友利新先生が教えるシミ対策ガイド

友利新先生が教えるシミ対策ガイド

友利新先生が教えるシミ対策ガイド
MENU
顔のシミを改善・予防するための正しい対処法 » 老人性色素斑(シミ) の正しい対策・治療法ガイド » 老人性色素斑の予防方法

老人性色素斑の予防方法

紫外線が影響して30~40代以降に発症しやすいシミ「老人性色素斑」の原因や予防法についてまとめています。

老人性色素斑の原因

老人性色素斑の大きな原因は「紫外線」です。紫外線のダメージを受けると、肌を守るためにメラニン細胞が活性化。シミのもとである黒色メラニンが生成されるのです。黒色メラニンは肌のターンオーバーで角質と一緒に外へ排出されます。しかし紫外線をたくさん浴びてしまったり、加齢によって代謝機能が落ちてしまったりするとメラニンの生成が過剰に。するとターンオーバーでメラニンが排出できずに肌に残ることがあります。それが老人性色素斑です。

老人性色素斑は40代を超えるとあらわれやすくなりますが、早い人だと20代・30代であらわれることもあります。見た目は茶褐色・茶色とはっきりしているのが特徴。顔・腕・デコルテ・手の甲など紫外線を浴びやすい部位にできます。

老人性色素斑の予防で大切なのは紫外線対策!

紫外線をどれだけ避けられるかが、一番効果の高い老人性色素斑の予防法です。ここでは紫外線対策のポイントをいくつか紹介していきます。

日焼け止めは1年中使うこと

「夏しか日焼け止めを使わない」という人がほとんどだと思います。紫外線が出ているのは夏だけではありません。春・秋・冬もしっかり日焼け止めを塗ることが重要です。

雨の日でも室内でも紫外線に当たっている

「雨だから大丈夫」「室内だから日焼け止めは必要ない」という考えは間違い。晴れの日以外も紫外線は出ていますし、室内にも紫外線は入り込んできます。季節・天気・場所に関わらず紫外線から肌を守ることが大切です。

日焼け止めは「SPF」「PA」の数値が高いほど紫外線をカットしてくれる

肌が赤くなる状態から守ってくれるのが「SPF」。肌が黒くなったり、肌の老化を守ったりしてくれるのが「PA」です。これらの数値が高いほど、紫外線から肌を守ってくれるという目安になります。

用途によって使い分ける

SPFやPAの数値が高いほど紫外線から肌を守ってくれますが、一方で肌に負担がかかってしまいます。そのため、日焼け止めは場所や用途によって使い分けてください。

SPF PA
日常生活 5~10 +~+++
ドライブ・買い物 10~30 ++~++++
海・山・屋外スポーツ 30~40以上 +++~+++++

一日に何度も塗ること

日焼け止めは、汗や衣類に擦れて落ちてしまいます。しかし紫外線をカットするためには、日焼け止めを何度も塗ることが大切です。1~2時間に1回ほど塗れば効果が持続します。

日傘や帽子も活用する

日焼け止めを塗るだけでなく、日傘・帽子・手袋などを着用するとより紫外線をカットすることができます。UVカット対応しているものを使用するようにしましょう。

老人性色素斑の日焼け止め以外の予防法

サプリメント・市販薬を摂取する

シミのもとであるメラニンの生成を抑えるビタミンCやL-システインが配合されたサプリメント・市販薬を摂取することで、体の内側から予防することができます。

スキンケアをしっかり行う

外出時は紫外線対策をしますが、家に戻ったらスキンケアをしっかり行ってください。化粧品を購入する際は「美白」「医薬部外品」のものを選ぶようにしてください。

この記事の参考サイト・文献