友利新先生が教えるシミ対策ガイド

友利新先生が教えるシミ対策ガイド

友利新先生が教えるシミ対策ガイド
MENU
顔のシミを改善・予防するための正しい対処法 » 炎症性色素沈着の正しい対策・治療法ガイド » 炎症性色素沈着の治療法

炎症性色素沈着の治療法

このページの監修表参道スキンクリニック
友利 新医師

炎症性色素沈着の治療法を友利先生が解説!

シミの一種である炎症性色素沈着。ニキビやキズの炎症が綺麗に治らないのが原因となるシミで、「炎症後色素沈着」とも呼ばれています。

ここでは、友利先生と一緒に、炎症性色素沈着の発生する原因や治療法について解説していきます。

できてしまった炎症性色素沈着を改善するには

ここでは、数あるシミの中でもニキビやアトピー性皮膚炎から起きやすい「炎症性色素沈着」について紹介しています。

レーザー治療や光治療をはじめとした治療の特徴や、シミごとに適した治療法を記載しているので要チェックです。万が一、発生したシミに適切でない治療をしてしまうと、「余計に症状が悪化する」「思っていたほど効果を得られない」といったケースも考えられます。治療の方法によってどのくらいの効果が得られるのか、自分のシミに合った治療はどれか確認してみると良いでしょう。治療法は複数存在するので、1番良い治療法を選んでくださいね。

レーザー治療

レーザー機器を用いてシミを消すのがレーザー治療です。炎症性色素沈着をはじめさまざまなシミ治療に対応しています。

レーザー機器には複数の種類があり、その中でも強い力を持つレーザーを使うことで、肌表面だけでなく肌の奥深くに色素が存在するシミでも除去。ほかの治療法ではなかなか消えないシミにも対応が可能な治療法です。

比較的効果が現れやすいので「早く効果を実感したい」、「濃いシミを消したい」と考える人に適しています。

Qスイッチレーザー

炎症性色素沈着をはじめ、さまざまなシミやアザの治療に適しているスイッチレーザー。機器には種類が複数あり、機器によってレーザーの強さが異なります。

肌の内部に色素が沈着した濃いシミのほかに、できたばかりの薄いシミでも対応。各シミに対して適切な強さで照射できるので、炎症性色素沈着の原因を根本から解決してくれるでしょう。

レーザーフェイシャル

レーザー治療の中ではマイルドな威力のレーザーを広範囲にわたって照射するのがレーザーフェイシャルです。炎症性色素沈着の色素に直接ダメージを与えて除去してくれます。

レーザーを照射することで肌が活性化し「毛穴を引き締めてキメの整った肌にする」、「コラーゲンを生成してハリのある肌へ導く」といったメリットも。ピンポイントでシミを治療するのではないため、顔の広い範囲にシミが存在している方に適した治療法です。

フラクショナルレーザー

炎症性色素沈着によるシミの除去や、肌の美白効果が期待できるフラクショナルレーザー。紫外線によって過剰発生したメラニン色素に対してレーザーを照射し、もともとある古い皮膚を新しい皮膚へと変えていきます。

複数回にわたってレーザーを継続的に照射し、溜まっていたメラニン色素が剥がれ落ち、シミが薄くなっていく治療法です。

炎症性色素沈着のレーザー治療について解説!

友利先生が教える
シミの治療法

レーザー治療は炎症性色素沈着を薄くする治療の中で、最も短期間で効果を感じられる治療法です。シミ部分にレーザーを繰り返し照射すると、メラニンは少しずつ排出されます。炎症性色素沈着を起こしている部分には多くの黒色メラニンが集まっているので、レーザーでピンポイントに働きかけると効率的にシミを薄くすることが可能です。痛みが少ない負担の少ない治療法で、ダウンタイムの心配もありません。

炎症性色素沈着のレーザー治療についてもっと詳しく>>

光(IPL)治療

IPL(インテンス・パルス・ライト)という光を顔全体に照射してシミを改善していく光(IPL)治療。IPLを当てると乱れていた肌のターンオーバー周期が正常になり、徐々にシミを薄くしていきます。

