミを軽くカバーしたいときにおすすめです。

クリームタイプ

クリームタイプは、リキッドよりも固いテクスチャー。柔らかい触感ですが、油分が多めです。カバー力がそこそこあるので、大きなシミや目の下のクマなどにも塗りやすいです。ニキビが多い方は、広範囲の使用は避けた方がいいかも。

スティック・ペンシルタイプ

鉛筆やリップスティックのような形で、固形になっているもの。テクスチャーが固く伸びはよくありませんが、カバー力はダントツ。濃いシミやそばかすなどを、ピンポイントでしっかりカバーできます。

BBクリーム

BBクリームは、皮膚科治療(ピーリングなど)での炎症を保護・消炎するために使われてきたクリーム。ファンデーションの代用として使用することができ、配合されている美容成分や消炎効果で肌のコンディションを整える効果も期待できます。

カバー力も高いので、BBクリームをコンシーラーとして使うことも可能。パウダーファンデーションと併用すると、厚塗りを防いで自然な仕上がりになります。

シミ隠しメイクの方法

シミをメイクで隠すには、ちょっとしたテクニックを覚えておくと効果的です。ここでは、シミを上手にカバーするためのコツをお教えします。

1.化粧下地で肌に伸ばす

まずは洗顔・化粧水などで肌を整え、化粧下地を肌全体に伸ばします。シミ・そばかす・くすみが気になる方はイエロー・オレンジ系の下地を部分使いし、周りの肌色に近づけていくとよいでしょう。

2.ファンデーションをムラなく塗る

シミが気になる方は、クリーム・リキッドタイプのファンデがおすすめ。スポンジや清潔な手で全体に薄く延ばし、ムラがないように仕上げましょう。ファンデを伸ばすときは、一番カバーしたい部分に乗せてから伸ばしていくと◎。

3.コンシーラーを乗せる

シミなどの気になる部分にコンシーラーを乗せ、周りをぼかすようにしてなじませます。一度に大量に乗せると不自然になってしまうので、少しずつ乗せていくのがポイント。スティックタイプなどカバー力が高いものを使うときは、グリグリと直接塗り込まず、いったん指や筆でなじませるとよいでしょう。

4.フェイスパウダーで仕上げ

パフやブラシでフェイスパウダーを全体に乗せます。コンシーラーを塗った部分には、上から軽く押さえるようにパウダーを乗せるとムラがなくなります。

シミを消したいあなたへ 本気で選んだ美容クリニックBEST5