友利新先生が教えるシミ対策ガイド

友利新先生が教えるシミ対策ガイド

友利新先生が教えるシミ対策ガイド
MENU
顔のシミを改善・予防するための正しい対処法 » 老人性色素斑(シミ) の正しい対策・治療法ガイド » 老人性色素斑のセルフケア方法 » 化粧品・スキンケア(老人性色素斑)

化粧品・スキンケア(老人性色素斑)

顔にできた老人性色素斑を薄くするためにさまざまな治療法があります。ここでは、最も手軽に始めやすい化粧品を使ったセルフケアをご紹介。老人性色素斑でお悩みの方は、ここで紹介するセルフケアを抑えておいてください。

老人性色素斑を改善する化粧品・スキンケアとは

老人性色素斑は、そのままにしていても悪化していくだけです。どんどん肌にシミが増えていき、見た目の印象が悪くなります。しかし、化粧品・スキンケアで老人性色素斑を薄くしたり、予防したりすることが可能です。美白成分が配合された化粧品を使用し、肌を若返らせるスキンケアを行いましょう。

老人性色素斑にはどんな化粧品がおすすめ?

化粧水や乳液を適当に選ぶのではなく、老人性色素斑にアプローチしてくれる有効成分が入った化粧品を選ぶようにしましょう。どんな化粧品がおすすめなのかを紹介していきます。

美白成分が配合された化粧品を選ぶ

老人性色素斑は、「紫外線の浴びすぎ」「加齢によるターンオーバーの衰え」が主な原因。老人性色素斑を薄くするためには、美白成分が配合された化粧品を選ぶのがベストです。美白成分は、シミを作り出すメラニン細胞の働きを抑えるほか、肌を新しく生まれ変わらせるターンオーバーをサポートしてくれます。

老人性色素斑に効果のある美白有効成分まとめ

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体は、人間の肌にビタミンCを吸収しやすい状態にした成分です。老人性色素斑の原因である「メラニン」の生成を抑える働きがあり、シミを予防・薄くする効果が期待できます。抗酸化作用も高く、肌の老化防止やニキビ改善にも有効です。

トラネキサム酸

人工的に作られたアミノ酸の一種。医療の現場では、アレルギー治療や止血をするために使われています。メラニンを作り出す細胞「メラノサイト」の働きをブロックする効果が期待できる成分です。

アルプチン

サンタベリー・コケモモなどの植物に含まれている成分で、老人性色素斑の原因メラニンの生成を抑える働きがあります。

プラセンタエキス

馬や豚などの胎盤から抽出された成分「プラセンタエキス」。メラニンの生成を抑えるほか、肌を新しく生まれ変わらせるターンオーバーの働きを高めてくれます。つまり、古い角質についたメラニンを排出することができるのです。

老人性色素斑を作らない!スキンケア用品

老人性色素斑を作らせないために、最も大切なのは「紫外線対策」です。ここでは老人性色素斑の予防・薄くするためのスキンケア用品について紹介しています。

日焼け止めクリーム

紫外線対策で一番効果的なのが日焼け止めクリームを塗ること。日焼け止めクリームは、PA値やSPF値が高いものを選ぶようにしましょう。SPF値は日焼け・赤み抑制に、PA値は肌が黒くなるのを抑えるのに有効です。日焼け止めクリームを塗る時は、1回だけでなく何度も塗ることが重要。塗り重ねてもいいように、肌に馴染みやすいものを選ぶようにしましょう。

フェイスマスク

仕事やショッピングなどが終わり家に帰ったら、フェイスマスクを使いましょう。フェイスマスクは肌を密閉して美白成分を肌の奥に浸透させる効果があります。購入する際は、美白成分がたっぷり含まれているものを選びましょう。

老人性色素斑を改善するスキンケアのコツ

スキンケアで老人性色素斑を改善するためのコツを紹介していきます。

1.しっかり継続すること

美白成分がたっぷり含まれている化粧品でも数日では効果はでません。最低でも3ヶ月を目安に使い続けるようにしましょう。また1日もサボらないようにしてください。スキンケアで老人性色素斑を改善するためには、毎日続けることが重要です。

2.コスパを考える

あまりにも高額なスキンケア商品だと、続けるのが大変です。お財布に余裕があればいいのですが、無理のない価格のスキンケア商品を選ぶようにしましょう。

この記事の参考サイト・文献