背中のしみ | 正しいシミ対策

背中にできやすいしみの種類とその原因、クリニックで受けられる治療法について調べました。気づきにくい背中のしみを防ぐための方法もまとめていますので、美肌づくりの参考にして。

背中にシミができる原因

背中にできるしみの原因は、主にニキビと日焼けです。ニキビは顔にできるものと同じく、皮脂の過剰分泌やターンオーバーの乱れなどによって毛穴に汚れが詰まり、アクネ菌が繁殖することで発生。

皮膚が炎症を起こし、その痕がしみとなって残ります(炎症性色素沈着)。自然と治癒するものですが、背中は肉眼でチェックしにくく美白ケアも疎かになりがち。知らず知らずのうちにしみが増えている、というケースも多いものです。

日焼けによる背中のしみのほとんどは、光線性花弁状色素班(海水浴後色素斑)と呼ばれるもの。1~2mmほどの花弁状の斑点で、淡褐色~濃褐色の色素沈着です。夏場に海水浴へ行く人や、背中の開いた服をよく着る人は要注意。紫外線でダメージを受けている皮膚はターンオーバーが乱れやすく乾燥も進むため、しみが増える傾向にあります。

長時間紫外線を浴びたり、強い紫外線をもろに受けてしまったりすると、背中にシミができやすくなります。紫外線の浴びすぎはメラニン色素を過剰に作ってしまいますので、それが蓄積されることでシミとなって現れます。また、背中は皮脂腺が多い箇所なので、汗やシャンプーの洗い残しなどが毛穴に詰まってニキビができやすいです。そのほか、下着が擦れて摩擦でニキビができることもあります。背中のシミは、このようなニキビがそのまま定着してシミになってしまったというパターンも多いのです。このほかにも、ストレスが原因で背中にシミができるというケースもあります。ストレスが溜まると、体内で活性酸素という物質が過剰に分泌されます。活性酸素は適切な量だと問題ないのですが、増えすぎると良い細胞まで破壊してしまってシミの元となるメラニンを排除できなくなります。その結果、シミができてしまうのです。背中は特に自分からは見えない部分なので、シミができても気付かないことがほとんどでしょう。日頃から鏡などでこまめにチェックして、何か問題がないか確認することが大事です。

日常的にできる対処法

気づきにくい背中のしみを防ぐためには、以下のような点に気をつけてください。

紫外線を浴びないようにする

背中の日焼けを予防するにはUVカットクリームが有効ですが、部位が部位だけに塗りにくいのがネック。誰かに塗ってもらえればよいですが一人では限界があり、塗り残しが多くなる恐れがあります。そのため、背中の紫外線対策には衣服等でのガードが一番。背中の大きく開いたファッションは避け、できるだけ紫外線を浴びないようにしましょう。服の色は黒よりも白の方が紫外線を通しにくいですが、UVカット効果のある服・ストールを利用するのが最も効果的でしょう。

摩擦・刺激を避ける

ニキビなどの炎症がしみの原因となっている場合は、摩擦や刺激を避けることが重要。皮膚に刺激のある素材の服を着ない・ナイロンタオルでゴシゴシ洗いをしない・合成界面活性剤が入ったボディーソープを使用しない、などです。皮脂や汚れを落とそうと力を入れると逆効果になってしまうため、顔と同様に優しいケアを心がけてください。

体の洗い方を変えてみる

背中は手が届きにくい箇所なので、スポンジでごしごし洗ったり、湯船に浸かる前にそのまま洗ったりしている人が多いでしょう。しかし、実はそのような洗い方はシミができる原因になっているのです。いきなり洗ってしまうと毛穴がきちんと開いていないので、汚れがしっかり落ちない可能性が高いです。そこで、背中を洗うときのポイントについてご紹介していきます。

  1. 1.洗う前のポイント

    背中を洗う前に、まず先に湯船に浸かっておくことをおすすめします。最初に湯船に浸かっておくことで、皮膚を柔らかくすることができ、毛穴の開きが良くなります。毛穴の開きが悪いと汚れや皮脂が詰まったまま綺麗に取り除けないことが多いので、それがシミを作る原因になるのです。背中のシミを改善・予防するには、先に湯船に浸かってから洗うようにしましょう。

