足のしみ | 正しいシミ対策

足にできやすいシミの種類と、その原因についてリサーチ。レーザーや薬剤を使用した治療法や、心がけたい予防・対策法についてもご紹介しています。

足にシミができる原因

足に現れるシミは、炎症性色素沈着であるケースが多いです。炎症性色素沈着とは、ニキビ・肌荒れ・アトピー性皮膚炎・虫さされ・引っかき傷などの痕が黒ずんでしまったもの。

とくに、虫刺されやアトピー性皮膚炎などで皮膚を掻くことが多い人、カミソリでムダ毛処理を行っている人、ナイロンタオルで身体を洗う習慣がある人は炎症性色素沈着になりやすいとされています。また、炎症の痕が残っても足に美白ケアを行う人は少ないもの。これも、シミを増やす原因となっているようです。

ミニスカートやハーフパンツなどを愛用していて足が紫外線にさらされやすい人は、老人性色素斑になりやすい傾向があります。海水浴に行くときは足までUVカットクリームを塗りますが、普段から塗っているという人は少ないのではないでしょうか。どんなときでも肌は紫外線の受けている、ということを忘れないようにしたいものです。

足にできたシミの治療法

足にできたシミを改善する方法は、顔のシミ消しと同様。顔に使用する美白化粧品を足につけるだけで、徐々にシミの色が薄くなっていくはずです。塗るのはシミのある部分だけでOKなので、広範囲に使用する必要はありません。メラニン色素の抑制・排出にはハイドロキノン・ビタミンC・ルシノール・トラネキサム酸などの美白成分が有効です。自分の肌に合ったものを選ぶようにしましょう。

できてから時間が経ってしまったものや、色が濃くて盛り上がっているシミなどは、美白化粧品ではなかなか改善が望めません。こういったシミには、医療機関でのレーザー治療がおすすめ。皮膚に滞ったメラニン色素をピンポイントで破壊してくれるため、スピーディーな改善が期待できます。

<シミ治療でおすすめの美容クリニックBEST5>

日常的にできる対処法

足にできるシミを防ぐためには、日頃から以下のようなポイントに注意しましょう。

炎症を悪化させない

ニキビ・アトピー性皮膚炎・虫さされなどによる炎症性色素沈着を予防するには、かゆみがあっても決して掻かないことが第一。症状に適したかゆみ止めを塗り、自然と炎症が治まるのを待ちましょう。とくにアトピー性皮膚炎の人は皮膚が乾燥してかゆみが出ることも多いため、保湿ケアを徹底することも重要です。

紫外線を避ける

紫外線によるダメージを避けることも大事。シミ対策としては長袖・長ズボンがおすすめですが、どうしても肌を露出する場合はきちんと日焼け止めを塗ること。季節・天候に関わらず、一年中紫外線対策は忘れないようにしましょう。万が一日焼けをしてしまったらすぐに足を冷やし、美白・保湿化粧品でしっかりケアを。

足のシミと間違えやすい病気

シミは、紫外線や肌が傷つくことによるダメージなどが原因で現れることがあります。一般的に、シミはこうした生活環境の中で引き起こされるものが多いですが、実は病気からシミのようなものが発生することもあるのです。その病気とは、皮膚がんのこと。皮膚がんの初期症状として、手や足にシミが現れることがあります。

見分け方についてですが、シミには様々な種類があるので、自分で見分けるのが難しいとされています。単なるシミだと思って放置しておくと、最悪の場合死に至るケースも。そうならないためにも、皮膚科や美容皮膚科などに行って医師の診断を受けておくのが安心です。また、日々のケアを怠らないようにして、シミを予防することも忘れずに。

シミを消したいあなたへ 本気で選んだ美容クリニックBEST5