顔のしみ | 正しいシミ対策

顔にできるシミの原因と、その治療法についてリサーチしました。それぞれの治療法の特徴や効果、顔のシミを防ぐための予防法などもチェックしておきましょう。

顔にシミができる原因

顔はもっともシミができやすく、そして気になる部分でもあります。ではなぜ、顔にシミができてしまうのでしょうか?その原因をまとめてみました。

紫外線

シミの原因にはさまざまなものがありますが、8割は紫外線と言われています。紫外線を浴びると皮膚は細胞を守ろうとメラニン色素を生成、肌が褐色になるのはそのためです。通常は、不必要になったメラニン色素は皮膚の生まれ変わり(ターンオーバー)とともに体外へ排出されます。

しかし、加齢・間違ったスキンケア・乾燥・睡眠不足・ストレスなどでターンオーバーが乱れるとメラニン色素が排出できず、そのまま皮膚に残ってシミになってしまうのです。

ホルモンバランス

女性ホルモンバランスの乱れも、シミの発生に繋がるとされています。ホルモンバランスの乱れによってできるシミの多くは「肝班」。目の周りを避けて、頬の上や額などに左右対称に現れるのが特徴です。とくに30~50代の女性に多く見られ、妊娠・ストレス・生活習慣の乱れ・内臓トラブルが原因で発生します。

酸性体質

酸性体質の人は、シミができやすい傾向にあります。砂糖・肉類・脂肪・コーヒー・タバコを好む人は、体液のPH(ペーハー)が酸性に傾きやすいのが特徴。酸性体質になるとメラノサイト(色素細胞)の働きを活発化させるチロシナーゼという酵素が増え、その結果シミができやすくなるのです。

顔のシミの治療法

顔のシミを改善する治療法には、主に以下のようなものがあります。

レーザー治療

顔にできたシミに即効性のある治療法は、レーザー治療。メラニン色素に直接作用して細胞を破壊し、短期間での改善が期待できる方法です。とくに、経年変化で濃くなってしまったシミに有効。シミの状態にもよりますが、多くの場合1~3回ほどの照射で効果が見られるとされています。以前は肝班へのレーザー治療は禁忌とされていましたが、最近では肝班専用のレーザーもあるので安心です。

光治療

「顔にレーザーを当てるのはちょっと怖い」と言う方には、光治療(フォトフェイシャル・IPL)もあります。レーザーよりも波長の弱い光を使うため、刺激がマイルドで痛みもほとんどなし。ダウンタイムも少なく、シミ以外の肌トラブル改善にも役立ちます。ただし、1回の施術で効果が実感できることは少なめ。状態によりますが、3~5回ほどの照射が必要です。

外用薬・内服薬

美白成分を含んだ外用薬・内服薬を使用することもできます。外用薬ではハイドロキノンやトレチノイン、内服薬ではトラネキサム酸やビタミンCの処方が一般的。どれもメラニン色素の抑制や代謝アップに効果があるもので、身体の内外からアプローチしてシミを効果的に撃退します。

<シミ治療でおすすめの美容クリニックBEST5>

日常的にできる対処法

顔にシミを作らないようにするには、日頃からの対策が必要です。

紫外線対策

顔は紫外線の影響を受けやすい部分ですから、常に日焼け対策をしておくことが大事。季節・天候・室内外にかかわらず、きちんと日焼け止めを塗って紫外線からのダメージを防ぐようにしましょう。紫外線のダメージは皮膚に蓄積し、数年後にシミとなって現れます。将来のお肌のためにも、毎日の対策を忘れないようにしてください。

生活習慣の改善

睡眠不足・運動不足・偏った食生活などは、ホルモンバランスやターンオーバーの乱れに直結します。身体のコンディションが悪いときほどシミは発生しやすくなるため、常にベストなコンディションをキープできるよう生活習慣を整えましょう。身体の状態が良好であれば免疫力・バリア機能も高まり、シミができにくくなります。

嗜好品を控える

タバコ・コーヒーなどのカフェイン・菓子類などの嗜好品は、できるだけ摂取を控えることが大切。どれも、体内に活性酸素を増やしてメラニン生成を活性化させる原因です。とくに、タバコはシミができやすくなるだけでなく、治りにくい体質になるので禁煙をおすすめします。

シミを消したいあなたへ 本気で選んだ美容クリニックBEST5