友利新先生が教えるシミ対策ガイド

友利新先生が教えるシミ対策ガイド

友利新先生が教えるシミ対策ガイド
MENU
顔のシミを改善・予防するための正しい対処法 » 【監修クリニック】表参道スキンクリニック

【監修クリニック】表参道スキンクリニック

ここでは、当サイト「正しいシミ対策」を監修してくださった友利新先生と、友利先生が在籍されている表参道スキンクリニックについて紹介します。

表参道スキンクリニック

表参道スキンクリニックの公式HP画像
引用元:表参道スキンクリニック(https://omotesando-skin.jp/)

表参道スキンクリニックは、東京・表参道に本院を構え、名古屋・大阪・福岡・沖縄にそれぞれ医院を展開する美容クリニックです。今回、当サイトの監修を務めていただいた友利新先生が在籍しています。

真摯なカウンセリングをしてくれることに定評のあるクリニックで、患者さんとのコミュニケーションを大切にしています。カウンセリングには1時間以上をかけ、患者さん一人ひとりにじっくりと向き合ってくれます。

また、どんな些細なことでも相談できるような環境づくりを心がけています。患者さん1人に対し1名の専属スタッフがつき、ちょっとした疑問や悩みでも、気軽に相談可能。術後のケアや美肌作りのアドバイスなどの相談にも気軽に答えてくれます。

さらに、在籍する医師・看護師は経験豊富な美のプロフェッショナルばかり。多彩な治療の中から、あなたにとって最適な治療を施してくれるでしょう。

美と健康の啓蒙活動を行う友利先生

当サイトを監修してくれた友利新先生。現在は、東京都内にある2ヵ所のクリニックに勤務しながら、医師という立場から、正しい美容・健康の知識を発信しています。

メディアにも積極的に顔を出しているので、テレビや雑誌、書籍などで「見たことがある!」という方も多いのではないでしょうか?

準ミス日本に輝いたという経歴の持ち主でもある美貌の医師が提唱するスキンケアの知識には、とても説得力がありますね。赤ちゃんや子ども用のスキンケア商品も開発しており、美容皮膚科の先駆者として精力的に活躍しています。

友利先生に監修していただいた経緯

シミにはいくつか種類があり、その状態も様々です。シミの種類や状態によって対策や治療法も違うため、間違った対策をしてしまうと治らないばかりか悪化してしまうことも…。

このサイトは、シミに対する正しい理解と対策を知ってもらい、少しでもシミに悩む女性を助けられるよう立ち上げました。

正しい情報を提供するには医師の監修が必須です。医師という立場から美容と健康を追求し、啓蒙活動を行なっている友利先生が最適と感じ、監修を依頼。快く引き受けていただきました。

このサイトが、シミに悩む女性の手助けになれば幸いです。

表参道スキンクリニックで受けられるシミ治療

Qスイッチレーザー

ピンポイントでシミを消したい方におすすめ

Qスイッチレーザーは、シミをピンポイントで消したい方におすすめの方法です。老人性色素斑や炎症性色素沈着、ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)の治療に使われます。

Qスイッチレーザーで治療できるシミ(1)老人性色素斑

いわゆる一般的な「シミ」です。顔や手、背中など、紫外線にさらされやすいところにできる濃い褐色のシミで、たいていのシミは老人性色素斑だと言われています。紫外線にさらされることでできますが、レーザーやフォトブライトで取りやすいのが特徴。

Qスイッチレーザーで治療できるシミ(2)炎症性色素沈着

皮膚がダメージを受けて炎症を起こし、色素沈着を起こした状態です。ニキビ跡やアトピー性皮膚炎、レーザー治療後にもまれに色素沈着が起こります。

Qスイッチレーザーで治療できるシミ(3)ADM

後天的に現れるシミで、たいていは成人になってから現れると言われています。頬や額の両側にできるのが特徴で、そばかすよりも少し大きいくらい。他のシミと区別が難しく、肝斑と間違われやすいシミです。

レーザートーニング

肝斑治療に効果的な、低出力のレーザー治療

レーザートーニングは、肌のトーンが異なる部分を治療する方法です。特に、頬骨のあたりにぼんやりと広がるシミ「肝斑」の治療に使われます。

以前は、肝斑の治療には「トラネキサム酸」という飲み薬を用いるのが一般的でした。肝斑は刺激に弱く、レーザーを当てるとかえって悪化してしまうおそれがあるからです。しかし、出力を落としてムラなく照射できるレーザートーニングなら、肌に余計な刺激を与えずに、溜まったメラニン色素を少しずつ減らしていくことができます。

