友利新先生が教えるシミ対策ガイド

友利新先生が教えるシミ対策ガイド

友利新先生が教えるシミ対策ガイド
MENU
顔のシミを改善・予防するための正しい対処法 » 炎症性色素沈着の正しい対策・治療法ガイド » 炎症性色素沈着の予防方法

炎症性色素沈着の予防方法

肌のターンオーバーが上手に機能せず、ニキビ跡による傷が炎症を起こしてシミとなって残る炎症性色素沈着。ここのページでは、炎症性色素沈着に原因や予防法、できてしまった時の改善法についてまとめました。

炎症性色素沈着の原因・メカニズム

炎症性色素沈着は肌が弱い人にできやすいシミの一つで、ニキビ跡やムダ毛処理で肌が傷ついて炎症することが原因で起こります。炎症を自然治癒力で治そうすると、シミの原因であるメラニン色素を生成するメラノサイトを活性化してしまうため、メラニン色素の量が増えてシミになるのです。

炎症性色素沈着には一時性の炎症後色素沈着と慢性の色素沈着があります。軽い炎症であれば肌のターンオーバーで自然に除去され、新しい皮膚へと再生。これが一時性の炎症後色素沈着と呼ばれています。慢性の炎症性色素沈着は、炎症を慢性的に繰り返したせいで、皮膚の真皮までダメージが到達してしまい、ターンオーバーでは改善できないことも。レーザーや処方薬での治療が必要なケースも少なくありません。

炎症性色素沈着の予防法

炎症性色素沈着の予防には、紫外線対策が大切です。なるべく肌のダメージを最小限に抑えるようにしましょう。もしも、日焼けや虫刺されなどで炎症を起こした場合は、炎症をなるべく早めに抑えることで色素沈着によるシミを薄くできます。炎症を抑える時は患部を冷却・抗炎症作用を持つ薬・化粧品でケアを行ないましょう。

常に肌のターンオーバーを整えて正常に働くことも炎症性色素沈着の予防には大切です。スキンケアで清潔かつ潤いのある肌をキープするだけでは十分ではありません。ストレス・偏食・睡眠不足によっても肌のターンオーバーは乱れてしまいます。ビタミン類の摂取も必要です。不規則な生活習慣・食生活を改善して肌のターンオーバーを整えておきましょう。

炎症性色素沈着を悪化させない!自分でできる改善法

栄養バランスの取れた食事

炎症性色素沈着の改善のために、自分でできる方法の一つが栄養バランスの摂れた食事をすること。これにより、肌のターンオーバーを促します。皮膚の再生に良いとされている栄養素の亜鉛やたんぱく質、ビタミンA を積極的に摂取すると良いですよ。

生活習慣の改善

肌のターンオーバーは睡眠が深く関係しています。寝不足の状態だと肌荒れになってしまうことも。肌のターンオーバーを整えるなら6時間以上の睡眠が必要です。睡眠をしっかりと取れれば、すでにできてしまった炎症性色素沈着の改善だけではなく、新しい炎症性色素沈着の予防にもなります。

適度な運動で代謝をアップ

代謝を良くすることは、炎症後色素沈着にとって重要だと言われています。運動をすると血流が促進されて肌の毛細血管の隅々にまで十分な酸素と栄養が届くようになるためです。さらに、発汗により毛穴に詰まった余分な皮脂が排出されます。運動時間の目安は一日あたり約20分で十分です。息が切れるくらい激しく運動すると、活性酸素を増加させてシミの生成に繋がってしまいます。ターンオーバーの促進が目的の場合は、息が乱れない程度の運動が最も効果的です。

炎症性色素沈着を悪化させないためにも、自分でできる改善法があります。自分に合った予防法を試してみましょう。

この記事の参考サイト・文献