  2. 2.洗うときのポイント

    背中を洗うときのポイントとしては、手で撫でるように優しく洗うことです。また、肌に刺激を与えないように素材の良いスポンジを使うことも大事です。ごしごし擦ると皮膚を傷つけてしまうため、注意しましょう。クレイという成分が入った石鹸やシャンプーは、毛穴の汚れをしっかり落としてくれるのでおすすめです。洗いにくいTゾーンなどの部分は、背中を丸めて洗うといいでしょう。

生活習慣を見直す

不規則な生活習慣を送っていると、女性ホルモンのバランスが乱れたり、肌のターンオーバー機能が正常に働かなくなったりなどのトラブルが起こります。その結果、体内に蓄積されたメラニン色素や老廃物がうまく排除されず、シミになって現れるのです。そのため、シミを改善するには規則正しい生活を送るように心がけることが大事です。栄養の偏った食事や睡眠不足、過剰なストレスの蓄積などといった不規則な生活習慣を見直していきましょう。アロマを焚いたり、自分の好きなことをしたりして、心身共にリラックスできる時間を作るといいです。そのような時間を少しでも作ることでストレスが緩和され、シミの改善・予防に繋げることができます。

栄養バランスの取れた食事

背中のシミを改善・予防するには、食生活を見直すことが大事です。では、どのような食生活を心がければシミを改善できるのでしょうか。おすすめの食事法についてご紹介します。

摂取したほうがいい栄養素

シミを改善・予防するには、まずビタミンCを含む食材を多く摂ることです。ビタミンCには、シミの原因となる活性酸素を除去してくれる効果があります。また、綺麗な肌を作るために必要なコラーゲン成分の生成を助けてくれる働きがありますので、シミのない美しい肌を手に入れることができるでしょう。そのほか、ビタミンB2やL-システインなどの成分は、肌のターンオーバー機能を促進してくれるのでおすすめです。シミができるのはターンオーバー機能が低下して、新しい肌に生まれ変わることができなかったことが原因である場合が多いです。そのため、食事で必要な成分をしっかり補ってターンオーバー機能を正常に働かせましょう。また、リコピンやアスタキサンチン、エラグ酸などの成分には、高い抗酸化作用があるので体内の余分な活性酸素を綺麗に排除してくれるでしょう。

控えたほうがいい食事

逆に避けたほうがいい食材は、脂分の多い食べ物やチョコレート、ケーキなどの糖分が高い食べ物です。また、せんべいなどのお菓子はもち米が原料になっているため、あまり食べすぎるのは良くありません。このような食べ物ばかり食べていると皮脂の分泌量が増えてしまい、体内に余分な活性酸素が蓄積されていきます。それが元で背中などにシミができてしまうので、できるだけ控えるようにしましょう。また、コーヒーや紅茶などのカフェインを含む飲み物を摂りすぎることもシミを作る原因になります。カフェインには、肌のターンオーバーを促進してくれるビタミンB群の働きを妨げてしまう作用があります。過剰に摂取するとターンオーバー機能が弱まり、シミがそのまま定着してしまうことになりますので、ほどほどに飲むことを心がけましょう。

美白化粧品を使って対策

普段使用している美白化粧品は背中のシミにも効果的。美白化粧品に含まれている成分には、メラニンの働きを抑制したり、シミを薄くしたりする作用があると言われています。背中のシミ改善に効果がある主な成分は「ハイドロキノン」と「ビタミンC誘導体」の2つ。ここからは背中のシミ改善に有効な成分、ハイドロキノンとビタミンC誘導体にはどのような効果があるのか紹介します。

背中のシミに効く成分

ハイドロキノン

ハイドロキノンはシミ予防に効果的な成分です。背中のシミの原因であるメラニン色素の生成を抑えるのに加え、メラニン色素を生成する細胞を減らします。その効果は、美白成分としてよく使われるビタミンCやプラセンタの約10~100倍。そのため、ハイドロキノンは肌の漂白剤とも言われています。また、シミの改善にも効果があり、皮膚に沈着したメラニン色素にまで働きかけてくれるのも魅力です。ただし、刺激の強い成分であるため、人にはよっては炎症や赤みを伴う場合があります。使用する前には、必ずパッチテストを行いましょう。