今までは塗り薬や外用薬を処方するしかなかった肝斑治療ですが、レーザートーニングの登場により、短期間で肝斑の治療ができるようになりました。

レーザートーニングで治療できるシミ 肝斑

肝斑は、頬骨や目尻の下にできるシミです。

左右対称で、地図のようにぼんやりと広がっているのが特徴。肝斑を自分で見極めるのは難しいことです。「どんなにケアをしてもシミがなくならない」と思ったら、それは肝斑かもしれません。

Co2レーザー

メスを使わずに脂漏性角化症を取り除く

Co2レーザーを使えば、メスを使わずにホクロやイボを取ることができます。シミ治療の場合は、通称「老人性イボ」と呼ばれる脂漏性角化症に用いられます。

Co2レーザーで治療できるシミ 脂漏性角化症

男女共に、体に表れやすいシミです。加齢や紫外線が主な原因だと言われています。プクッと膨らんだホクロのような見た目をしていることが多く、イボのようにも見えることから「老人性イボ」とも呼ばれています。

レーザーフェイシャル

広い範囲にできたシミに効果的なレーザー治療

低出力のレーザーを当てて、薄いシミやそばかすの改善に効果的な治療です。毛穴の黒ずみを改善して肌を引き締めるという働きもあります。

低出力のレーザーを使うので火傷のリスクが低く、ダウンタイムもほとんどありません。1回ずつ顔を冷やしながら照射していくので、火傷や痛みを最小限に抑えられます。

表参道スキンクリニックでは、より効果を実感してもらうために、3~4週間ごとに照射×6を1クールとしてレーザーフェイシャルを受けることをおすすめしているようです。

レーザーフェイシャルで治療できるシミ そばかす

そばかすは、鼻の周りに3~5ミリくらいの小さなシミが散っている状態です。クジャクが持つ羽の模様に見えることから「孔雀斑」とも呼ばれています。紫外線か遺伝によって発症するためか、再発しやすいのが特徴です。

フォトブライト

日本人に最適化された光治療機

フォトブライトは、出力を弱めた光熱エネルギーを使って、加齢や紫外線でダメージを受けたシミを改善し肌を引き締める治療法。従来の光治療より日本人に最適化されているのが特徴です。

肌の表層と深層の両方に働きかけるため、様々な悩みに対応。特に深層にはコラーゲンの生成を促す働きもあるため、ハリ・ツヤ効果も期待できます。

シミやそばかす、くすみだけでなく、ニキビを何とかしたい方や、年齢を重ねるごとに失われていく肌のハリを取り戻したい方におすすめです。

イオン導入

イオンの力で肌の奥まで有効成分を浸透させる

美しい肌を作るのに欠かせないビタミン類をイオン化させ、肌の奥まで浸透させる方法です。表参道スキンクリニックでは、医療用のイオン導入器を使って、高濃度のビタミンをたっぷりと、効率よく肌の奥まで浸透させます。

イオン導入の仕組み

皮膚に微弱な電気を流すとイオンが発生し、肌のバリア機能を一時的に弱めることができます。

ビタミンなどのシミに効果がある成分も、ただ表面から塗り込むだけではまったく浸透しません。ビタミン類に電気を流すと、マイナスを帯電するイオンになります。その状態でイオン導入器にマイナスを帯電させると、イオン導入器とマイナスイオン化した美容成分が反発し合い、肌の奥までどんどん浸透していくという仕組みです。

肌のバリア機能も一時的に弱めているので、普段はほんの少ししか浸透してくれないビタミン類も、マイナス同士が反発する力に押されて、どんどんと浸透していくのです。

ケミカルピーリング

古い角質を落とし、新しい肌を作らせる

ケミカルピーリングは、グリコール酸・乳酸・サリチル酸などを肌に塗ることで、皮膚に溜まった古い角質をポロポロ落として肌の新陳代謝を整える治療法です。

乾燥や紫外線、ストレスによって、肌のターンオーバーは乱れがち。正常にターンオーバーができずに古い角質が残ってしまうと、毛穴が黒ずんで肌にくすみやざらつきが目立つようになるうえ、ニキビの原因にもなります。

