友利新先生が教えるシミ対策ガイド

友利新先生が教えるシミ対策ガイド

友利新先生が教えるシミ対策ガイド
MENU
顔のシミを改善・予防するための正しい対処法 » 老人性色素斑(シミ) の正しい対策・治療法ガイド » 老人性色素斑のセルフケア方法

老人性色素斑のセルフケア方法

紫外線があたるところに発症する色の濃いシミを老人性色素斑と言います。早い人で30代、一般的に40代を過ぎてから発症し、顔・手・腕などに表れるのが特徴です。そんな老人性色素斑のセルフケア対策を化粧品・市販薬・サプリメントの順にご紹介しています。「シミを薄くしたい」「シミ予防対策を考えている」という人はぜひチェックしてください。

化粧品・スキンケア

「美白」「医薬部外品」と表記されている化粧品を使用することが、老人性色素斑のケアにおすすめです。「美白」という表記は、国によって効果を認められた美白成分が配合された医薬部外品のみに記載。美白有効成分には、ビタミンC誘導体・トラネキサム酸・エナジーシグナルAMP・アルプチンなどがあります。その中でも「ビタミンC誘導体」という成分が老人性色素斑ケアにおすすめ。ビタミンC誘導体は、予防と薄くする効果を両方にアプローチしてくれます。

老人性色素斑を薄くしたいならこの成分!

ビタミンC誘導体/エナジーシグナルAMP

老人性色素斑を予防したいならこの成分!

ビタミンC誘導体/アルブチン/エナジーシグナルAMP/トラネキサム酸

スキンケアで注意すること

大切なのはシミに効果のある化粧水を使い続けることが大切。よくあるのが、「コストが高い化粧水を購入したために続けられない」ということ。自分のお財布と相談して、毎回使い続けられるものを選ぶようにしましょう。

化粧水は、肌に負担を与えないよう優しく付けるのがポイントです。肌をごしごしと刺激するような塗り方はやめましょう。

市販薬

シミ用の市販薬は、薬局やドラッグストアに数多く売られています。国から認められた医薬品なので、セルフケアの中でも高い効果を得やすいのがポイントです。市販薬は身体の内側からアプローチする「飲み薬」と、クリームや液体などの「塗り薬」の2パターン。市販薬を購入する際は、どんな成分が含まれているか、飲みやすさ、使いやすさ、コスパを意識することが重要です。

そばかすが濃くなるのを防ぐならこの成分!

アスコルビン酸(ビタミンC)/イドロキノン/L−システイン/トラネキサム酸/プラセンタ

ターンオーバーを促すならこの成分!

ビタミンE/ビタミンB2/ビタミンB5/ビタミンB6/リボフラビン

処方薬との違い

薬局やドラッグストアで購入できる市販薬と、皮膚科の処方薬との違いが気になる人は多いでしょう。実際、市販薬も処方薬も配合されている美白成分はほとんど変わりません。しかし処方薬よりも市販薬のほうが、安全性を配慮するために成分配合量が抑えられていることが多いようです。

サプリメント

「手軽に老人性色素斑を薄くしたい」「予防したい」という人には、サプリメントがおすすめ。サプリメントも化粧水や市販薬と同じように、美白に有効な成分が配合されていて、続けられるものを選ぶようにしましょう。サプリメントを飲み始めて効果が出るまで3ヶ月ほどかかると言われています。1度だけ購入して終わりではなく、再度購入して飲み続けなければいけません。成分の質はもちろん、コストにも目を向けておいてください。

美白効果が期待できるのはこの成分!

L-システイン/ビタミンC/エラグ酸/プラセンタ

主にこの4つの成分が老人性色素斑を薄くする効果が期待できます。他にも抗酸化力が高い「ビタミンE」、美白成分ビタミンCの働きを助ける「ビタミンB群」などが含まれているかも、チェックしておきましょう。

海外製よりも日本製がおすすめ

アメリカは、日本よりもサプリメントを摂取している人がたくさん存在しています。その分、サプリメントの検査基準も日本より厳しく、効果も高いのが特徴。しかし成分の配合量が多すぎて、日本人の体に合わないことがあるそうです。安心して続けるためにも、日本製のサプリをおすすめします。

セルフケアだけで本当に老人性色素斑は消えるのか?

薄くて小さい老人性色素斑であればセルフケアだけで消すことは可能ですが、大きく濃い色だと難しいかもしれません。化粧品やサプリメントに含まれている有効成分は、すでに肌に表れたシミを「薄くする」というのが精一杯だと言えます。

市販薬は改善効果が期待できますが、飲み続けて数ヶ月~数年は必要です。老人性色素斑を消すためには、「薬代」と「時間」というコストを長期間かけなければいけないのです。

老人性色素斑を確実に消したいなら美容皮膚科の検討を

しっかりとセルフケアを行なえば、老人性色素斑の原因メラニンを抑え、薄くすることはできるでしょう。

ただし「色素が濃い」「サイズが大きい」などの老人性色素斑は、セルフケアだけでは薄くするのも大変。化粧品やサプリメントなどに含まれる成分量だけでは効果がなく、市販薬を使用し続けたとしても相当な時間がかかるでしょう。そんな人は、美容皮膚科でシミ治療を受けるのがもっとも効率的に確実です。

美表皮膚科はレーザーや光治療でメラニンを破壊。メラニンを壊すことで、老人性色素斑の原因を根本的に解決してくれます。また医師に相談することで、自分の肌にもっとも適切な治療を提案してくれるので、セルフケアよりも高い効果を得られるのです。

地道にセルフケアを続けるのは大切ですが、美肌を手に入れたいのであれば、美容皮膚科での治療をおすすめします。