友利新先生が教えるシミ対策ガイド

友利新先生が教えるシミ対策ガイド

友利新先生が教えるシミ対策ガイド
MENU
顔のシミを改善・予防するための正しい対処法 » 炎症性色素沈着の正しい対策・治療法ガイド » 炎症性色素沈着の治療法 » レーザー治療(炎症性色素沈着)

レーザー治療(炎症性色素沈着)

炎症性色素沈着の治療にはいくつかの方法があります。ここではレーザー治療での施術や治療の流れなどを紹介しています。

炎症性色素沈着のレーザー治療とは

炎症性色素沈着はニキビや肌荒れが原因で色素沈着が起こってしまった状態です。レーザーで色素沈着の部分にあるメラニンを破壊・除去することで、肌に残ったシミを治療します。

現在は炎症性色素沈着を起こしている部分に刺激を与えず治療できるレーザー機器も増えているので、自分の肌質や色素沈着の濃さを確認したうえで最適なレーザー治療を受けましょう。

レーザーを使った炎症性色素沈着の施術

レーザーを使った炎症性色素沈着の治療方法は「Qスイッチレーザー」「レーザートーニング」の2種類があります。それぞれの施術方法について見ていきましょう。

Qスイッチレーザー

短時間でレーザーを照射できるレーザー機器を使った治療です。高エネルギーのレーザー照射を行なうため、シミやアザの原因となるメラニンだけをピンポイントで除去できます。周囲の肌を痛めず、安全に施術できるのが魅力といえるでしょう。局所的なシミに最も効果を発揮します。

炎症性色素沈着に効果があるQスイッチレーザーもあるため、濃い炎症性色素沈着を治療したいならQスイッチレーザーでの治療がおすすめ。ただし、治りかけの炎症に照射すると症状が悪化することも。ニキビや肌荒れなどが治まってすぐの方は、なるべくQスイッチレーザーの照射を避けましょう。

レーザートーニング

レーザートーニングはレーザーの出力を弱くして何回も照射することで、肌に刺激を与えずにメラニン色素を除去する施術です。顔の色素沈着だけでなく、首やデコルテ、ひじなどの部位など広範囲の症状を改善することも可能です。ダウンタイムが無いため、施術を受けた後はメイクして帰宅することができます。

レーザートーニングは定期的に受けることで肌のコラーゲンを増加させてくれるため、美容にも効果的です。ただし、低出力のレーザー治療なので症状を改善させるには繰り返し通う必要があります。色素沈着を早めに治療したいという方は、Qスイッチレーザーでの治療がおすすめです。

レーザー治療を受ける際の流れ

炎症性色素沈着のレーザー治療は、以下の流れで行われます。

1.カウンセリング

カウンセリングでシミの状態や治療後のイメージなどを相談します。

診察を受けてレーザー治療が適していると診断された場合のみ、施術を受けることが可能です。

2.レーザー照射

色素沈着が起こっている部分にレーザーを照射して治療します。長くレーザーを当てずに施術するため、ほとんど痛みを伴いません。痛みに弱い方は事前に麻酔の処方を相談しておくといいでしょう。

3.帰宅

治療を終えて少し休んだら帰宅します。レーザートーニングはダウンタイムが無いのですぐに帰宅できますが、Qスイッチレーザーの場合は一定期間安静にする必要があります。皮膚が敏感になっている状態なので、テープを貼って刺激しないようにしてください。

レーザー治療の注意点・リスク

レーザー治療を行なった後は皮膚が敏感になっているので、なるべく紫外線に当たらないよう注意が必要です。レーザー治療で色素沈着を治しても紫外線の刺激で炎症が起こり、新しい色素沈着ができてしまう可能性があります。

炎症性色素沈着は外部からの刺激が原因でメラニン色素が増えている状態なので、肌荒れが治まってからすぐにレーザー治療を受けると炎症を再発させてしまう可能性があります。再発をなるべく防ぐためにも、肌荒れが治まった直後のレーザー治療は避けてください。

また、老人性色素斑のレーザー治療を受けた後、一時的な炎症性色素沈着が起こる可能性があります。時間の経過で自然に治りますが、人によっては半年近くかかることもあるため、確実に治すならクリニックで受診しましょう。