ケミカルピーリングは医療行為

医療機関ではないサロンやエステによるケミカルピーリングで肌トラブルが多発したため、2000年からケミカルピーリングは医療行為に指定されました。

表参道スキンクリニックでは、一人ひとりの肌をチェックして薬剤を調合し、ケミカルピーリングを行います。ケミカルピーリング後には、高濃度のビタミン類を浸透させるイオン導入を受けることもできます。

高濃度ビタミンC点滴

コラーゲン生成に不可欠なビタミンCを血液に直接注入

メラニンの生成を抑制し、シミや色素沈着を薄めるビタミンCを血液に直接注入する方法。だいたい1時間ほどで点滴は終わります。

点滴を受けられない方もいるので注意

高濃度ビタミンC点滴を受けるには体質の条件があります。G6PD異常症の方やG6PD活性の低い方は、高濃度ビタミンC点滴を受けられません。[※注]

「G6PDってなに?」という方でも大丈夫。表参道スキンクリニックでは、点滴をする前にG6PD検査をしてくれます。

[※注]G6PDとは、赤血球にある酵素。この酵素が少ない方に高濃度ビタミンCを投与すると、赤血球が破壊される溶血という現象が起こり「急性溶血性貧血発作」となってしまう可能性があるため、事前の検査が必要になります。

また、肝機能障害をお持ちの方や、透析中の方、脱水症状のある方も受けられないので、該当する症状がある場合は事前に相談してみてくださいね。

処方薬

もっとも手軽に行なえるシミ治療法

飲み薬や塗り薬などの処方薬を使って治療をしていく方法です。シミがそこまで濃くない年齢も若い方の場合、レーザーなどの治療法よりも処方薬が適している場合もあります。

表参道スキンクリニックでは、患者さんのシミの状態をしっかりと見極めたうえで最適な治療方法を提案してくれます。

表参道スキンクリニックの基本情報

表参道本院

住所 東京都渋谷区神宮前5-9-13喜多重ビル4F
アクセス JR「原宿駅」表参道口より徒歩約5分
東京メトロ「表参道駅」A1出口より徒歩約3分
東京メトロ「明治神宮前駅」より徒歩約3分
診療時間 月,火,木,金 11:00~20:00
土(祝日を除く) 11:00~19:00
日,祝 10:30~18:00

名古屋院

住所 愛知県名古屋市中区錦3-17-15 栄ナナイロ8F
アクセス 地下鉄 「栄駅」1番出口スグ
地下鉄 「久屋大通駅」
名鉄瀬戸線 「栄町駅」
診療時間 水,木,金,土,祝 12:00~19:00
日 10:30~17:30

大阪院

住所 大阪府大阪市北区曽根崎新地1-3-26ぐらんぱれビル5F
アクセス 地下鉄四ツ橋線 西梅田駅よりC-60出口すぐ
JR「北新地駅」11-21よりすぐ
JR「大阪駅」より徒歩6分
診療時間 火,水,金,土 12:00~19:00
日,祝 10:00~17:30

福岡院

住所 福岡県福岡市博多区博多駅前3-26-5 Mビル1号館8F
アクセス JR「博多駅」1番出口より徒歩6分
西鉄バス 博多駅前駅 徒歩5分
診療時間 水,木,金,土 12:00~19:00
日,祝 10:00~17:30

沖縄院

住所 沖縄県那覇市松尾2-8-19ドンキホーテ国際通り店ビル5F
アクセス モノレール「牧志駅」より徒歩7分)
診療時間 火,水,木,金,土 12:00~20:00
日,祝 11:00~19:00

サイトの運営者情報

「友利先生に聞く!正しいシミ対策ガイド」は、友利新医師、表参道スキンクリニックの監修・情報提供を元に、全研本社 ビューティー編集部が作成。

シミに悩む全ての女性に、シミに対する正しい理解と対策を知ってもらいたい!という思いで情報を提供しています。

サイト監修表参道スキンクリニック
友利 新医師

クリニック勤務と非常勤講師も務める女性医師

沖縄県宮古島出身の友利医師は、東京女子医科大学卒業後、東京女子医科大学病院の内科に勤務を経て皮膚科へ転科。現在は東京都内にある2つのクリニックに勤務の傍ら、琉球大学医学部の非常勤講師に就任しています。医師という立場から美容と健康を医療として追究しており、雑誌やテレビなどで美しく生きるための啓蒙活動を展開中です。

表参道スキンクリニックの公式HPはこちら