背中のしみ | 正しいシミ対策

背中にできやすいしみの種類とその原因、クリニックで受けられる治療法について調べました。気づきにくい背中のしみを防ぐための方法もまとめていますので、美肌づくりの参考にして。

背中にシミができる原因

背中にできるしみの原因は、主にニキビと日焼けです。ニキビは顔にできるものと同じく、皮脂の過剰分泌やターンオーバーの乱れなどによって毛穴に汚れが詰まり、アクネ菌が繁殖することで発生。

皮膚が炎症を起こし、その痕がしみとなって残ります(炎症性色素沈着)。自然と治癒するものですが、背中は肉眼でチェックしにくく美白ケアも疎かになりがち。知らず知らずのうちにしみが増えている、というケースも多いものです。

日焼けによる背中のしみのほとんどは、光線性花弁状色素班(海水浴後色素斑)と呼ばれるもの。1~2mmほどの花弁状の斑点で、淡褐色~濃褐色の色素沈着です。夏場に海水浴へ行く人や、背中の開いた服をよく着る人は要注意。紫外線でダメージを受けている皮膚はターンオーバーが乱れやすく乾燥も進むため、しみが増える傾向にあります。

背中のシミの治療法

背中のしみにも、普段使用している美白化粧品が有効です。背中のしみはメラニン色素が角質の奥に付着しているため、浸透力の高い成分が配合されているものを選びましょう。おすすめなのは、ハイドロキノン・トラネキサム酸・ビタミンC誘導体・アルブチンなど

ただし、ニキビなどで炎症ができている場合は成分が刺激となり、症状を悪化させる恐れもあります。この場合は自己判断での使用は避け、皮膚科などの専門医に相談するようにしましょう。

セルフケアで効果が出ない場合は、皮膚科・美容皮膚科での治療が◎。レーザー治療はメラニン色素をピンポイントで破壊でき、皮膚の新陳代謝を高める効果もあるので人気を集めています。また、炎症性色素沈着にはハイドロキノンを含む外用薬も効果的。市販されているハイドロキノン化粧品よりも成分の含有量が高いので、よりスピーディーな効果が期待できます。

<シミ治療でおすすめの美容クリニックBEST5>

日常的にできる対処法

気づきにくい背中のしみを防ぐためには、以下のような点に気をつけてください。

紫外線を浴びないようにする

背中の日焼けを予防するにはUVカットクリームが有効ですが、部位が部位だけに塗りにくいのがネック。誰かに塗ってもらえればよいですが一人では限界があり、塗り残しが多くなる恐れがあります。そのため、背中の紫外線対策には衣服等でのガードが一番。背中の大きく開いたファッションは避け、できるだけ紫外線を浴びないようにしましょう。服の色は黒よりも白の方が紫外線を通しにくいですが、UVカット効果のある服・ストールを利用するのが最も効果的でしょう。

摩擦・刺激を避ける

ニキビなどの炎症がしみの原因となっている場合は、摩擦や刺激を避けることが重要。皮膚に刺激のある素材の服を着ない・ナイロンタオルでゴシゴシ洗いをしない・合成界面活性剤が入ったボディーソープを使用しない、などです。皮脂や汚れを落とそうと力を入れると逆効果になってしまうため、顔と同様に優しいケアを心がけてください。

シミを消したいあなたへ 本気で選んだ美容クリニックBEST5