シミを1つひとつ除去していくレーザーとは違って広い範囲にわたって弱い光を当てていくため、肌が弱い人でも受けられる治療法です。

顔の広範囲にシミが発生している人や、時間をかけてゆっくり治療していきたい人に適しているでしょう。

フォトフェイシャル

光治療の1つであるフォトフェイシャルは、シミやくすみといったさまざまな肌トラブルを1度で改善する治療法です。顔全体に光を当てることによってくすみや赤み、小じわや毛穴のトラブルも改善し、美しい肌へと導いてくれます。

ソフトな光を用いているため、少しずつにメラニンを除去。治療を複数回受け続けると、徐々にシミが薄くなっていくのがわかるはずです。

フォトRF

IPL(光)とRF(高周波エネルギー)を組み合わせて肌トラブルを改善するフォトRF。光治療の中でも一般的な治療法です。

RFはラジオ波とも呼ばれて、電気によって細胞を刺激し、肌の深いところを活性化させる働きを持ちます。IPLとの2つが組み合わさることでシミ治療に対してより高い効果が期待できるので、炎症性色素沈着やシワ、くすみといったアンチエイジング効果にも期待できる光治療です。

フォトブライト

光治療の中でも薄いシミを除去するのに適しているフォトブライト。開発に日本人の医師が携わり、繊細な日本人の肌にも適合させた機器を使用する治療法です。

フォトフェイシャルやフォトRFとは異なる深さの薄いシミ・そばかすを除去するほか、ニキビや毛穴の開きの改善にも効果が期待できます。治療時の痛みが最小ですむため、痛みに耐性がない人でも無理なく治療を受けられるでしょう。

炎症性色素沈着の光治療について解説!

友利先生が教える
シミの治療法

ニキビ跡やアトピー性皮膚炎の傷跡(色素沈着)は、肌への強い刺激が原因で生まれたシミです。治療でも刺激が少ないものが良いでしょう。光(IPL)治療はレーザーよりも刺激がマイルドなので、治療回数は増えますがその分1回ごとにかかる肌への負担を抑えられます。複数の波長を持つ光(IPL)治療はメラニンへダメージを与えるだけでなく、コラーゲンの生成を促すことも可能です。

炎症性色素沈着の光(IPL)治療についてもっと詳しく>>

ケミカルピーリング

肌のターンオーバー周期を正常に戻して、シミのある肌を改善へと導くケミカルピーリング。グリコール酸やサリチル酸といったピーリング剤を用いて、毛穴の汚れやざらつき、角質を除去して、肌の新陳代謝を高めていきます。

古い角質と一緒にメラニン色素も除去する働きがあり、シミを薄くしてくれる手助けにも。塗布した部分の肌全体がパッと明るくなり、若々しい印象を手に入れられます。レーザー治療や光治療では効果が感じられなかった人は試してみると良いでしょう。

炎症性色素沈着のケミカルピーリングについて解説!

友利先生が教える
シミの治療法

ケミカルピーリングはニキビ治療にも用いられる治療法。そのため跡になってしまった部分だけでなく、ニキビ自体にも働きかける治療です。サリチル酸やグリコール酸にはターンオーバーを促す力があり、炎症性色素沈着を薄くするだけでなく、くすみを取る効果も期待できます。新たな色素沈着をつくらせない予防にもなる治療です。

炎症性色素沈着へのケミカルピーリングの効果についてもっと詳しく>>

イオン導入

炎症性色素沈着とニキビ跡を改善すると同時に、肌全体を若返らせ美しく導いてくれるイオン導入。肌に直接塗るだけでは内部まで浸透しないビタミンでも、イオンの力を借りることで肌の奥へとグングン浸透。

導入するビタミンによってシミやクマ、ニキビ跡といった症状改善にも期待が持てます。「肌トラブルを1度に解決したい」、「肌トラブルを複数抱えている」という人に適した治療法です。

炎症性色素沈着のイオン導入について解説!