ビタミンC誘導体

肌の調子を整えてメラニン色素の排出を促してくれる「ビタミンC誘導体」。美肌効果で有名なビタミンCを肌に浸透しやすくするめに改良した成分です。シミは紫外線によるダメージで生じたメラニンが、肌の奥に蓄積されて上手く排出しなかったことが原因。ビタミンC誘導体には肌代謝の乱れを整え、メラニンを正常に排出する効果があるようです。厚生労働省から効果がある美白成分として認定されています。その他にも、メラニン色素の生成を阻害する働きがあり、シミの予防にも効果的です。ただし、ニキビなどで炎症ができている場合は成分が刺激となり、症状を悪化させる恐れもあります。この場合は自己判断での使用は避け、皮膚科などの専門医に相談するようにしましょう。

背中のシミの治療法

セルフケアで効果が出ない場合は、皮膚科・美容皮膚科で治療するようにしましょう。ここからは背中のシミ改善に効果的な治療法をご紹介します。

レーザー治療

クリニックで行われているレーザー治療では、肌にダメージを与えずシミを改善することができます。レーザーでシミ部分を照射して、シミの原因であるメラニン色素を分解。メラニン色素のみに反応するので、皮膚への影響もほとんどありません。また、シミを短期間で除去してくれるのもレーザー治療の魅力。美白化粧品やサプリメントは肌の新陳代謝を整えることで、自然にシミを薄くしますが、レーザーはメラニン色素に直接作用するため早期解決が期待できます。人によって個人差はありますが薄いシミでは1回、濃いシミだと2~3回で除去することが可能です。ただし、レーザー治療は肌が少しでも日焼けしていると治療できないので、治療前の日焼けは避けましょう。

光治療

光治療は細胞を活性化して、シミを改善に導いてくれるのが魅力。光を体全体に照射し、表皮のターンオーバーを整え肌の再生能力を高めます。レーザー治療は光エネルギーをピンポイントで当てるのに対して、光治療は体に光を照射。それにより、治療回数を減らせ肌への負担が少なく安全に治療を行うことができます。

光治療で背中の治療に効果が高いとされているのが、「ライムライト」。シミの元であるメラニンにダメージを与えて、シミトラブルを改善してくれます。日本人はメラニンが多い体質であるため光治療を行うと、赤みや強い痛みが生じていました。ライムライトはそのようなデメリットを解消するために、日本人向けに開発された光治療機器です。肌に優しい光を使っているため、痛みがないのも大きなメリットになっています。

ピーリング

ピーリングはシミ改善にとても効果的。ピーリングとは古い角質を除去し肌細胞を活性化することで、シミを改善に導く治療法です。ピーリングにはレーザー熱を利用して古い角質を取り除き、肌細胞を活性化する「レーザーピーリング」とピーリング剤を使用して肌の新陳代謝を高める「ケミカルピーリング」などがあるので、自分の症状に合った治療法を選択するようにしましょう。ただし、炎症を伴っているニキビがある場合や、日焼けをしている場合は治療できないケースがあるので、治療前には必ず医師に確認してください。

そのほかの治療法

皮膚科・美容皮膚科では機械を用いて行う施術の以外にも、「内服治療」「美白注射」「美容高濃度ビタミンC点滴」などの治療法があります。これらは、機械を使ってシミに直接働きかけるのではなく、体の内部からシミを改善する方法です。

  1. 内服治療

    内服薬に含まれる主な成分はビタミンC、トラネキサム酸、L-システインの3つです。メラニン色素の生成を抑えたり、メラニンおよび古い角質を排出したりするなど、さまざまな効果があります。レーザーや光治療に比べて費用が安く、手軽にはじめられるのがメリットです。

  2. 美白注射

    シミ対策で必要なトラネキサム酸やビタミンC、ビタミンEなどの成分を注射によって体内に補給する治療法です。メラニンの過剰生成を抑制して、色素沈着や日焼けによる肌へのダメージを解消。血液内に薬剤を直接注入するため、内服薬よりも早い効果を得られます。

  3. 美容高濃度ビタミンC点滴

    メラニン色素の生成を抑える効果があるビタミンCを血液の中に注入する方法です。これにより、血液中のビタミンC濃度が高まり、強力な抗酸化作用を発揮。シミの改善はもちろん、日焼けした後の肌ダメージのケアを行います。

<シミ治療でおすすめの美容クリニックBEST5>

シミを消したいあなたへ 本気で選んだ美容クリニックBEST5