友利新先生が教えるシミ対策ガイド

友利新先生が教えるシミ対策ガイド

友利新先生が教えるシミ対策ガイド
MENU
顔のシミを改善・予防するための正しい対処法 » 老人性色素斑(シミ) の正しい対策・治療法ガイド

老人性色素斑(シミ) の正しい対策ガイド

シミの種類の1つである老人性色素斑。紫外線によって、発生する一般的なシミです。

ここでは、老人性色素斑の原因や治療法などを紹介しているので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

顔に発生する老人性色素斑ろうじんせいしきそはんの特徴

老人性色素斑

いくつか種類はありますが、一般的にシミと呼ばれているものがこの「老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)」。日光性黒子(にっこうせいこくし)とも呼ばれており、紫外線が主な原因です。

始めは薄い茶色をしていますが、時間が経つにつれて濃くなり、はっきりシミだと認識できるようになります。形状がしっかりしており、大きいものから小さいものまでさまざまです。

肌は紫外線を浴びると、シミの原因となるメラニンを作る色素形成細胞が活性化します。本来このメラニンは有害な紫外線から肌を守る働きを持っていますが、ターンオーバーが正常に行われず、過剰にメラニンが溜まってしまうと、色素沈着となりシミを作り出してしまうのです。

あらゆる場所にできる

よく紫外線が当たる顔や手の甲、腕などにできやすい老人性色素斑。顔だと側面に発生しやすく、肝斑のように左右対称にできるものではありません。

発生する場所は特定されておらず、基本的に紫外線を長期に渡って浴びた場所ならどこでも発生します。

シミが出てから何年も経つと、次第に老人性イボである脂漏性角化症になる可能性もあります。もし老人性色素斑と肝斑をはじめとしたシミと混合している場合は、治療の順番や治療法が異なるので注意が必要です。

輪郭のはっきりした濃い褐色のシミ

シミの境界線がはっきりわかる老人性色素斑。最終的に濃い褐色になります。

円形状をしていることが多く、表面がざらざらしているものも存在します。始めは平らでも、時間が経つと隆起するなど、表面の肌質が変化していくものがあります。

主に30歳頃から目立つように

30歳頃から発症する方が多い老人性色素斑。早い人だと20代から発症する方もいますが、基本的に歳を重ねると発生・増加することが多いのが特徴です。

特に野外で仕事をする方や、色の白い方は発症しやすい傾向にあります。60歳頃になると、必ずといっていいほど発症する確率が高いので、シミの治療を受けにいく方が多いようです。

紫外線対策をすることで予防できる

紫外線や加齢が原因の1つである老人性色素斑は、紫外線対策をすることによって予防することができます。

例えば、そばかすは遺伝的要素が強く、肝斑は女性ホルモンが大きく関わっているので、予防するのが難しいシミ。それに対し、老人性色素斑は帽子をかぶる、日焼け止めを塗るなどの紫外線対策をしておくことで、発生するのを防ぐことが可能なのです。

老人性色素斑ができる原因とメカニズム

紫外線とターンオーバーが原因

過去に浴びた紫外線が肌内部に溜まり、メラニンが発生することによって老人性色素斑となります。

慢性的に紫外線を浴び続ける、歳を重ねるごとにターンオーバーが正常に行われないといったことで、肌に著しくメラニンが溜まってしまうのです。

シミが発生するメカニズム

肌は大きく分けて表皮・真皮・皮下組織の3つの層からなっています。その中でも、シミが作られるのは肌の最も表面にある表皮です。

表皮の中には表皮細胞(ケラチノサイト)と色素細胞(メラノサイト)が存在。メラノサイトに紫外線が溜まると、メラニン色素を生成し、紫外線から肌を守る役割を担っています。

その後、28日サイクルで行われる肌のターンオーバーが正常だと問題ないのですが、メラニンが大量に発生し過ぎてしまうと要注意。特にストレス、肌への過剰な刺激などあらゆる原因によってターンオーバーのサイクルが乱れてしまうと、メラニンが停滞。結果、なかなか消えることのないシミが発生するのです。

老人性色素斑の治療方法

レーザー治療 光治療 ケミカルピーリング 美容点滴・注射 内服・外用薬
痛み ゴムで強く弾かれたような痛み 肌をゴムで弾かれるような軽い刺激 ピリッとした軽い痛み チクッとした痛み なし
施術時間 20~30分 30~40分 30~40分 数分 ?
治療回数 1回 数回 数回 週に1~3回(初めの1~2ヶ月) 早くて2ヶ月
シミの消え方 徐々に消える 徐々に消える 徐々に消える 徐々に消える 徐々に薄くなる

レーザー治療

レーザー治療は、シミの原因となるメラニン色素を壊してシミを除去する方法です。除去したい部分のみにレーザーを照射するため、周辺組織に傷跡を残すことなく治療できます。

照射後はカサブタになり、少ない炎症でシミを除去できるのが特徴です。

代表的な施術

Qスイッチレーザー

シミやホクロをピンポイントで除去できるQスイッチレーザー。メラニン色素だけに反応するレーザーなので、ほかの皮膚を傷つけず安全に治療できます。

安全なうえにパワーが強いため1回の治療でシミやホクロを消すことが可能。今まで治療を受けたけどなかなか効果が実感できなかった方でも、確実に消せるQスイッチレーザーなら、1回で綺麗に除去できるでしょう。

