友利新先生が教えるシミ対策ガイド

友利新先生が教えるシミ対策ガイド

友利新先生が教えるシミ対策ガイド
MENU
顔のシミを改善・予防するための正しい対処法 » 炎症性色素沈着の正しい対策・治療法ガイド » 炎症性色素沈着のセルフケア方法

炎症性色素沈着のセルフケア方法

「簡単に自分で炎症性色素沈着を薄くしたい!」という人に向けて、化粧品や市販薬、サプリメントなどのセルフケア方法についてまとめました。できてしまった炎症性色素沈着だけでなく、作ってしまわないためにもセルフケアは大切です。自分のライフスタイルに合った方法を選び、自宅でも炎症性色素沈着を改善しましょう。

化粧品・スキンケア

いつものスキンケアで使っている化粧品を、有効成分が配合された「美白化粧品」に変えてみると、炎症性色素沈着を薄くするのに効果的です。炎症性色素沈着のケアをする際には抗炎症作用を持つ美白成分が配合されているかを確認することが大事。購入する際には成分表を見て、以下の成分が含まれているものを選ぶと、炎症性色素沈着の改善につながります。

炎症性色素沈着にはこの成分!

ハイドロキノン/コウジ酸/グルコシルセラミド/グルコシルセラミド

スキンケアのポイント

スキンケアのポイントをも把握しておくことで、より美白化粧品の効果を実感できるようになります。スキンケアを行なう際には、炎症性色素沈着の原因である肌へのダメージはNGです。キレイに皮脂を落としたいからとゴシゴシ洗うと、必要な皮脂も落ちてしまい、乾燥肌になり余計に肌を傷つけてしまいます。汚れを落とす際には優しい手つきで洗いましょう。最後には保湿性の高い美容液で肌荒れ・ニキビの予防が大切です。

市販薬

炎症性色素沈着を改善するのに効果的な市販薬は、体の内側から効果を発揮する飲み薬と患部に直接塗るクリームの2パターンがあります。ドラッグストアで購入でき、気軽に始めることができるセルフケアです。長期間服用・塗布し続けると効果があらわれ始めるので、時間をかけてケアをしましょう。市販薬を選ぶ時は、化粧品と同じように炎症性色素沈着の改善に有効な成分が配合されているか確認することが大切です。

メラニン色素の生成を防ぐならこの成分!

ビタミンC/ハイドロキノン/アルブチン/イソフラボン

ターンオーバーを促すならこの成分!

トレチノイン/ビタミンA/ビタミンB

シミを薄くするならこの成分!

コウジ酸/ハイドロキノン

メラノサイトの働きを阻害するならこの成分!

トラネキサム酸/ハイドロキノン

市販薬と処方薬の違い

市販薬は病院でもらう処方薬とは違い、手軽に手に入れることができるため、効果の強い成分はあまり使われていません。そのため副作用の心配はないのですが、炎症性色素沈着を薄くする効果が処方薬よりも低いというデメリットがあります。

サプリメント

体のなかから肌のターンオーバーをサポートできるサプリメント。通常の食事からはなかなか摂れない美容効果の高い成分を手軽に摂取することができます。ただし、数ヵ月以上飲み続けないと効果を実感できません。常に飲み続けることを考えないといけないため、コストパフォーマンスに優れたサプリメントを選ぶのがおすすめ。

ビタミン類の成分は日常生活のなかで常に消費されているため、食事だけではビタミン類が不足がちな方の数が多い傾向に。足りない分はサプリメントで補うと良いですよ。

また、タバコやお酒は多くのビタミン類を消費するので、炎症性色素沈着を治療している間は禁煙・禁酒を心がけましょう。

炎症性色素沈着の改善が期待できるのはこの成分!

L-システイン/アルブチン/ビタミンC/トラネキサム酸/ブライトニングパイン/大豆イソフラボン

サプリメントを選ぶポイントとは?

安全性・有効成分の含有量・価格をチェックしてサプリメントを購入しましょう。安全面ではサプリメントを製造している工場で世界基準の品質管理を徹底しているかのチェックが大事です。有効成分の含有量は成分表の1番目と2番目を見ると、そのサプリのなかで、多く配合されている成分がわかります。そのポイントを押さえ、長期間服用できる価格かどうかをチェックしましょう。

セルフケアだけで本当に炎症性色素沈着は消える?

化粧品や市販薬、サプリメントなどのセルフケアで炎症性色素沈着を完全に消し去ることは、なかなか難しいです。これらのケア用品に配合されている有効成分は、新しく増える炎症性色素沈着の抑制や、色の濃い炎症性色素沈着を薄くするという効果だけ。市販薬やサプリメントの場合、効果があらわれるまで使い続けなければいけません。「炎症性色素沈着を今すぐどうにかしたい!」と思う方にとって、セルフケアは遠回りになってしまいます。

炎症性色素沈着はクリニックでも改善できる!

炎症性色素沈着はセルフケアだけではなく、クリニックでも除去することが可能です。レーザーやケミカルピーリングなどを用いて、肌のターンオーバーを促進して角質層に潜むメラニン色素を排出します。メラニン色素にだけ反応するので、正常な皮膚には影響がありません。さらに真皮層のコラーゲンの生成をサポートする働きを持っているため、ハリのある肌を手に入れることができます。