友利先生が教える
シミの治療法

必要な成分を届けたい場所まで効率的に届けられる治療法です。美容成分の代表格・ビタミンは基礎化粧品や毎日の食事、サプリメントで摂取できますが、それらの方法では皮膚の奥深くまでなかなか届きません。イオン導入は微弱な電流を流すことで一時的に成分が浸透しやすい状態に。ケミカルピーリングと組み合わせると、より浸透率を高めることができます。

炎症性色素沈着へのイオン導入の効果についてもっと詳しく>>

美容点滴

顔を含めた、体全体の肌を綺麗へと導いてくれる治療法が美容点滴です。点滴を使って肌に良いとされる成分を注入し、体中のシミとそばかすを薄くしていきます。

高濃度ビタミンCやグルタチオンなどといった美肌成分を体中に行き渡らせ、体の内側から肌トラブルを改善。「肌トラブルを早く改善したい」、「レーザー治療や光治療は少し不安」という人は、美容点滴からシミ治療を初めてみても良いかもしれません。

点滴に使用される成分

高濃度ビタミンC

通常のビタミンよりも何倍も濃度の高いビタミンCのことをいいます。点滴で直接注入することで、食事でビタミンを摂取するよりも高い抗酸化作用を発揮。すでにできてしまったシミはもちろん、日焼け後のダメージを抑える効果も期待できます。

グルタチオン

もともと人間の体に存在するグルタチオン。炎症性色素沈着が発生する元となるメラニンの合成を抑える効果が期待できます。

炎症性色素沈着の美容点滴について解説!

友利先生が教える
シミの治療法

全身に必要な美容成分を行き渡らせる方法としておすすめなのが、不足しがちな美容成分を短期間でチャージできる美容点滴。血管へ必要な成分を注射し、血液を通して全身にビタミンCやグルタチオンなどを全身に届けられます。口から摂取するよりも吸収率が高いので、効果が出るまでが早いのも美容点滴の特徴です。

炎症性色素沈着への美容点滴の効果についてもっと詳しく>>

内服・外用薬

炎症性色素沈着の断薬剤を用いた治療では、体の内側からケアする内服薬と、皮膚に直接塗布する外用薬があります。内服薬と外用薬のどちらもメラニンを抑制し、シミを薄くするメカニズムです。

薬剤の中には薬局やドラッグストアで市販されているものもありますが、クリニックで処方されるものと比べて含まれる有効成分の量が異なってきます。より効果的な治療をしたいなら、専門のクリニックで自分の肌に合った薬を処方してもらったほうが良いでしょう。

レーザー治療や光治療に比べると気軽に試せる治療法です。レーザー治療や光治療と併用する方法もあります。

処方される薬

ハイドロキノン

「肌の漂白剤」とも呼ばれているハイドロキノンは、炎症性色素沈着の治療に最適な外用薬です。シミの原因となるメラニンを合成する「チロシナーゼ」という酵素を抑制。シミを解消・予防してくれます。

トラネキサム酸

メラニンの働きを抑えて、シミが発生しにくい肌の状態を保つトラネキサム酸。内服薬と外用薬の2つがあります。美白有効成分の1つで、多くの美白化粧品に配合されている成分です。

炎症性色素沈着のレーザー治療について解説!

友利先生が教える
シミの治療法

シミの原因となるメラニンを排出する力を高めるなら、処方薬だけで治療するだけでなく、他の治療と組み合わせるのもおすすめです。

また美容皮膚科では1人ひとりの状態を見て「炎症性色素沈着以外に肝斑も混ざっていないか?」とシミの種類を判断していますが、場合によってはシミが余計に濃くなってしまう場合も。その場合、ターンオーバーが正常になっている状態なので、内服薬や外用薬で改善できる可能性が高いです。

炎症性色素沈着の処方薬についてもっと詳しく>>

サイト監修表参道スキンクリニック
友利 新医師

クリニック勤務と非常勤講師も務める女性医師

沖縄県宮古島出身の友利医師は、東京女子医科大学卒業後、東京女子医科大学病院の内科に勤務を経て皮膚科へ転科。現在は東京都内にある2つのクリニックに勤務の傍ら、琉球大学医学部の非常勤講師に就任しています。医師という立場から美容と健康を医療として追究しており、雑誌やテレビなどで美しく生きるための啓蒙活動を展開中です。

表参道スキンクリニックの公式HPはこちら