光治療

レーザーではなく光でシミを除去する光治療。ピンポイントに照射するのではなく、顔全体に照射し肌のターンオーバーを整えます。弱まっている肌の再生能力を高めることによって、シミのない肌へと導いてくれます。

そのほか、レーザーよりも刺激が少なく、肌への負担も最小限に抑えられるのもポイントです。

代表的な施術

フォトブライト

シミやソバカスの原因であるメラニン色素を除去する働きを持つフォトブライト治療。広範囲に渡ってシミやくすみを改善できるため、シミが1つではなく複数存在する方におすすめです。

光によって肌の深層を温めて、コラーゲンを生成させ、肌の生まれ変わりを促進。シミを消すほかハリとツヤのある綺麗な肌へと導いてくれます。

フォトフェイシャル

シミをはじめ、そばかすや小じわ、くすみなどあらゆる肌トラブルに対応しているフォトフェイシャル。単一の波長による光でできているレーザーとは異なり、複数の光が集まってできているので、肌への刺激が最小限に抑えられます。

シミの元となるメラニンを除去するほか、コラーゲンを作り出す働きを持っているのが特徴です。

ケミカルピーリング

肌のターンオーバーが乱れると、肌の表面に角質や汚れ、ざらつきが残ります。それがシミ・ニキビの原因に。ケミカルピーリングは乳酸・サリチル酸・グリコール酸といった酸を皮膚表面に添付。角質を除去し、滞っていた肌の新陳代謝を高めてくれます。

古い角質が除去されると、肌本来の美しさがよみがえり、美しい肌に生まれ変わるでしょう。シミだけでなく、小じわ・ニキビ跡や毛穴・角質などに悩んでいる方にも最適です。

内服・外用薬

内服・外用薬は、市販のものもありますが、クリニックでしか手に入らないものも存在。レーザー治療や光治療と併用することで、治療の効果をより高めることが期待できます。

副作用がないものが多く、自宅で手軽に服用できるのがポイントです。

代表的な薬

ハイドロキノン

「肌の漂白剤」とも呼ばれているハイドロキノン。シミやソバカスなどの治療に使われている外用薬です。

強力な作用によって、メラニン色素が発生するのを防止し、シミを除去・予防してくれます。

トラネキサム酸

トラネキサム酸は「抗プラスミン剤」とも呼ばれ、色素沈着を防ぐ働きを持っています。長期に渡って少量を服用することで、シミを改善する効果が期待できます。

シミの原因となるメラニンの発生を抑制して、シミを薄くしてくれる内服薬です。1~2ヶ月ほどでシミが薄くなり始め、それから徐々になくなっていきます。

友利先生が解説!老人性色素斑の治療法についてもっと詳しく>>

老人性色素斑の対処法・予防

老人性色素斑は、紫外線や生活習慣など、あらゆる原因が絡み合って発生します。

では発生してしまったシミはどうやって対処したら良いのでしょうか。また、シミを発生させないための予防法はあるのかについて調べました。

老人性色素斑の対処法

ターンオーバーを促進する食べ物を

既にできてしまったシミを除去するには、肌のターンオーバーを促進するビタミンCやL-システインを摂取すると良いと言われています。

そのほか、紫外線を浴びた肌に発生する、肌トラブルの原因の1つ「活性酸素」を抑制するポリフェノールやリコピンも良いでしょう。

緑茶やトマトといった日常的に摂取できるものから食事に取り入れてみるのも有効です。

クリニックで除去する

あらゆる対処法が存在しますが、時間がかかるうえに確実に除去できないケースもあります。そんなときは、クリニックの治療を行ってみるのも1つの手。確実にシミを消し去ってくれるほか、すぐに除去できるので時間もかかりません。

対処してもなかなか消えない場合は、そのままにしておくと化粧でも隠せないほど濃くなってしまうことも。クリニックに相談すれば、一人ひとりに合った対処法を教えてくれるはずですよ。

老人性色素斑のセルフケアについてもっと詳しく>>

老人性色素斑を作らないために

紫外線対策

紫外線が原因の1つである老人性色素斑は、紫外線対策が重要です。

日差しの強い夏はもちろん、紫外線が弱いようにみえる秋や冬にも紫外線は発生しています。日焼け止めや日傘、帽子を常備し、できるだけ紫外線に当たらないようにするのがベストです。

生活習慣を見直す

老人性色素斑を発生させる原因の1つに生活習慣があります。完全に予防するのは難しいですが、規則正しい生活習慣を身に付けることによってシミが発生しにくくなります。

ターンオーバーを促進する食べ物

ターンオーバーを促進する食べ物を摂取するのは、シミができてしまったときとシミの予防の両方に効果をもたらします。

ビタミンC誘導体やビタミンAは肌の代謝を上げる働きが期待でき、サプリメントで手軽に摂取することが可能です。比較的簡単に始められる予防法なので、気軽に試してみると良いでしょう。

老人性色素斑の予防法についてもっと詳しく>>

サイト監修表参道スキンクリニック
友利 新医師

クリニック勤務と非常勤講師も務める女性医師

沖縄県宮古島出身の友利医師は、東京女子医科大学卒業後、東京女子医科大学病院の内科に勤務を経て皮膚科へ転科。現在は東京都内にある2つのクリニックに勤務の傍ら、琉球大学医学部の非常勤講師に就任しています。医師という立場から美容と健康を医療として追究しており、雑誌やテレビなどで美しく生きるための啓蒙活動を展開中です。

表参道スキンクリニックの公式HPはこちら