友利新先生が教えるシミ対策ガイド

友利新先生が教えるシミ対策ガイド

友利新先生が教えるシミ対策ガイド
MENU
顔のシミを改善・予防するための正しい対処法 » 炎症性色素沈着の正しい対策・治療法ガイド » 炎症性色素沈着のセルフケア方法 » 市販薬(炎症性色素沈着)

市販薬(炎症性色素沈着)

ニキビや傷が炎症することによって発生する炎症性色素沈着。実はドラッグストアで簡単に購入できる薬でも炎症性色素沈着を改善できます。ここのページでは市販薬に配合されている炎症性色素沈着に対して効果的な成分について紹介しているので、ぜひご覧ください。

市販薬に含まれる炎症性色素沈着に効果的な成分

以下の成分が含まれている薬は炎症性色素沈着の改善効果が期待できます。メラニン色素の生成を抑制する成分や肌のターンオーバーを促す成分、シミに直接作用する成分などでシミ治療が可能です。炎症性色素沈着を改善する際には、表示されている市販薬の成分表をしっかりと確認しましょう。

メラニン色素の生成を抑える成分

ビタミンC・ハイドロキノン・アルブチン・イソフラボンなどは、メラニン色素の生成を抑制する働きを持つ成分です。ニキビや傷ができた段階で服用すれば、炎症性色素沈着の予防につながります。

肌のターンオーバーを促進する成分

トレチノイン・ビタミンA・ビタミンBには、生成されてしまったメラニン色素を排出する効果があります。肌のターンオーバーを促し、沈着したメラニン色素を角質ごと除去することが可能です。肌のターンオーバーが促進されると、ニキビの改善にもなります。

直接シミに作用する成分

コウジ酸やハイドロキノンは外用薬として塗布すると、肌へ浸透してシミを薄くする効果が期待できます。また、この2つはメラニン色素の生成を抑える働きを持っている成分です。

メラノサイトの働きを阻害

メラニン色素を生成するメラノサイトの活性化を抑制するトラネキサム酸やハイドロキノン。クリームや外用薬として含まれています。メラニン色素を作り出そうとする肌細胞の情報伝達をブロックして、メラノサイトの働きを阻害。内服薬として病院から処方されるケースもあります。

市販薬で炎症性色素沈着を改善できる?

市販薬でも長い期間服用・塗布し続ければ炎症性色素沈着を改善できることが可能です。もともと薄い色素沈着や小さなシミなどは効果を実感できるでしょう。ドラッグストアで購入できるので、気軽かつ手軽に購入できますよ。

しかし濃くて大きな場合、これ以上に悪化することは防げても、完全に消すことは難しいです…。濃くて大きな炎症性色素沈着を確実に消したい方は、クリニックで診察を受けて医師から処方箋をもらって治療を行ないましょう。またはクリニックのケミカルピーリングを受けて、肌のターンオーバーを促進して炎症性色素沈着を治療してもらうのも一つの手です。

この記事の参考サイト・文献