友利新先生が教えるシミ対策ガイド

友利新先生が教えるシミ対策ガイド

友利新先生が教えるシミ対策ガイド
MENU
顔のシミを改善・予防するための正しい対処法 » 老人性色素斑(シミ) の正しい対策・治療法ガイド » 老人性色素斑の治療法 » 内服・外用薬(老人性色素斑)

内服・外用薬(老人性色素斑)

このページでは、老人性色素斑をハイドロキノンで改善するために知っておきたいポイントを解説しています。

老人性色素斑にハイドロキノンは効果的?

ハイドロキノンは外用薬です。ごく薄い状態なら、肌に塗り込むことで老人性色素斑を改善することができますよ。

ハイドロキノンには、メラニンを生成するチロシナーゼ酵素の活性を抑える働きがあります。色素細胞であるメラノサイトを減少させ、還元作用によって過剰に増えてしまったメラニン色素も薄くすることもできるほど、強い作用を持った成分です。

ハイドロキノンってどんな治療?

ハイドロキノンは、1940年代からアメリカで使われはじめてから高い美容効果を持つ成分として化粧品にも配合されている成分です。

しかし、ハイドロキノンは保存管理が難しいため、日本では2001年になるまで医師の処方箋がなければ扱えませんでした。今では化粧品にも使えるようになり、日本で購入できる化粧品にハイドロキノンを配合したものが販売されています。

シミの予防ができる

紫外線や摩擦などの刺激を受けて活性化したチロシナーゼ酵素によって、黒色メラニンが生成されます。黒色メラニンを生成するチロシナーゼ酵素の働きを抑えることで、シミになりにくい肌をつくることができます。

色素細胞の数を減らす

ハイドロキノンは、メラニンを生み出すメラノサイト(色素細胞)の数を減らすことができます。チロシナーゼ酵素が活発してもメラノサイトが少なければ生成されるメラニンの数は少なくなり、シミができにくくなるという仕組みです。

表皮のシミを改善する

酸化を抑える還元作用によって、表皮に着色したメラニンを薄くする作用があります。真皮に働きかけることはできませんが、表皮にできたごく薄いシミなら消せる可能性があります。

クリニックでのハイドロキノン処方の流れ

美容クリニックでハイドロキノンを処方してもらう流れは以下の通りです。

1.カウンセリング

医師にシミ(老人性色素斑)を見てもらい、ハイドロキノンで改善できるかどうかを判断してもらいます。シミの色が薄く、表皮にだけ着色している場合は、ハイドロキノンだけで改善できる可能性も。

2.処方箋をもらう

処方箋をもらい、ハイドロキノンによる治療がスタート。シミがやや濃い場合には、メラニンを除去する作用を持つトレチノインと併用することを勧められることもあります。ハイドロキノンは医師・薬剤師から支持された用法・用量を守って使用しましょう。

ハイドロキノンを扱ううえで気を付けることは?

ハイドロキノンは表皮に働きかける

ハイドロキノンは、表皮にできたシミにだけ反応します。肌の奥、真皮に及んだ色素沈着には効果がありません。つまり老人性色素斑、いわゆるシミを薄くすることはできても、消すことはできないということ。また、ハイドロキノンを外用しているときは効き目がありますが、塗るのを止めてしまうとシミが戻ってしまうため、ハイドロキノンでシミ対策をする場合は継続的に使わなければいけません。

使い方を誤ると却ってシミが目立ってしまう

ハイドロキノンは今あるシミを改善させるだけでなく、今からできるシミを予防することもできる外用薬です。薬を過剰に塗りすぎると、シミの周りの皮膚に効果が現れ、相対的にシミが目立ってしまう可能性もあります。ハイドロキノンは個人でも購入できますが、くれぐれも用法・用量を守って使用することが大切です。

ハイドロキノン単体では効果が薄いことも

ハイドロキノンにはメラニンの合成を抑える作用がありますが、メラニンを除去できるわけではありません。着色が真皮にまで達していた場合、ハイドロキノンを使うだけでは改善しないのです。そのため、たいていはメラニンを除去する作用を持つトレチノインと併用されます。ハイドロキノンもトレチノインもとても強い作用がある成分なので、医師の指導のもとで使ったほうがより安全にシミを改善できるでしょう。